お問い合わせはコチラから

スマホ端末の画面サイズの調べ方【レスポンシブ】

サイト運営

先日、あるWebサイトをスマホで確認したときの話です。

画面サイズがほぼ同じ(と思っていた)iphoneとAndroidでWebサイトを確認すると、画面が大きなAndroid端末がiphoneSEで見た時と同じような表示になってしまっていました。

おそらく、Androidでは画面の横幅がiphone SE(width:320px)と同じようなサイズに見えているのだと思いましたが、自分の手元に端末が無いので確証が取れませんでした。

最終的には、問題が発生している端末であるサイトにアクセスしてもらい、Android端末の画面サイズがどのようにブラウザで認識されているか情報を表示させ、確認しました。

この記事では、手元にない端末の画面サイズがCSS上どのように認識されているか確認する方法をまとめておきたいと思います。

問題点:Android端末は情報が少ない

iphoneと違ってAndroid端末はいろんな種類があります。

困ったことにサムソン等の数が出ている端末であっても、型名を入れて検索しても画面サイズの情報が出てこないものが多いです。

Android端末は実際の端末が手元にないとレスポンシブの動作確認ができません。

検証方法:端末の情報を確認できるサイトにアクセスしてもらう

端末が手元にない時に、端末の画面サイズがいくつなのかを知りたいとします。

持っている本人に聞くのが一番いいですが、ふつうは知らないと思います。

その端末を持っている人に特定のサイトにアクセスしてもらって情報を吸い上げるのが一番確実です。

mydevice.io : web devices capabilities

まとめ

実機が手元になく、実機を持っている人が詳しくない場合、特定のサイトにアクセスしてもらって情報を吸い上げることで状況確認が容易にになりますよ、というお話でした。

javascriptで吸い上げられる情報かもしれませんが、そのようなコードを書くのも手間なので、あるものを使う方が賢いと思います。

この記事を書いた人
ブーン

はるばる日本よりオランダ王国へやってまいりました。
自分の経験が少しでも参考になれば嬉しいです。
お問い合わせは、『こちら』からお願い致します。

\ブーンをフォロー/
スポンサーリンク
サイト運営
\シェアお願いします!/
\ブーンをフォロー/
こんな記事も読まれています

失敗しないレンタルサーバーランキング

mixhost

不正アクセスに強くて使いやすいおススメサーバー
\本サイトで利用中/
メリット①:自動ウィルス駆除対応
メリット②:サイトの表示速度が速い!
メリット③:転送量の上限が多い!
メリット④:自由にプラン変更ができ、アクセス増にも対応できる!
メリット⑤:バックアップデータが無料で復元できる!
メリット⑥:Wordpressが簡単にインストールできる!
メリット⑦:どのプランでも初期費用が無料!
メリット⑧:10日間の無料お試し期間と30日の返金保証!

Conoha Wing

国内Wordpress最速の最強サーバー
メリット①:圧倒的な表示速度
メリット②:レンタルサーバーと独自ドメインがセットでお得◎
メリット③:プラン変更はすべてのプランで自由自在
メリット④:一か月の利用転送量の制限が緩い(9TB~)
メリット⑤:WordPresサイトの移行が簡単

エックスサーバー

国内シェアNo1の安定性と実績が魅力。ALL SSDで死角なしの万能サーバー。
メリット①:サイトの表示速度が安定して速い!
メリット②:アクセス負荷に強くて安定性が高い!
メリット③:24時間365日の充実サポートで安心!電話サポートもあり!
メリット④:転送量が多い!
メリット⑤:自動バックアップ機能付き!
メリット⑥:WordPressが簡単にインストールできる!
メリット⑦:10日の無料お試し期間がある!

オランダで生きていく
タイトルとURLをコピーしました