オランダ 家電 グルメット 【卓上ホットプレート】【卓上ピザ窯】

12月 14, 2018生活ネットショッピング, 買い物

この記事は約 8 分で読めます。

日本のTV番組(TV東京:ヒャッキン)の中でオランダのグルメット 卓上ホットプレート卓上ピザ窯などの調理家電が紹介されて話題のようです。番組の内容からして、オランダ人の御家庭で使用している調理家電がVTRに映って、日本人にはかなり新鮮に見えたようです。

グルメット(gourmet:ぐるめっと)は、グルメという意味ですが、オランダではホットプレート全般のことをグルメットと呼びます。

オランダの家庭ではみんな使ってると思っている人が多いかもしれませんが、私の周りではあまり聞いたことありません。

オランダ人は体が大きくて手もグローブみたいな人ばかりですから、基本家電は道具です。日本人が好きそうなおしゃれで緻密な家電は一般人には全く人気ありません。

家電量販店とか行ってもあまり見かけないので少し調べてみました。

ヒャッキン

ヒャッキンの番組内容はこちらにまとまっています。

アムステルダムでヒャッキン調査、ご夫婦が選んでくれたのは「バーベキュー串」、一発で串から具材を外せる機能がついている。夫婦によると調理家電グルメットを使う時に便利だというので、ご自宅にお邪魔。グルメットはホットプレートと鍋が一体化しており、焼き物・揚げ物など複数の調理が同時にできる。このほかミニピザが焼けるピザグストなどもある。

紹介されたオランダのキッチン家電(グルメット)たち

ホットプレート

フライヤー

ピザグスト

オランダの家電 卓上ピザ窯

ヒャッキンのオランダ特集で紹介されていたグルメットはTREBS社の卓上ピザ窯でした。

オランダのAmazonと言われているBOLで販売価格を確認したところ、約1万円で販売されています。

お値段:€78,67=約10300円(€1=130円)

日本で買える卓上ピザ窯

日本のAmazonにも同じような商品がありますね。ちょっと高い?

小さめのオランダのピザ窯を日本に広めようとしている人がいた

どうせお金出すなら、こっちのピザ窯の方が本格的なピザが出来そうですが、卓上でわいわいやれるタイプではありません。というか、家電ですらない。

直火でおいしい本格ピザをご自宅で。
ドーム型ピザオーブン「バッケン」をご紹介!
オランダ PITEBA社のドーム型ピザオーブン「バッケン BAKKEN」が日本初上陸!

CAMPFIREで、台数限定で先行販売を開始!

薪を使った本格ピザ窯オーブン。
最大約500℃の強力な火力で「カリッ」と香ばしく、
「モチッ」っとしたピザがたった1分で焼きあがります

わずか45分で500℃に達する圧巻の火力。
外はカリカリ、中はふっくら絶妙な火加減

 

オランダの家電 卓上鉄板焼き

ヒャッキンのオランダ特集で紹介されていたグルメットはTREBS社製のホットプレートでした。ピザ窯と同じメーカーです。こちらも、オランダのAmazonと言われているBOLで販売価格を確認したところ、約1万円で販売されています。

お値段:€84=約11000円(€1=130円)

番組では本来フォンデュを温めるはずの容器に油を入れて揚げ物を調理していたのが印象的でした。また、個人用に小さなフライパンが用意されていて勝手に調理できるのも日本とは違い、日本人から見ると新鮮に見えるのだと思います。

オランダPrincess社のホットプレートがアツい

TREBAS社以外にもホットプレート(グルメット)を販売しているメーカは複数あり、T-falやオランダのPrincessというメーカーの卓上鉄板焼きの方がオランダでは一般的で売れています。

Princess社のホットプレートにも小さいパンが用意されていて、プレートで焼くのとは別に個々に調理できるようになっています。

嬉しいことにPrincess社は日本法人があり日本向けにおしゃれなホットプレートも販売しています。しかし、日本のサイトを見てもミニフライパン付きのホットプレートは取り扱いがなく、現時点では日本には展開されていないようです。

今回のヒャッキンのオランダ特集をきっかけに、日本にもマーケットがあるということになれば日本でも販売される可能性はありますから、期待したいです。

日本で買える卓上ホットプレート

日本のAmazonだとオランダメーカPrincesの高級なカッコいいホットプレートしかありませんね。

Princes社のものではありませんが、似たようなグルメット、ホットプレートがあります。

オランダの家電の電圧とコンセント

オランダ家電を日本に個人輸入したり、旅行の際に持ち帰ったりすれば日本でも使うことはできます。

実際問題、ドイツのAmazonで購入して配送先を日本にすることは可能ですし、BTWがかからないので表示金額よりも安く購入できます。

ただし、

オランダは電圧が230Vなので、100Vから230Vに昇圧する変圧器が必要で、さらにオランダのソケットはC型かF型なので変換コネクタも必要です。

オランダ人は家電をどこで買うか?

オランダにはAmazonがありません(正確に言うと書籍のみ販売)、代わりにBOLで買い物するのが普通です。書籍以外のものをAmazonで購入する場合は、ドイツのAmazon(オランダと電圧、コンセント共通のため)から購入します。

また、セントラムや郊外のショッピングモールに行けばMediaMarktやBCCなどの家電量販店があります。

オランダ人が利用するネットショッピングサイトランキング(2016)

  1. bol.com ::総合ショッピングサイト
  2. AliExpress  : 総合ショッピングサイト
  3. amazon : 総合ショッピングサイト
  4. wehkamp  :総合ショッピングサイト
  5. zaland  :ファッション
  6. ebay :総合ショッピングサイト
  7. IKEA  :家具
  8. MediaMarkt  :電化製品
  9. H&M  :ファッション
  10. Kruidvat  : ドラッグストア

参考オランダ人のネットショッピング購入先ランキング

オランダの家電はどこで個人輸入できる?

まとめ

オランダは電気代が安い(ガス代が高いだけ)ので調理を何でも電気でやるイメージがありますので、調理用機器も独自の発展を遂げているのかもしれません。

Phillipsのフライヤーも日本ではありがたがられているみたいですが、オランダでは一家に一台ある必需品です。

お湯は必ず電気ポットで沸かしますし、ゆで卵を作る家電とかもあったりして、電磁波大丈夫かいな?と思うぐらい調理器具は家電に頼っています。

オランダ人は合理的と言いますが、簡単に言うとケチなんです。

オランダは春と夏はみんな外でBBQしてますからあまり家の中でジュージューしてるイメージはありませんし、オランダ人は日照時間が短い冬は陰気になりますから、こんな面倒なことは家ではしないと思います。

オランダの家は日本と比べるとバカでかいですからこういう調理器具があっても邪魔になりませんが、日本だと年に数回しか使わないこの手の家電は邪魔なんじゃないでしょうか。