お問い合わせはコチラから

【ACF】不要なカスタムフィールドを一瞬で消す方法

サイト運営

WordPressのカスタムフィールドを便利に使えるプラグインとしてACFが有名です。

簡単に便利なカスタムフィールドを作れる反面、カスタムフィールドは各記事のpost_metaに保存されるので、記事が増えてくるとデータベースが肥大化してしまう問題が出てきます。

ACFで作成されたカスタムフィールドは、ACFのカスタムフィールドの定義を削除してもデータベースから削除されません(これは仕様です)。

サイトを運用していて記事が増えてきたときに、あまりにデータベースのpost_metaが大きくなり、サイト運用に支障が出てくることもあります。その結果、ACFを使わない選択をしても、既に存在するカスタムフィールドはそのまま残ってしまいますのでデータベースから削除されません。

この記事では、Wordpressで使用しなくなったカスタムフィールドを簡単に削除する方法をご紹介します。

【公式】ACFが作ったカスタムフィールドが消える条件とは?

記事を削除すれば、記事に関連したカスタムフィールドは削除されます。

記事を削除しない場合は、カスタムフィールドの定義をACFから削除しても消えません。

カスタムフィールドを削除する手順

カスタムフィールドの使用状況を確認する

DBを直接のぞいてもいいのですが、edit-custom-fieldsプラグインを使うのが簡単です。

このプラグインを使うと、カスタムフィールド名と使用されている数が出てきます。

直接削除できるので、記事の数が少ない時にはそちらを利用する方がよいです。

ただし、記事数が10000を超える場合は、固まります。

Edit Custom Fields
A simple interface to edit or delete Custom Fields.

データベースから直接削除する

カスタムフィールド名が確認できたら、データベースから直接カスタムフィールドを削除します。

カスタムフィールドは記事の数だけ独立してあるので、手動でポチポチ削除してもきりがありません。

バックアップを取る

DBを直接操作するので、バックアップは必須です。

バックアップにAll in One Migrationを使うこともできますが、カスタムフィールドが大量な場合、All in One Migrationが固まりました。

素直に、updraftplusを使う方が良いでしょう。

UpdraftPlus WordPress Backup Plugin
バックアップと復元を簡単に。手動または自動予約 (Dropbox、S3、Google ドライブ、Rackspace、FTP、SFTP、メール、その他) による完全なバックアップ。

カスタムフィールドを削除するDBクエリ

DBクエリで一発削除します。

一度、LISTで確認する方が安全でしょう。

LIST * FROM wp_postmeta WHERE meta_key = "series_0_title"
DELETE FROM wp_postmeta WHERE meta_key = "series_0_title"

wp cliを使う場合

wp db query 'DELETE FROM wp_postmeta WHERE meta_key = "series_0_title"' --quiet

まとめ

カスタムフィールドを使わなければよかったと思い始めたのは、記事の数が10000を超えたあたりからです。そうなると、プラグインで色々するときに固まりやすくなります。じゃぁプラグインで消すかとなりますが、そのプラグインがまた固まるという悪循環になりました。

DBクエリで消してみたら、今までの苦労は何だったのかと思うほど、一瞬で消えてくれました。

ACFで大量にカスタムフィールドを作ってpost_metaが肥大化してしまったときにはこの記事を参考にしてみてください。

この記事が気に入ったら フォローしよう
最新情報をお届けします。
この記事を書いた人
ブーン

はるばる日本よりオランダ王国へやってまいりました。
自分の経験が少しでも参考になれば嬉しいです。
お問い合わせは、『こちら』からお願い致します。

\ブーンをフォロー/
スポンサーリンク
サイト運営
\シェアお願いします!/
\ブーンをフォロー/

失敗しないレンタルサーバーランキング

mixhost

不正アクセスに強くて使いやすいおススメサーバー
\本サイトで利用中/
メリット①:自動ウィルス駆除対応
メリット②:サイトの表示速度が速い!
メリット③:転送量の上限が多い!
メリット④:自由にプラン変更ができ、アクセス増にも対応できる!
メリット⑤:バックアップデータが無料で復元できる!
メリット⑥:Wordpressが簡単にインストールできる!
メリット⑦:どのプランでも初期費用が無料!
メリット⑧:10日間の無料お試し期間と30日の返金保証!

Conoha Wing

国内Wordpress最速の最強サーバー
メリット①:圧倒的な表示速度
メリット②:レンタルサーバーと独自ドメインがセットでお得◎
メリット③:プラン変更はすべてのプランで自由自在
メリット④:一か月の利用転送量の制限が緩い(9TB~)
メリット⑤:WordPresサイトの移行が簡単

エックスサーバー

国内シェアNo1の安定性と実績が魅力。ALL SSDで死角なしの万能サーバー。
メリット①:サイトの表示速度が安定して速い!
メリット②:アクセス負荷に強くて安定性が高い!
メリット③:24時間365日の充実サポートで安心!電話サポートもあり!
メリット④:転送量が多い!
メリット⑤:自動バックアップ機能付き!
メリット⑥:WordPressが簡単にインストールできる!
メリット⑦:10日の無料お試し期間がある!

オランダで生きていく
タイトルとURLをコピーしました