お問い合わせはコチラから

部分的なロックダウンはホリデーシーズン中も引き続き適用

生活

前回11月17日発表にて言及された12月8日になりましたが、オランダ国内のコロナ感染状況は改善せず、ロックダウン継続という発表になりました。

この発表はロックダウンしている店舗では結構シリアスに受け止められているようで、店じまいするかどうかの判断ポイントになっていたように思います。

前回の発表

(1)12月初旬(注:記者会見では、12月8日(火)となる旨、言及されました。)に、政府は、現在行われている措置を変更できるかを決定する(注:記者会見では、12月半ばに、感染リスクレベル2(1日あたりの新規感染者数が3,600名以下、かつ、新規の集中治療室患者数が10名以下)に戻ることが条件と言及がありました。

新型コロナウイルス関連情報(11月17日(火)に発表されたオランダ政府による措置等)

部分的なロックダウンはホリデーシーズン中も引き続き適用

COVID-19感染率は、ヘルスケアセクターへの圧力と同様に、依然として高すぎます。平均して、24人が毎日集中治療室に入院しています。そのため、ホリデーシーズン中であっても、部分的な封鎖を延長せざるを得ません。私たちは皆、それが異なっていればいいのですが、ウイルスは私たちが警戒を怠ることを許しません。十分な距離を保ち、他者との接触を減らすことで、私たちは自分自身とお互いを守ることができます。

これは、自宅で1日に3人以下の訪問者を受け入れることができることを意味します。レストラン、カフェ、バーは休業となります。スポーツをするとき、大人は1.5メートル離れていなければなりません。可能であれば、誰もが自宅で仕事をすることを緊急に勧められています。他の国への本質的でない旅行はすべて避けるべきです。

休日のお祝い

私たちは有限会社だけで家で休日を祝う必要があります。しかし、人々はそれでも創造的または革新的な方法で集まることができます。たとえば、仮想ディナーを楽しんだり、数日間にわたって訪問を広げたりすることができます。

ホリデーシーズン中は、全員が基本的なルールを守り続けることが特に重要です。これは、夕食の席やお祝いの最中であっても、一緒に住んでいない人から1.5メートル離れていることを意味します。安全な距離を維持しやすくするために、可能な限り大きなスペースでお祭りを開催してください。どこかに到着したときや食事をする前など、頻繁に手を洗ってください。また、症状が出た場合は、どんなに軽度であっても、家にいて検査を受けてください。外出しないで、訪問者を受け入れないでください。感染している場合は、他の人に買い物や他の用事をしてもらいましょう。

休日に向けて、基本的なルールに従うことも重要です。事前に購入する必要があるものを計画し、朝または平日に買い物をして、一人で行きます。地方自治体や店長は、人ごみを防ぎ、人々が規則を順守できるように対策を講じています。

対策の変更

2020年12月8日の時点で、コロナウイルス感染が増加しているため、オレンジ色の旅行勧告がキュラソーに適用されます。これは、人々がキュラソーに旅行しないように忠告されることを意味します。キュラソーからオランダに到着する人は、すぐに自己検疫する必要があります。

2020年12月17日木曜日から、トップレベルの競技会のエリートアスリートはトレーニングと競技会を再開できるようになります。彼らが国際的な競争相手に追いつくためには、国内レベルでの競争が重要です。遠距離規則と4人のグループ制限は、スポーツ活動中のエリートアスリートには適用されません。トレーニングや競技中は、30人以上の屋内スペースにいることも許可されています。エールディビジとエールステディビジのサッカーリーグのサッカー選手と、指定された場所でステータスを持つエリートアスリートには、トレーニングと競技がすでに許可されています。

今後の展望

政府は新年にもう少し社会を開放する方法を検討しています。政府は1月中旬から、スポーツの試合で観客、劇場でより多くの観客、そしてビジネス会議でより多くの参加者を対象に、多数の対照試験を実施したいと考えています。目標は、状況が許す限り、これらのイベントを安全に開催する方法を見つけることです。

予防接種

政府は暫定的なスケジュールを立てており、どのグループがどの種類のワクチンを接種するか、どこに予防接種センターを設置するかを定めています。予防接種のために呼び出される最初のグループは、ナーシングホームで働くケア専門家です。彼らは、市の保健サービス(GGD)によって全国に設置される約30のセンターでワクチンを入手することができます。次のグループは、障害者ケアホームで働くケア専門家と在宅ケアスタッフです。ほぼ同時期に、ナーシングホームや知的障害者介護施設の住民を対象とした予防接種ドライブを開始し、自分の介護施設でワクチンを接種できるようにします。予防接種プログラムの設定に携わるすべての人は、2021年1月のできるだけ早い日に予防接種を開始できるように一生懸命取り組んでいます。

対策を支援し、お互いに気を配る

パンデミックと管理措置は、社会と経済の一部に甚大な影響を及ぼします。そのため、政府は企業と従業員のために包括的な復旧とサポートのパッケージを用意しています。経済・気候政策、社会・雇用・雇用、財務の各大臣は、明日(12月9日)のサポートパッケージの最新の変更に関する詳細情報を提供します。

このお祭りシーズン中は、お互いに気を配ることが特に重要です。そして、孤独な人や対処に苦労している人に、電話をかけたり、訪問したり、カードを送ったりするなど、特別な努力を払っています。啓発キャンペーン「Aandachtvoorelkaar」は、人々が周囲の人々のために特別なことをするように促すために、全国のイニシアチブに関する情報を共有しています。詳細については、www.aandachtvoorelkaar.nlにアクセスしてください(オランダ語のみ)。

タイトルとURLをコピーしました