お問い合わせはコチラから

Classicエディタの記事を一括でブロックエディタの記事に変換する方法

サイト運営

WordPressの技術の移り変わりはとても早いです。

少し前まで(2019年ごろ)Classicエディタでゴリゴリ記事を書いていたのに、今ではブロックエディタが当たり前になっています。

Classicエディタでゴリゴリ大量に記事を書いているサイトをブロックエディタ対応のテーマに切り替える時に面倒なことがあります。

Classicエディタで書いた記事はクラシックブロックに変換されますが、個別のブロックに変換するにはページを開いて変換する必要があります。

それが嫌で、テーマを切り替えるのに躊躇している人も多いかもしれません。

この記事では、Classicエディタで書いた記事を一括でブロックエディタ型式に変換できるプラグインをご紹介します。

Classicエディタの記事を一括でブロック形式に変換したい

Classicエディタで書いた記事をいちいち開いて、クラシックブロックをブロックに変換するのは嫌すぎるし、編集しないからと言ってクラシックブロックのままにしておくのも嫌でした。

wp cliなどを使って一括変換する方法はないのか?と思って探してもありませんでした。

諦めていたところ、そのものずばりのプラグインがあることがわかりました。

Convert to Blocksプラグインが便利

Convert to Blocks
Convert to Blocks transforms classic editor content to blocks on-the-fly.

Convert to Blocksプラグインは、なぜかwp cliを使います。

wp cliを使えない場合はまず使えるようにしましょう。

プラグインをインストールして、以下のコマンドを入力します。

wp convert-to-blocks start

URLが表示されるのでそのURLをブラウザにコピペすれば変換が始まります。

ブラウザを自動的に操作しているような感じで1記事づつ開いて保存する作業が行われますので、見ていれば終わります。

全記事が対象なので、classicエディタの記事以外も一律処理されます。

まとめ

Convert to Blocksプラグインと言うものがあることにもっと早く気が付きたかった。

classicエディタの記事をすべてブロックに変換したい、しなければならない場合、sshが使えてwp cliも使える人であれば、Convert to Blocksプラグインを使うことを検討してみましょう。

この記事を書いた人
ブーン

はるばる日本よりオランダ王国へやってまいりました。
自分の経験が少しでも参考になれば嬉しいです。
お問い合わせは、『こちら』からお願い致します。

\ブーンをフォロー/
スポンサーリンク
サイト運営
\シェアお願いします!/
\ブーンをフォロー/
こんな記事も読まれています

失敗しないレンタルサーバーランキング

mixhost

不正アクセスに強くて使いやすいおススメサーバー
\本サイトで利用中/
メリット①:自動ウィルス駆除対応
メリット②:サイトの表示速度が速い!
メリット③:転送量の上限が多い!
メリット④:自由にプラン変更ができ、アクセス増にも対応できる!
メリット⑤:バックアップデータが無料で復元できる!
メリット⑥:Wordpressが簡単にインストールできる!
メリット⑦:どのプランでも初期費用が無料!
メリット⑧:10日間の無料お試し期間と30日の返金保証!

Conoha Wing

国内Wordpress最速の最強サーバー
メリット①:圧倒的な表示速度
メリット②:レンタルサーバーと独自ドメインがセットでお得◎
メリット③:プラン変更はすべてのプランで自由自在
メリット④:一か月の利用転送量の制限が緩い(9TB~)
メリット⑤:WordPresサイトの移行が簡単

エックスサーバー

国内シェアNo1の安定性と実績が魅力。ALL SSDで死角なしの万能サーバー。
メリット①:サイトの表示速度が安定して速い!
メリット②:アクセス負荷に強くて安定性が高い!
メリット③:24時間365日の充実サポートで安心!電話サポートもあり!
メリット④:転送量が多い!
メリット⑤:自動バックアップ機能付き!
メリット⑥:WordPressが簡単にインストールできる!
メリット⑦:10日の無料お試し期間がある!

オランダで生きていく
タイトルとURLをコピーしました