オランダ移住の目的は教育移住!でも大学進学率10%!?の罠

教育

オランダ移住の目的が、オランダの教育が素晴らしいからという日本人を良く目にします。決まって、オランダは子供の遊び場も多いし、教育が無料だし、イイことづくめだよ、日本にはもう帰りたくないと言います。

実際そうなんです。

起業ビザ組の日本人は、オランダは大学までは学校も無料だし、子供の年齢的にオランダ語も問題ないという理由で、御子息をオランダのローカル校に通わせている場合が多いです。

私もオランダに来る前はそれでもいいかなと考えていました。

でも、来てから考えが変わりました。

英語のインターナショナルスクールか日本人学校以外はノーチョイスなんじゃないの?と、なんでそう思ったか興味があれば先に読み進めてください。

オランダ語なんて世界的に見たらマイナー言語

将来的にオランダ語をマスターしてもオランダ以外では使い道は少ないと思います。オランダは九州と同じ大きさしかないのですからオランダ語をしゃべる人間は日本人より少ないのです。

個人事業主は帰国のリスクは避けられず、子供の日本語教育は必須

オランダに長くいようと思っていても、オランダで起業した個人事業主は事業が上手く行かなければ、日本に帰国する可能性が高いのです。個人事業主は、日本に帰国するタイミングをコントロールできない状況にあるのが子供の教育に対するリスクなのです。

オランダにいて日本語も日本にいる時と同じように勉強しなければ子供の日本語能力は停滞します。そのためには、週末に日本人学校に通ったり、家庭教師をつけたり、親が日本語を教えたりして、日本語教育にキャッチアップしていく必要があります。そうでなければ、なんかの拍子に日本に帰国することになった時に、日本の学校に入っても授業についていけません。

長くいれば、オランダ語はほっといてもネイティブになるでしょうが、日本語も同時に勉強しなければ、日本人の皮をかぶったオランダ人になってしまうのです。

帰国するタイミングによっては、日本語、オランダ語、英語全て中途半端になってしまう可能性もありますから、その場合、子供にとって最悪の状況になります。

運よくオランダに長くいられても大学進学率10%の壁

日本に帰国することなく、オランダローカル校から子供が大学進学する時期になったとしましょう、しかし、オランダの大学進学率は10%で、大学は国立しかありません。本当に成績が良い生徒以外は早い段階で大学進学をあきらめさせられて別の進路を進むシステムです。

オランダの大学ってレベル高いの?
オランダの日本人界隈でよく出てくるのがライデン大学の日本語学科。海外に日本語学科があるのも珍しいですが、生徒も超優秀です。真面目な話、卒業生はデーブスペクターより日本語が上手いです。実際話してみるとちょっと鳥肌立ちます(理由はよくわかりませ...

オランダは受験勉強が必要ないから素晴らしいという人もいますが、オランダで大学進学のためには日本以上に必死に勉強しないと(させないと)いけないのです。

もし、日本やオランダ以外の大学進学率の高い国にいたならば、殆どの人が行けたはずの大学も、オランダにいると必死に勉強して上位10%に入らないと行けなくなるのです。単純に考えれば日本人の子供の10%(実際はもっと悪いはず)しか大学進学できないのです。

そもそも論として、子供の学力以前に個人事業主としての振るい落としの方がきついのではないでしょうか?

そんな厳しい環境に親とともにオランダにやってきて、盲目的にオランダローカル校に子供を通わせるのは、個人的には得策とは思えないのです。

まとめ

オランダの教育は素晴らしい、だけど誰もが大学に進学できるわけではない。親は子供の可能性を広げたいと思ってオランダに来ますが、それが逆に子供の将来を狭めることにもなりかねない。

個人事業主ほど長くオランダにいるつもりで、子供をオランダローカルに通わせますが、長くいられる保証もなく、帰国のリスクは常に付きまといます。

子供を将来的に大学進学させるつもりであれば、オランダのローカル校ではなく、日本人学校や、インターナショナルスクールの方が子供の将来の選択肢を狭めなくてよいのではという話でした。

 

タイトルとURLをコピーしました