【WordPress】ClassicエディターとGutenbergエディターの切り替え

サイト運営

Wordressが5.xになってGutenbergが標準のエディターに切り替わりました。ほとんどの人はClassicエディターのプラグインをインストールしてClassicエディターを使用していると思います。

私もそうです。

今ではそんなことはありませんが、最初のころはGutenbergとclassicエディターの切り替えが上手くできずに結構ストレスでした。

この記事では、Gutenbergとclassicエディターの切り替えの一番簡単な方法について説明します。

そもそもGutenberg(ブロックエディター)を使わない、使いたくない場合は以下の記事を参照ください。

Classic editorのプラグインをインストールします

WordPress 5.xになると4.xで使用していたエディターはプラグインになっていて、プラグインをインストールしないと使えなくなりました。

Classic Editor
Enables the previous "classic" editor and the old-style Edit Post screen with TinyMCE, Meta Boxes, etc. Supports all plugins that extend thi …

とりあえず、プラグインをインストールしておかないと何も始まりません。

過去記事を編集すると強制的にGutenbergエディターが立ち上がる

WordPress 5.xでは、記事を作成するときのデェフォルトのエディタを設定で選ぶことができます。

こんな感じです。

新規に作成する記事については、その設定が有効になるようです。

しかし、Wordpress 5.xに切り替わった後で初めて編集する過去記事ついてはGutenbergエディタが立ち上がり、ムキーッとなります。

そんなとき、右側を見ていくと、エディターを選ぶことができて、あーここで切り替えられるのか、と思って切り替えたりするわけですが、この方法はたまに表示されないこともあったりして、その時にはどうにもならなくなります。

一度、過去記事をClassicエディタで編集した後だと同じ記事を次に編集した時にもClassicエディタで立ち上がるようです。

過去記事一覧からエディターを選んで編集する

Gutenbergエディタが立ち上がってClassicエディターに切り替えられない時、そんなときは、落ち着いて投稿一覧へ進み、編集したい過去記事を探します。

そうすると、編集するエディタを選ぶことができるのでClassicエディタで編集を選ぶ方法を取っていました。

しかし、こんな不便なはずはないはずだ、とずっと思っていました。

Gutenbergブロックエディターが立ち上がったら

右側にプレビュー、公開、ギヤマークと並んで、3つドットが縦積みになっているメニューがあります。

それをクリックするとメニューが表示されます。

その中に、クラシックエディターに切り替えるという設定があります。

そこをクリックすればクラシックエディターに切り替わります。

めでたしめでたし

番外編 ブロックエディターへの戻し方

Classicエディターからブロックエディターに戻す方法は、編集画面の右側に切り替えるメニューがあります。

もし表示されない場合は、表示オプションでエディターに✓が入っているか確認してください。

まとめ

Gutenbergエディタが導入されてもClassicエディタのプラグインをインストールすれば、今までと変わらないはずだと多くの人は思っていたと思いますが、実際には過去記事を編集すると、Gutenbergが立ち上がっていい加減にしろと思ってる人も多いと思います。

今回ご紹介した方法でGutenberg(ブロックエディター)からクラシックエディタに切り替える方法を覚えれば慌てずに切り替えられると思います。

 

タイトルとURLをコピーしました