お問い合わせはコチラから

Contact form 7 の必須項目に入力しているのにエラーになる

サイト運営

先日、Contact form 7で必須項目を入力してるのに、エラーになる現象がありました。

他の人が作ったフォームをコピペして誰かが作ったもののようで、色々調査しながら原因を特定しました。

この記事では、Contact form 7の挙動が期待と違うときに確認すべきポイントをまとめておきます。

Contact form 7の挙動がおかしい時はidの重複を疑う

今回、必須項目に入力しているのに、入力していないというメッセージがでました。

今回の問題は、複数個所で同じidが使われていたために、Contact form 7のバリデーションの挙動がおかしくなったようです。

それを修正することで、バリデーションが正しく動くようになりました。

入力しているのに、未入力のエラーになるときは、項目のidを検索して、他に使われていないか確認しましょう。

Contact form 7の挙動がおかしい時はタイプの間違いを疑う

入力項目のtypeが期待と異なるものを指定していると入力フォーマットが合わないというエラーになります。

例としては、textなのにdateが指定されているとか。

フォーマット、型式のエラーになるときは、項目のタイプを確認しましょう。

まとめ

メールフォームは毎回一から作ることはあまりないので、コピペすることが多いです。

よくわかっていない人が、複雑なContact form 7のフォームからコピペして流用した場合、不整合が起きやすいので、上記を参考にしてください。

この記事が気に入ったら フォローしよう
最新情報をお届けします。
この記事を書いた人
ブーン

はるばる日本よりオランダ王国へやってまいりました。
自分の経験が少しでも参考になれば嬉しいです。
お問い合わせは、『こちら』からお願い致します。

\ブーンをフォロー/
スポンサーリンク
サイト運営
\シェアお願いします!/
\ブーンをフォロー/

失敗しないレンタルサーバーランキング

mixhost

不正アクセスに強くて使いやすいおススメサーバー
\本サイトで利用中/
メリット①:自動ウィルス駆除対応
メリット②:サイトの表示速度が速い!
メリット③:転送量の上限が多い!
メリット④:自由にプラン変更ができ、アクセス増にも対応できる!
メリット⑤:バックアップデータが無料で復元できる!
メリット⑥:Wordpressが簡単にインストールできる!
メリット⑦:どのプランでも初期費用が無料!
メリット⑧:10日間の無料お試し期間と30日の返金保証!

Conoha Wing

国内Wordpress最速の最強サーバー
メリット①:圧倒的な表示速度
メリット②:レンタルサーバーと独自ドメインがセットでお得◎
メリット③:プラン変更はすべてのプランで自由自在
メリット④:一か月の利用転送量の制限が緩い(9TB~)
メリット⑤:WordPresサイトの移行が簡単

エックスサーバー

国内シェアNo1の安定性と実績が魅力。ALL SSDで死角なしの万能サーバー。
メリット①:サイトの表示速度が安定して速い!
メリット②:アクセス負荷に強くて安定性が高い!
メリット③:24時間365日の充実サポートで安心!電話サポートもあり!
メリット④:転送量が多い!
メリット⑤:自動バックアップ機能付き!
メリット⑥:WordPressが簡単にインストールできる!
メリット⑦:10日の無料お試し期間がある!

オランダで生きていく
タイトルとURLをコピーしました