オランダ移住してショッピングでよく見かけるオランダ語をまとめたよ

移住

Albert heijnをはじめとしてオランダで買い物する時によく見かけるオランダ語

来た当初はAlbertheijnのチラシを見ても全く意味不明でしたが、最近では悩むことがなくなりました。

ショッピングで見かけるオランダ語一覧

  • OP=OP :  現物限り
  • xx% korting : xx% off
  • €xx korting : €xx off
  • 2e gratis : 2個め無料(2個合計から50% offと同じ)
  • 1+1 gratis: 2個め無料(2個合計から50% offと同じ)
  • 2e halv prijs : 2個め半額(2個合計から25% offと同じ)
  • 3e gratis : 3個め無料(3個合計から33% offと同じ)
  • 2+1 gratis: 3個め無料(3個合計から33% offと同じ)
  • 2=1 : 2個で1個の値段(2個合計から50% off)

OP=OP :  現物限り

現物限りという文字通りの意味で、最終処分です。

安い時もありますし、安くない時もあります。

xx% korting : xx% off

これはダイレクトに割り引かれます。

€xx korting : €xx off

商品の値段によらず、固定の割引です。€1ぐらいしか見たことありません。

2e gratis : 2個め無料(2個合計から50% offと同じ)

2個買うと2個目無料なので、実質1個の値段になります。

1個当たり半額になります。

1+1 gratis : 2個め無料(2個合計から50% offと同じ)

2e gratisと同じ

2e halv prijs : 2個め半額(2個合計から25% offと同じ)

2個買うと2個目半額になります。

1個当たり25% offになります。

 3e gratis : 3個め無料(3個合計から33% offと同じ)

3個買うと3個目無料になります。

1個当たり33% offになります。

実は、2e halv prijsよりも安いです。

 2+1 gratis : 3個め無料(3個合計から33% offと同じ)

3e gratisと同じ

2=1 : 2個で1個の値段(2個合計から50% off)

2個買うと1個の値段になります。単純に1個当たり半額。

値段の違う組み合わせの場合はどうなるの?

来た当初、とても分かりにくかったのが、何個め無料シリーズの商品で、値段の違うものがあった時です。

最初は同じ値段じゃないとダメなのかと思ったのですが、値段が違うものを組み合わせてもOKです。その場合の計算は、組み合わせの合計金額から50%/33%/25%割引きされます。言い換えると、全ての商品に同じ割引が適用されます。

Albert HeijnのBONUSが分かりにくい

Albert HeijnのBONUSの対象商品かどうか調べるにはAlbertHeijnのAppieというアプリが便利です。

使い方は以下の記事でまとめています。参考にしてください。

【超便利】AlbertHeijnのアプリは商品のバーコードから値段を調べられる
オランダのスーパーには店舗のどこかにお客が使えるバーコードリーダーが壁に設置されており、値段がわからない商品をそこにかざすと値段が表示されるサービスがあります。 そして、そのバーコードリーダーはアルバイトの店員が商品搬入のカートを手前...

 

まとめ

オランダは、ストレートな値引きをしないでなるべく一人に多く買わせようとします。在庫を吐きたいのだと思いますが日本人からすると一個でいいから安くしろよって感じです。

 

タイトルとURLをコピーしました