お問い合わせはコチラから

ムームードメインへのドメイン移管はドメイン情報認証が必須だった

サイト運営

海外のドメインレジストリからドメイン移管した時の話です。移管先はムームードメインです。

ドメイン移管は無事に終わったのですが、その後しばらくしてからサイトが表示できなくなりました。

Whoisでstatusを確認すると、clientHoldとなっていて、よくある本人認証がされていない状態だと予想されました。

WhoisのDomain Statusの例

  • active: ドメインが使用できます。
  • inactive: ドメインにDNSサーバーが登録されていません。
  • serverHold: ドメインが有害であると判定されているなどの理由でドメインが停止されています。
  • clientHold: ドメインの有効期限切れなどの理由でドメインが停止されています。
  • clientTransferProhibited: レジストラロックをご利用中に表示されます。ドメインは使用できます。

ムームードメインでドメイン移管した時のドメイン情報認証とは?

公式に以下の情報がありました。ムームードメインではドメイン移管時も認証が必要なのですね。

ドメイン情報認証とは、ドメイン登録者のメールアドレスの有効性を確認する認証手続きのことです。
下記条件のいずれかに該当する場合、認証手続きが必要になります。

①ドメインの新規取得(一括取得含む)

②WHOIS情報の登録者情報のメールアドレスを未認証のものへ変更

③当サービスへドメイン移管

手続きには期限があり、期限までに認証が完了していないドメインは利用制限の対象となります。

Security check

ムームードメインはドメイン管理費が高い

ムームードメインはドメイン管理費が割高です。他のドメイン管理会社に移管する方が割安です。

まとめ

Xserverへのドメイン移管の場合は、本人認証メールが来るイメージがあまりなく、お名前.comは新規ドメイン取得時に本人確認のメールが来るのですが特に何もしないで問題ないので、clientholdになったのは久しぶりでした。

ムームードメインを使う時は、ドメイン情報認証として本人確認が必要なことを覚えておきたいと思います。

ムームードメインはドメイン料金が割高なので、ユーザーにやさしくないお名前.comでドメインを管理する方が幸せになれます。

この記事が気に入ったら フォローしよう
最新情報をお届けします。
この記事を書いた人
ブーン

はるばる日本よりオランダ王国へやってまいりました。
自分の経験が少しでも参考になれば嬉しいです。
お問い合わせは、『こちら』からお願い致します。

\ブーンをフォロー/
スポンサーリンク
サイト運営
\シェアお願いします!/
\ブーンをフォロー/

失敗しないレンタルサーバーランキング

mixhost

不正アクセスに強くて使いやすいおススメサーバー
\本サイトで利用中/
メリット①:自動ウィルス駆除対応
メリット②:サイトの表示速度が速い!
メリット③:転送量の上限が多い!
メリット④:自由にプラン変更ができ、アクセス増にも対応できる!
メリット⑤:バックアップデータが無料で復元できる!
メリット⑥:Wordpressが簡単にインストールできる!
メリット⑦:どのプランでも初期費用が無料!
メリット⑧:10日間の無料お試し期間と30日の返金保証!

Conoha Wing

国内Wordpress最速の最強サーバー
メリット①:圧倒的な表示速度
メリット②:レンタルサーバーと独自ドメインがセットでお得◎
メリット③:プラン変更はすべてのプランで自由自在
メリット④:一か月の利用転送量の制限が緩い(9TB~)
メリット⑤:WordPresサイトの移行が簡単

エックスサーバー

国内シェアNo1の安定性と実績が魅力。ALL SSDで死角なしの万能サーバー。
メリット①:サイトの表示速度が安定して速い!
メリット②:アクセス負荷に強くて安定性が高い!
メリット③:24時間365日の充実サポートで安心!電話サポートもあり!
メリット④:転送量が多い!
メリット⑤:自動バックアップ機能付き!
メリット⑥:WordPressが簡単にインストールできる!
メリット⑦:10日の無料お試し期間がある!

オランダで生きていく
タイトルとURLをコピーしました