お問い合わせはコチラから

Contact form 7からメールが送れない! javascript圧縮を解除せよ

サイト運営

Contact form 7はとても便利なのですが、バージョンアップで結構トラブルが多いです。

最近また、Contact form 7がアップデートしていたのは知っていました。あまり騒ぎになっていなかったので動作確認していませんでした。

動作確認したら、このサイトのコンタクトフォームが動作していませんでした。

この記事では、Contact form 7とContact form 7 add confirmをCocoonで使用した時に動作しない問題の解決方法をまとめています。

Contact formの関連プラグインはJavascript圧縮と相性が悪い

私は、Contact form 7とContact form 7 add confirmを組み合わせてよく使います。

Contact form 7 add confirmは、Cocoonの高速化と相性が悪いです。

単純に『確認』、『戻って編集』が動かなくなるので実際に送信せずとも、すぐに気が付きました。

なので、Contact form 7 add confirmは、Cocoonの高速化オプションから除外して運用しておりました。

その時は、それでテストメールも届いて解決していました。

最近、Contact form 7のバージョンアップがあった

直近のリリース内容

Contact Form 7 5.2変更点(2020年7月4日リリース)

  • フォーム送信: $posted_data_hash$skip_spam_check プロパティを導入。
  • フォーム送信: wpcf7_skip_spam_check フィルターフックを導入。
  • コンタクトフォーム: pref() メソッドを導入。
  • REST API: パース済みのフォームタグデータをレスポンスに追加。
  • REST API: wpcf7_ajax_json_echowpcf7_ajax_onload フィルターフックを非推奨化し、それらの代用として wpcf7_feedback_responsewpcf7_refill_response フィルターフックを導入。
  • フロントエンド CSS: レスポンス出力のスタイルルールは form 要素の class 属性を参照する。
  • フロントエンド JavaScript: jQuery イベントの使用を廃止。
  • reCAPTCHA: スクリプトコードを独立したファイルに移動。
  • reCAPTCHA: reCAPTCHA レスポンストークンのフィールド名を g-recaptcha-response から _wpcf7_recaptcha_response に変更。

Contact Form 7 5.2.1変更点(2020年8月5日リリース)

  • [contact-form-7 404 “Not Found”] のメッセージをローカライズ可能にする。
  • REST API: 全てのエンドポイント定義に permission_callback 引数を追加する。
  • Flamingo: 可能であれば id の代わりに id() を使用する。
  • 修正済み: exclusive オプションとの併用時に free_text オプションが正しく機能しなかった問題。
  • $posted_data が null の場合であっても wpcf7_mail_tag_replaced フィルターを適用する。
  • クイズ項目のためのカスタムメールタグ置換を追加する。
  • 管理画面: リストテーブルの日付カラムのフォーマットを更新する。

Contact form 7から送信できるけどメールが飛ばない

Contact form 7のバージョンアップの影響だと思いますが、最近テストメールを送信したら、送信完了にもかかわらず、メールが届かないことに気が付きました。

Cocoonの高速化からContact form 7と関連プラグインを除外することで、正常に動くようになりました。

指定する時は、ディレクトリ単位で大丈夫です。

plugins/contact-form-7-add-confirm/
plugins/contact-form-7/

AutoptimizeでContact form 7が動かない場合

Autoptimizeと使用していて、Contact form 7と周辺プラグインがどうしない場合は、以下の記事に対処方法が書かれています。

まとめ

Contact form 7のアップデートがあったときにはバージョンアップ後に必ず動作確認した方が良い。
それが面倒であれば、そもそもアップデートしないこと。

この記事が気に入ったら フォローしよう
最新情報をお届けします。
この記事を書いた人
ブーン

はるばる日本よりオランダ王国へやってまいりました。
自分の経験が少しでも参考になれば嬉しいです。
お問い合わせは、『こちら』からお願い致します。

\ブーンをフォロー/
スポンサーリンク
サイト運営
\シェアお願いします!/
\ブーンをフォロー/

失敗しないレンタルサーバーランキング

mixhost

不正アクセスに強くて使いやすいおススメサーバー
\本サイトで利用中/
メリット①:自動ウィルス駆除対応
メリット②:サイトの表示速度が速い!
メリット③:転送量の上限が多い!
メリット④:自由にプラン変更ができ、アクセス増にも対応できる!
メリット⑤:バックアップデータが無料で復元できる!
メリット⑥:Wordpressが簡単にインストールできる!
メリット⑦:どのプランでも初期費用が無料!
メリット⑧:10日間の無料お試し期間と30日の返金保証!

Conoha Wing

国内Wordpress最速の最強サーバー
メリット①:圧倒的な表示速度
メリット②:レンタルサーバーと独自ドメインがセットでお得◎
メリット③:プラン変更はすべてのプランで自由自在
メリット④:一か月の利用転送量の制限が緩い(9TB~)
メリット⑤:WordPresサイトの移行が簡単

エックスサーバー

国内シェアNo1の安定性と実績が魅力。ALL SSDで死角なしの万能サーバー。
メリット①:サイトの表示速度が安定して速い!
メリット②:アクセス負荷に強くて安定性が高い!
メリット③:24時間365日の充実サポートで安心!電話サポートもあり!
メリット④:転送量が多い!
メリット⑤:自動バックアップ機能付き!
メリット⑥:WordPressが簡単にインストールできる!
メリット⑦:10日の無料お試し期間がある!

オランダで生きていく
タイトルとURLをコピーしました