お問い合わせはコチラから

ブロックエディタでブロックに変換が押せない原因と対処方法

サイト運営

WordPress5.0からブロックエディタが導入されました。Classic editorは2021年でサポート終了とアナウンスされていたので、移行された方も多いと思います。

Classic editorは半永久的にサポート期限が伸びたようですので、Classic editor派の人は一安心というところだと思います。

Classic Editor は公式な WordPress プラグインであり、少なくとも2022年まで、または必要なくなるまでの間、完全にサポート・保守されます。

https://ja.wordpress.org/plugins/classic-editor/

Classic editorで書かれた古い記事は簡単にブロックに変換できます。ブロックエディタで開くと、クラシックブロックとして表示されますが、ブロックに変換というボタンを押すとブロックに変換される仕様になっています。

ところが、Cocoonで書いた過去の特定の記事で『ブロックに変換』ボタンが押せないケースがありました。

この記事では、クラシックブロックの『ブロックに変換』ボタンが押せない原因と対策をご紹介したいと思います。

クラシックブロックの『ブロックに変換』が押せない原因は?

結論から言います。

記事内にURLが書かれているからです。

ブロックに変換が押せない記事は、URLが直接記事内に書かれていました。

CocoonではクラシックエディタにURLを張り付けるとブログカードになる仕様だったのですが、その部分があると、ブロックに変換が押せません。

どうしたらクラシックブロックの『ブロックに変換』ボタンが押せるようになる?

URL部分の先頭に#とかテキトウな文字を追加すると、ブロックに変換が押せるようになります。

ブロックに変換できたあとに、そのURLは手動でブログカードに置き換えます。

まとめ

この記事では、クラシックブロックのブロックに変換ボタンが押せない理由として、クラシックエディタ時代のCocoonのブログカードになっていたURL記述が原因となっていること、そのURL記述の先頭に文字を追加することでクラシックブロックのブロックに変換ボタンが押せるようになることを説明しました。

この記事が気に入ったら フォローしよう
最新情報をお届けします。
この記事を書いた人
ブーン

はるばる日本よりオランダ王国へやってまいりました。
自分の経験が少しでも参考になれば嬉しいです。
お問い合わせは、『こちら』からお願い致します。

\ブーンをフォロー/
スポンサーリンク
サイト運営
\シェアお願いします!/
\ブーンをフォロー/

失敗しないレンタルサーバーランキング

mixhost

不正アクセスに強くて使いやすいおススメサーバー
\本サイトで利用中/
メリット①:自動ウィルス駆除対応
メリット②:サイトの表示速度が速い!
メリット③:転送量の上限が多い!
メリット④:自由にプラン変更ができ、アクセス増にも対応できる!
メリット⑤:バックアップデータが無料で復元できる!
メリット⑥:Wordpressが簡単にインストールできる!
メリット⑦:どのプランでも初期費用が無料!
メリット⑧:10日間の無料お試し期間と30日の返金保証!

Conoha Wing

国内Wordpress最速の最強サーバー
メリット①:圧倒的な表示速度
メリット②:レンタルサーバーと独自ドメインがセットでお得◎
メリット③:プラン変更はすべてのプランで自由自在
メリット④:一か月の利用転送量の制限が緩い(9TB~)
メリット⑤:WordPresサイトの移行が簡単

エックスサーバー

国内シェアNo1の安定性と実績が魅力。ALL SSDで死角なしの万能サーバー。
メリット①:サイトの表示速度が安定して速い!
メリット②:アクセス負荷に強くて安定性が高い!
メリット③:24時間365日の充実サポートで安心!電話サポートもあり!
メリット④:転送量が多い!
メリット⑤:自動バックアップ機能付き!
メリット⑥:WordPressが簡単にインストールできる!
メリット⑦:10日の無料お試し期間がある!

オランダで生きていく
タイトルとURLをコピーしました