BASEの独自ドメイン登録【ValueServer+ValueDomain】

BASEを独自ドメインで運用したいと思う人は多いようです。

BASEで初めて独自メインを使う人にありがちなのが、なぜか激安サーバーを同時にレンタルしてしまう人が多いです。メールだけ使いたいからということで、気持ちはわかるのですが、その時に契約するサーバーによってはBASEで独自ドメインを使えなくなる場合もあります。

この記事では、BASEで独自ドメインを使用する場合に、最適な激安サーバーについてご紹介します。

独自ドメインをBASEだけ使う場合、どこでドメインを取得しても大差なし

お名前.comでもムームードメインでもValue-domainでも好きなところで取ればよいです。

以前ドメイン取得に関して色々調べて以下の記事でまとめています。

独自ドメインをBASE以外でも使う場合

しかし、独自ドメインをサーバーやメールと結び付けた瞬間、DNSゾーンの編集の話が出てくるのでややこしくなります。

DNSゾーンの編集に対応していないサーバーを借り、独自ドメインを割り当てていた場合、その独自ドメインはBASEにドメイン割り当てできなくなります。というのもBASEではCNAMEレコードを追加する必要がありますので、DNSゾーンの編集は必須だからです。

激安サーバーをレンタルするとDNSゾーンの編集ができない

激安サーバーをレンタルするとDNSゾーンの編集ができないことが多いです。

例:リトルサーバー

激安サーバーでおススメなのは?

BASEの独自ドメインをサーバーでも使いたい、かつ、激安で済ませたい!

そんなあなたにおススメなのが、
Value-Domainでドメインを取得して、Value-Serverでサーバーをレンタル
することです。

そうすると、ネームサーバーもValue-Domainのものを使えますので、DNSゾーン編集をValue-domainで行えます。

Value-Domainで、Value-ServerとBASEの独自ドメインを共有する

Value-Server側の設定

Value-Server側で行うのは、ドメインウェブの登録だけです。

ドメインウェブと言うのが聞きなれないかもしれません。今どきのサーバーだと公開ディレクトリにドメイン割り当てを行うことに相当します。

BASEで独自ドメインを使う場合は、BASEで使用するサブドメインをドメインウェブに登録します。

具体的には、wwwをBASEに割り当てるのであれば、サブドメインwwwを追加すればOKです。

Value-domian側の設定

Value-domainでCNAMEレコードを追加します。

DNS情報/URL転送の設定

DNS情報/URL転送の設定と進みます。

cname www cname.thebase.in.

を追加します。

ネームサーバーの設定

value-domainのNSになっていることを確認

Value DomainやValue Serverの設定の変更が実際に有効になるまで30分~1時間ぐらいかかります。

まとめ

BASEで初めて独自メインを使う人はなぜか激安サーバーをレンタルしてしまう人が多いです。メールだけ使いたいからということで、気持ちはわかるのですが、DNSゾーン編集に対応していないサーバーに独自ドメインを割り当ててしまうと、DNSレコードを編集できずに結局サーバーを移らないといけなくなったりします。

よく考えてからサーバーを契約しましょう。

 

タイトルとURLをコピーしました