お問い合わせはコチラから

WordPressで500エラーが出た!そのデバッグ方法は?

サイト運営

WordPressをいじっていた時に500エラーが出て焦ることは多いと思います。そして500エラーの場合は画面に原因が表示されないので対処方法が全くわかりません。

WordPressが表示されない時は、.htaccessかPHP系のエラーです。

今回は.htaccessはおいておいて、PHP系のエラーの解析方法について説明したいと思います。

500エラーが出たら、php.iniのdisplay_errorsをONにすべし

500エラーがでて原因がわからない時は、ひとまず、php.iniでdisplay_errorsをONにしましょう。

といっても、直接php.iniをいじる必要は無くて、ほとんどのサーバー会社で管理画面からphp.iniを設定することができます。

Xserverでdisplay_errorsをONにする方法

ロリポップでdisplay_errorsをONにする方法

さくらインターネットでdisplay_errorsをONにする方法

display_errorsをONにすると、どのファイルでエラーが出ているのか画面に表示される

多くの場合、wp-config.phpの単純なエラー、コメント閉じ忘れなどが原因なので、ファイルを修正すると500エラーはなくなります。

まとめ

500エラーが出たら、display_errorsをONにするというのは覚えておいて損はないと思います。

この記事が気に入ったら フォローしよう
最新情報をお届けします。
この記事を書いた人
ブーン

はるばる日本よりオランダ王国へやってまいりました。
自分の経験が少しでも参考になれば嬉しいです。
お問い合わせは、『こちら』からお願い致します。

\ブーンをフォロー/
スポンサーリンク
サイト運営
\シェアお願いします!/
\ブーンをフォロー/

失敗しないレンタルサーバーランキング

mixhost

不正アクセスに強くて使いやすいおススメサーバー
\本サイトで利用中/
メリット①:自動ウィルス駆除対応
メリット②:サイトの表示速度が速い!
メリット③:転送量の上限が多い!
メリット④:自由にプラン変更ができ、アクセス増にも対応できる!
メリット⑤:バックアップデータが無料で復元できる!
メリット⑥:Wordpressが簡単にインストールできる!
メリット⑦:どのプランでも初期費用が無料!
メリット⑧:10日間の無料お試し期間と30日の返金保証!

Conoha Wing

国内Wordpress最速の最強サーバー
メリット①:圧倒的な表示速度
メリット②:レンタルサーバーと独自ドメインがセットでお得◎
メリット③:プラン変更はすべてのプランで自由自在
メリット④:一か月の利用転送量の制限が緩い(9TB~)
メリット⑤:WordPresサイトの移行が簡単

エックスサーバー

国内シェアNo1の安定性と実績が魅力。ALL SSDで死角なしの万能サーバー。
メリット①:サイトの表示速度が安定して速い!
メリット②:アクセス負荷に強くて安定性が高い!
メリット③:24時間365日の充実サポートで安心!電話サポートもあり!
メリット④:転送量が多い!
メリット⑤:自動バックアップ機能付き!
メリット⑥:WordPressが簡単にインストールできる!
メリット⑦:10日の無料お試し期間がある!

オランダで生きていく
タイトルとURLをコピーしました