お問い合わせはコチラから

WordPress5.8 ウィジェットブロックエディターを使わない方法

サイト運営

最近のWordpressのバージョンアップは変更内容が大きいのですが、設定から戻せるわけでもなくバージョンアップはなるべくしたくないという方が多いと思います。

WordPress 5.8 をチェックしています
WordPress5.8 Beta が 公開されました。 WordPress5.8 は 2021年7月20日に リリースされる予定なので いろいろチェックをしています。その中の WordPress5.8 で気がついたところを取り上げていきます。これから追加・変更があるかもですので、説明や画像等がリリース時と違う場合もあ...

WordPressの新しい機能のON/OFFはその後リリースされるプラグインで対応できることがほとんどです。

今回Wordpress5.8でウィジェットにブロックエディタが使えるようになりました。ウィジェット領域なんて最初に弄ったらあとはいじらないことがほとんどなので、Wordpress5.8以降にウィジェット領域の編集画面を開いて結構面食らってる人も多いと思います。

ちょっと弄りたいだけの人にとっては学習コストが高すぎます。

この記事では、WordPress5.8で導入されたウィジェットブロックエディターを使わずに従来の表示に戻す方法についてまとめています。

方法1:プラグインを使う

Classic widgetプラグインを使うと、WP5.8以前のウィジェットエリアの編集画面に戻すことができます。

ブロックエディタ以前のclassic editorに戻すプラグインがあるのと同じイメージです。

この方法のメリットは、機能のON/OFFがプラグイン管理画面の有効化、無効化で切り替えられる点だと思います。ノーコードなので一番安全でもあります。

Classic Widgets
Enables the previous "classic" widgets settings screens in Appearance - Widgets and the Customizer. Disables the block editor from managing widgets.

Classic Widgetsは、以前の(「クラシック」)WordPressウィジェット設定画面を復元するWordPressチームによって維持されている公式プラグインです。少なくとも2022年まで、または必要な限り、サポートおよび保守されます。

このプラグインをアクティブにすると、以前のウィジェット設定画面が復元され、ブロックエディターによるウィジェットの管理が無効になります。他の構成はありません。クラシックウィジェットの設定画面は、このプラグインを有効または無効にすることで有効または無効になります。

方法2:functions.phpに追加する

functions.phpに追加する方法は2通りあります。どちらでも好きな方を選べばいいです。

コード1

// Disables the block editor from managing widgets in the Gutenberg plugin.
add_filter( 'gutenberg_use_widgets_block_editor', '__return_false', 100 );
// Disables the block editor from managing widgets.
add_filter( 'use_widgets_block_editor', '__return_false' );

コード2

function disable_widget_block_editor() {
  remove_theme_support('widgets-block-editor');
}
add_action('after_setup_theme', 'disable_widget_block_editor');

まとめ

WordPress5.8になってブロックエディタは結構使いやすくなったと思いますが、何でもかんでもブロックエディタをゴリ押しされるのも苦痛ではあります。

そんな時はこの記事を思い出して、プラグインなりコード追加なりで対応してください。

タイトルとURLをコピーしました