SEA LiFE Centerの近くにレゴディスカバリーセンターができる訳

観光・旅行

オランダ ハーグのスケベニンゲンビーチには、SEA LiFE Centerという水族館があります。北海沿岸ということで大型の水族館をイメージするのですが、結構小さ目で、結構なガッカリスポットとして有名です。

SEA LiFE Centerは小さい割には入園料金は結構高めで、家族全員で行くとボったくられた感を得ることができますので、リピートする人は少ないと思います。

オランダの観光地としてSEA LiFE Centerをおススメできませんが、現在SEA LiFE Centerの近所にレゴディスカバリーセンターを建設しています。色々調べていたんですけども、もしかしたら、近い将来、両者に何か面白い展開があるのでは?と思い始めてきました。

関連記事:オランダ Scheveningen(スケベニンゲン) レゴランドは地下に建設中

SEA LiFE Centerとレゴランドの関係は?

シーライフセンター(SEA LiFE Center)またはシーライフ (SEA LiFE)は、日本を含むアジアやヨーロッパ、アメリカ合衆国などに存在する水族館。英国に本社を置くマーリン・エンターテイメンツが運営する。また一部のシーライフは同マーリン・エンターテイメンツが運営するレゴランドに隣接されている。

実は、マーリン・エンターテイメンツという会社はレゴランドの運営会社なのです。

そう考えると、既にSEA LiFE Centerがあるスケベニンゲンにレゴディスカバリーセンターができるのも納得がいくわけです。

建設中のレゴディスカバリーセンターとSEA LiFE Centerはめっちゃ隣接している

スケベニンゲンのSEA LiFE Centerとレゴディスカバリーセンターは実は隣接しています。もともとレゴディスカバリーセンターを建設している場所には普通に大きなレストランがあったのですが、それを退かしてしまうイギリス資本の力を感じますね。

SEA LiFE Centerにレゴランドが隣接されると?

レゴランド・カリフォルニアとレゴランド・ジャパンに隣接しているシーライフは、レゴモデルなどが館内配置されており、他のシーライフセンターと一線を画す存在となっている。

レゴランドとSEA LiFE Centerが隣接されてレゴ水族館になっているケースはカリフォルニアと日本の2例しかないようです。

レゴディスカバリーセンターの近くにSEA LiFE Centerができてもレゴ水族館としてはただの水族館のままのようです。

SEA LiFE Centerとレゴディスカバリーセンター連携の可能性は?

最近日本の名古屋のレゴランドにもSEA LiFE Center(SEA LIFE Nagoya)が作られたようで、レゴランド水族館として宣伝していますが、スケベニンゲンのレゴランドはレゴディスカバリーセンターですから、SEA LiFE Centerはおそらく現状のままではないかと思います。

ただし、SEA LiFE Centerとレゴディスカバリーセンターをどちらも楽しむ場合は共通チケットのようなディスカウントチケットを発売するとは思います。

2つの施設で連携してレゴと水族館に絡めたキャンペーンやイベントなども行われることでしょう。

もしかしたら、レゴディスカバリーセンターとSEA LiFE Centerが地下でつながって面白いことが起きるかもしれません。

まとめ

レゴランドがオランダに!という期待を持っていたオランダ住民はレゴディスカバリーセンターと聞いて以降、あまり期待せず、話題にも上らなくなって久しいのですが、SEA LiFE Centerの真横に建設するのですから、連携してレゴ水族館のような楽しみを提供してくれることを期待したいと思います。

 

タイトルとURLをコピーしました