お問い合わせはコチラから

オランダ 数千人の命を奪う可能性のある実験

生活

「集団免疫」原則の信者:マーク・ラッテ首相(左)と彼の科学顧問、ライプ公衆衛生環境研究所のヤープ・ヴァン・ディスセル。 (写真:AFP)

集団免疫はワクチンが無い伝染病については効果がない、だからコロナウィルスに対しては有効ではないというのが世界的な見立てです。政府はそこまでバカではないので日本と同じく政治的な裏があると考える方が普通でしょうか。

オランダ 数千人の命を奪う可能性のある実験

  • オランダは、コロナ危機と戦うために、他のほとんどのヨーロッパ諸国とは異なるアプローチを取っています。
  • 政府は、「集団免疫」という考えに基づいて銀行を運営しています。これによれば、できるだけ多くの若くて健康な人が感染し、老人や以前の病気の人に一種の免疫保護を提供します。
  • WHOは、このアプローチは危険すぎると考えています。オランダでは、右翼の政治家が特に重要です。
  • それまでの間、政府は「集団免除」を目標として追求するのではなく、予見できる結果に過ぎないことを明らかにしました。

多くのオランダ人は、最近のハイリスク実験の不本意な参加者のように感じるかもしれません。彼らの政府はコロナウイルスと戦うという他の仕事とは異なる仕事をしているからです。「群れ」または「集団免疫」の理論を公式に遵守します。したがって、高齢者と弱者のための一種の「防護壁」を構築し、可能な限り隔離するために、人口の回復力のある部分を可能な限り広範囲に感染させる必要があります。「管理されたグループの免疫を構築しながら、ウイルスの拡散を遅らせることができます」とマーク・ラッテ首相は、月曜日の国民へのスピーチで述べました。ただし、感染曲線を可能な限り平坦に保つことが常に重要です。

集団免疫の概念はイギリスから来ており、英国政府の科学顧問であるパトリック・ヴァランスはそれを積極的に提唱しました。ボリス・ジョンソン首相も当初は彼にしがみついていたが、大規模な批判を受けて去った。一方、ルッテは、一般的な科学的意見としての考えを表しており、それはせいぜい彼の顧問の輪に当てはまります。最も強力な支持者は、Reich Institute for Public Health and the Environmentで最高のウイルス学者であるJaap van Disselです。「アイデアは、ウイルスが問題をほとんど抱えていない人々の間で制御された方法で拡散されることです」とヴァン・ディスセルはテレビで語った。

具体的な結果として、オランダは当初、近隣諸国よりも緩い措置を講じ、「ナッジ」にほぼ限定されていました。つまり、より頻繁に手を洗うよう訴えました。学校は最初は開いたままにしておく必要がありますが、政府は週末に批判を受けた後すぐに計画を破棄しなければなりませんでした。現在、この措置はより制限的であり、他の場所にまで及んでいます。100人以上が集まるべきではなく、バーやレストラン、美術館や多くの店が閉まっています。これは国際的な批判とも関係があるかもしれません。

回復した人が免疫があることはまだ証明されていません

世界保健機関は、このアプローチは危険だと考えています。まず、感染した患者は回復後に免疫があるという仮定に基づいています。これはまだ証明されていません。「我々はこのウイルスの論理について十分に知らない」とWHOの広報担当マーガレット・ハリスは述べた。一方、病院の状況は深刻な対策なしでは制御不能になる可能性があります。オランダの現在の人口は1,700万人で、1,000を超える集中治療室があります(ドイツには約28,000の集中治療室があります)。微生物学者のロエル・コウチーニョは、「イタリアの状況」が生じるかもしれないと警告しています。グループ免疫を構築するには、少なくとも60%が感染している必要があります。免疫学者はこれを使用して、40,000〜80,000のオランダのコロナの死者数を計算します。

群れの免除という考え方により、右翼のリベラルなルッテは、数ヶ月にわたる出国制限を回避したいが、何よりも危機の経済的コストを抑えることを望んでいる。これは、英国のように、より実用的で実用的であると考える国で高く評価されています。一部の高齢者を早死から救うための価格は非常に高いと、リスク専門家のイラク・ヘルスロートはフォルクスクラントで述べています。そして、それがより高価になれば、健康増進が比較的小さいという理由だけで、費用は便益よりも大きくなります。」

問題は政治的にも関連しています。他の政党の代表者はルッテを称賛し、公共メディアや主要新聞は驚くほど静かであるが、深刻な批判はイスラム教の批評家ゲルト・ワイルダースと国家主義者のティエリー・ボーデットの形で、右端からのみ来るからである。「集団免疫のめちゃくちゃ悪い考えですぐにやめなければならない」とワイルダーズは水曜日にツイートした。「それは多くの病気の人や死んだ人につながります。」

ボーデットはまた、悔い改めを促し、この国が「リーダーシップの危機」にあると見ています。しかし、気候変動の頑固な否定者として、それ以外の場合は独自の裁量で科学的権威を引用するような、不快な後味があり、疑わしい米国の専門家や自由なワシントンポストの記事を参照しています。あるいは、EUの撤退を求める超民族主義者としての彼が、「 集団免疫に前もってコミットし、したがって長期的には火の源であり続ける数少ない国の1つであるため、オランダは国際的に孤立する可能性がある」と警告する場合。

水曜日、ルッテは説明を強いられたと感じた。「集団免疫」は彼の政府の目標ではなかった、と彼は議会で言った。しかし、長期的には結果になる可能性があります。決して人々を感染させたいとは思わなかった。むしろ、彼らは「集中治療が多くの病人に対処できること、高齢者や脆弱な人々が保護されること」を確実にしたいのです。

「集団免疫」、本当に効果的なのか?

最初に集団免疫の理論を掲げたのは、英国政府首席科学顧問のパトリック・バランス氏だ。パトリック氏は13日、英スカイニュースのインタビューに応じた際に、「英国人の約60%が新型コロナウイルスに感染し、社会が未来の感染に対して集団免疫をつける」と述べた。パトリック氏の予測によると、英国の現在の人口が約6600万人であることから、4000万人が新型コロナウイルスに感染する計算になる。

集団免疫の概念は、感染症の予防・抑制で広く用いられている。オックスフォード大学の報告によると、集団免疫は感染性を持つ疾病のみに適用される。集団免疫を形成する上で重要になるのは、十分に多くの人が免疫力をつけることだ。

ところがオックスフォード大学は、大多数の人がワクチン接種を受けなければ効果を発揮しないと強調した。例えば20人中19人が麻疹ワクチンの接種を受ければ、接種を受けていない人を保護することができる。人々がワクチン接種を受けなければ、集団免疫は効果を失う。国連は2000年に米国から麻疹が消えたと発表したが、2019年に全米で流行した。これは接種を受ける人が減り、集団免疫の効果が失われたためだ。

首都医科大学の饒毅校長は14日に発表した文章の中で、集団免疫は完全に英国首相による「嘘」との観点を示した。饒氏によると、一部の人がワクチン接種を拒んだが、大多数の人が接種を受け免疫力をつけ、さらにウイルスが接種を受けていない人を見つけられなかった場合に感染が途絶え、「集団免疫現象」が生じる。ところが新型ウイルスが発生し、ワクチンが存在せず、先天的な免疫力を持つ人がごく一部であれば、ウイルス拡散を防止せず全国民をウイルスにさらしても集団免疫が生じることはない。少数の初めから抵抗力を持っている人だけでは、ワクチン接種により免疫力をつけた多くの人のようにウイルス拡散を防止することはできない。饒氏は、この措置は人類の基本的な医療の進歩を完全に否定していると批判した。「それならば我々はすべてのワクチンの努力を放棄すべきなのだろうか」

饒氏は、新型コロナウイルスの感染では無症状者及び多くの軽症者がいるが、そのいずれも他者にウイルスをうつすことが証明されており、「天然の障壁」を形成していないと指摘した。

中国疾病予防管理センターが発表したデータによると、新型コロナウイルス肺炎の軽症者が占める割合は約8割にのぼるが、北京湖北省支援医療チームの専門家は環球時報の記者に次のように話した。新型コロナウイルスは容態の変化が速いが、軽症者が直ちに治療を受けられなければ重症率・死亡率が大幅に上昇する。中国の新型肺炎の死亡率は現在3.9%でインフルエンザを大きく上回る。英国が強制的な隔離措置を講じず感染を放任すれば、3.9%よりも高い死亡率になる恐れがある。

香港大学微生物学科講座教授の袁国勇氏は15日、集団免疫は通常、疾病の死亡率が非常に低い場合に使用されるが、今回の死亡率は1−3%であるため、多くの高齢者もしくは慢性疾患の患者は感染後に入院しなければならないと指摘した。救急室、病室、ICUもパンクし、医療崩壊が生じうる。またこれは医師及び看護師の感染や死につながり、大きな恐慌を生む可能性がある。

タイトルとURLをコピーしました