お問い合わせはコチラから

3ステップでUSBメモリで消したデータを簡単に復元できる!【4DDiG Windowsデータ復元】

IT・ガジェット

USBに保存したデータを消す時になぜかドキドキしますよね。USBにあるデータはPCのHDDからコピーしたデータのはずですが、『もしHDDのデータが残っていなかったら・・』と考えるからではないでしょうか?

この記事は、わたしが誤って削除してしまったデータを復元する際に、実際に使用した復元ソフトのレビュー記事になります。

はじめに:4DDiG Windowsデータ復元を使うきっかけ

先日、USBに保存したデータを削除した後、HDDをのぞいてみるとUSBにコピーしたはずのデータが見つかりません。なんとコピーした時に削除してしまったようです。

消してしまったUSBメモリのデータを復元する方法はないのか?

データ復元業者もいるようですが、高額です。
ネットで色々検索したところ、様々なデータ復元ソフトがあることがわかりました。

復元業者を利用するよりも、自分でソフトを購入して復元する方が安く済みます。しかし、自分で復元する場合は復元できるソフトを選ばないといけません。

今回、4DDiG Windowsデータ復元というデータ復元ソフトを使うことで、USBから消えた大事なデータを無事に復元することができました。この記事では、その時に使用したデータ復元ソフト『4DDiG Windowsデータ復元』をご紹介します。

4DDiG Windowsデータ復元について

4DDiGデータ復元ソフトには、windows用とmac用の2種類があります。この記事ではWindows用を例に説明していますが、mac用でも内容は同じです。

4DDiG Windowsデータ復元ソフトの特徴は大きく4つです。

4DDiG Windowsデータ復元ソフトは、どんなファイルでも安全・確実に復元できるのにコストパフォーマンスに優れたソフトと言えます。

「4DDiG」データ復元ソフトの特徴
  1. 復元できるデータの種類が豊富
  2. 復元率が高い
  3. 価格が他社と比べリーズナブル
  4. 安全性が高い(ネットが必要ない)

復元できるデータの種類が豊富

4DDiGはファイル、画像、動画、音声ファイル、電子メール、Officeファイル、圧縮ファイルなどのあらゆる形式のファイルを簡単に復元できます。

1000種類以上のファイル形式をサポート

実はファイル形式が対応して無かったというトラブルも避けられますし、あらゆる場面で活躍できます。

復元率が高い

復元ソフトは、削除してから時間が経っているファイルの復元ができないことが多いです。時間が経過すると元のデータが上書きされる可能性が高くなるためです。

しかし、4DDiG Windows データ復元ソフトウェアは違います。

高度なアルゴリズムを採用

削除してから時間が経ったファイルでも復元することが可能です。

価格が他社と比べリーズナブル

復元ソフトは買い切りタイプのものが多いですが、4DDiG Windows データ復元ソフトウェアには複数のライセンスが用意されています。

データ復元が必要になることは年に1回、多くても数回だと思います。データ復元ソフトを非常事態の時だけ使いたいだけという場合は、月間更新ライセンスや年間更新ライセンスを使うことができます。

月額・年額ライセンスがある

買い切りタイプの復元ソフトと比べて低コストでフル機能が使えます。

ライセンスの種類価格
月間更新ライセンス9,860円 5,478‬円
(税込み)
年間更新ライセンス11,840‬円 6,578円
(税込み)
永久ライセンス16,817‬円 10,274円
(税込み)

安全性が高い(ネットが必要ない)

ネットに接続せずとも、復元することができます。復元ソフトが勝手にデータをネットに送信するという心配もありません。

ネット接続不要で動作

復元ソフトが勝手にPCから情報を送信するリスクはゼロです。
ネット接続不可の状況でも復元ソフトを使用できるのも安心です。

4DDiG Windowsデータ復元のインストール

①インストールファイルをダウンロード

4DDiG Windows データ復元のページに行き、無料ダウンロードをクリックします。

②インストールファイルを実行します

ダウンロードしたインストールファイル(exeファイル)をクリックすると、インストールが始まります。

『インストール設定』を押すと、インストール先を変更できます。

③インストールが始まります

インストールが始まると以下のような画面になりますので、100%になるまで待ちましょう。

④インストールが終わるのを待ちます

インストールが完了すると、中央に『開始』ボタンが表示されます。クリックしましょう。

⑤インストール完了

開始を押すと、インストールが完了いたしました!の画面がブラウザで開きます。

これで完了です。

4DDiG データ復元 無料版と有料版の違い

残念ですがファイルの復元ができるのは有料版のみです。無料版では削除ファイルのスキャン、プレビューまで実行可能です。

無料版は、有料版を購入したけどファイル復元できなかったということを避けるための事前確認用の位置づけです。

有料版の購入前に、無料版を使い、削除ファイルをスキャンします。復元したいファイルの存在が確認でき、プレビューで最終確認できれば安心して有料版を購入することができます。

ソフトの検証

実際に、USBフラッシュメモリに入れた画像ファイルを一度削除し、復活できるか検証してみましょう。

復元までの基本的な流れは、簡単3ステップ
  1. 削除ファイルのスキャン
  2. 復元ファイルの指定
  3. 復元実行

削除データの準備

USBメモリの状態(ファイル削除前)

3つの画像ファイルが在ります。

USBメモリからファイルを削除

3つの画像ファイルを削除します。

3つの画像ファイルを削除したので『このフォルダーは空です。』となりました。

復元ソフトで復元実行

STEP1

復元ソフトを立ち上げます

復元するファイルの場所を選択する画面になります。

今回は、USBドライブのファイルの復元になりますので、USBドライブを選択しました。

復元するファイルをスキャンします

復元するファイルのタイプを選べます。今回は特に指定せずに、全てのファイルタイプをスキャンを実行しました。

ファーストスキャン完了後の状態

ファーストスキャンはすぐに終わりました。

左側のツリー表示で削除されたファイルをクリックすると削除した3つの画像ファイルが認識されています。

ファーストスキャンでファイルが見つからない場合はディープスキャンでファイルを見つけます。

STEP2

復元するファイルを選択します

復元するファイルを全て✓して、復元をクリックします。

復元先を指定します

削除したファイルがあった場所には復元することができません。

別のドライブか、同一ドライブ内で別のフォルダを作成してそこに復元します。

今回はUSBメモリ内に別のフォルダを作成しました。

①:新しいフォルダをクリックします。
②:新しいフォルダができます
③:復元をクリックします。

STEP3

復元を実行します
復元されたファイルを確認します

ファイル名とファイルサイズは削除前と完全に同じです。完全に復元されています。

タイムスタンプだけ復元した時の時刻になっています。

4DDiG Windowsデータ復元を使った感想

簡単操作

4DDiG Windows データ復元を使うととても簡単に削除されたファイルを復元できました。ソフトは完全に日本語化されているので初心者の方でも迷う部分はありません。

復元する時のファーストスキャンはとても早く一瞬と言っていいほどでした。

高い復元能力

4DDiG Windows データ復元の一番の魅力は、ディープスキャンだと思います。

ディープスキャンはファイルのスキャンを最新のアルゴリズムで実施し、他のファイル復元ソフトでは復元できないような、削除して時間が経ったファイルでも復元できる可能性があります。

今回ディープスキャンは試せませんでしたが、ディープスキャンの機能があることで、ユーザーはより一層の安心感が得らえるファイル復元ソフトだと思います。

今回ご紹介したのはWindows用ソフトですが、Mac用もありますのでMacユーザーの方は以下のリンクもご参照ください。

タイトルとURLをコピーしました