お問い合わせはコチラから

無料ツールで記事を簡単にリライトする方法

IT

ネット上では記事のリライトツールというのが結構な高額で販売されているのを見かけます。リライトツールというのは、サイトの記事作成の時間を短縮するためのものです。なぜ、短縮できるかと言えば、他のサイトの記事をパクってきて、一度リライトツールをかませることで、その痕跡がある程度消せるからです。

実は、ネットで無料で使えるツールを使うとリライト出来てしまうのはご存知でしょうか?

この記事ではネットで無料で使えるツールを使ったリライト方法をご紹介します。

無料ツールでリライトをする手順

①リライトしたいテキストをコピー

リライトしたいテキストをWindowsならCtrl+Cでコピーします。

②Google翻訳で英語に変換

  1. Google翻訳を立ち上げて、先ほどコピーしたテキストをコピペします。
  2. 翻訳元の言語を日本語にします。(①)
  3. 翻訳先の言語を英語にします。(②)
  4. 翻訳を実行します。

翻訳結果として、英語の文章が得られます。

③翻訳結果を再び日本語に変換

先ほどの翻訳結果の英語の文章を再び日本語に変換します。

この時、Google翻訳を使うと簡単ですが、別の翻訳ツールを使うとオリジナリティが増します。

Google翻訳を使う場合

手順は簡単です。

真ん中にある⇔の矢印(③)をクリックすることで翻訳結果を翻訳元にコピーできます。

自動的に言語が検出されて英語と日本語になります。

DeepLを使う場合

Google翻訳よりも優れていると噂のDeepLを使うこともできます。

手順は、英語の翻訳をコピペして、日本語に変換するだけです。

リライト結果

Wikipediaのオランダのページをもとに、一部をリライトしてみた結果です。

リライト後の方が言い回しが変わっているせいか全体の文字数が増えています。

リライト前(Wikipedia)

独立から18世紀
元来、現在のベネルクス地方は神聖ローマ帝国の領域の一部で、毛織物産業や海上貿易により栄えていた。15世紀末からスペインを本拠とするハプスブルク家の領土(家領)となった。宗主国スペインによる重税政策に対する反発とともに、主に現在のオランダ地域を中心とするネーデルランド北部地方の宗教は利潤追求を求めるカルヴァン派が多数を占めていたため、カトリックを強制する宗主国スペインとの間で1568年にオランダ独立戦争が勃発した。しかし、戦争の長期化により、カトリック教徒の多かった南部10州(現在のベルギーとルクセンブルク)は、独立戦争から脱落した。この八十年戦争の結果、1648年のヴェストファーレン条約で独立を承認された。

17世紀初頭以来、ネーデルラント連邦共和国は東インドを侵略してポルトガルから香料貿易を奪い、オランダ海上帝国を築いて黄金時代を迎えた。英蘭戦争に重なってオランダ侵略戦争がおこり、本土へ災禍をもたらした。しかしウィレム3世総督時代に、ルイ14世の出したフォンテーヌブローの勅令が中産ユグノーを共和国へ大挙亡命させた。彼らの力により、独立戦争からすでに卓越していた繊維・染料産業がさらに進歩した。くわえデルフトの陶器とアムステルダムのダイヤモンド加工も世界に知られた。ウィレム3世は名誉革命でイギリスへ渡った。

フランス革命が勃発すると、革命軍が侵入しバタヴィア共和国が成立した。バタヴィアは1806年、ナポレオンの弟ルイ・ボナパルトを国王とするホラント(オランダ)王国に変えられた。さらに1810年フランスの直轄領として併合された。

リライト後(Google翻訳)

独立から18世紀
もともと、現在のベネルクス地域は神聖ローマ帝国の領土の一部であり、羊毛産業と海事貿易を通じて繁栄しました。 15世紀の終わりから、それはスペインに拠点を置くハプスブルク家の領土(家族の領土)になりました。宗主国スペインによる重い税制への反対に加えて、オランダ北部、主に現在のオランダ地域の宗教は、利益を求めるカルヴァン主義者によって支配されていたため、1568年に宗主国スペインでカトリックを強制しました。オランダ独立戦争が勃発しました。しかし、戦争が長引いたため、多くのカトリック教徒がいた南部の10州(現在はベルギーとルクセンブルグ)は独立戦争から脱落しました。この80年間の戦争の結果、独立は1648年にヴェストファーレン条約によって承認されました。

17世紀初頭以来、オランダ共和国は東インド諸島に侵攻し、ポルトガルから香辛料貿易を奪い、黄金時代に入るオランダ帝国を築き上げてきました。英蘭戦争に続いてオランダで侵略戦争が起こり、本土で災害が発生しました。しかし、ウィレム3世知事の時代、ルイ14世が発行したフォンテーヌブローの勅令は、中年のユグノーを共和国に追放しました。彼らの力は、独立戦争からすでに際立っていた繊維および染料産業をさらに前進させました。さらに、デルフト陶器とアムステルダムのダイヤモンド加工も世界に知られていました。ウィリアム3世は名誉革命でイギリスに行きました。

フランス革命が勃発すると、革命軍が侵攻し、バタヴィア共和国が設立されました。バタビアは1806年にオランダ王国に変身し、ナポレオンの弟ルイボナパルトが王になりました。 1810年に、それはフランスの直接の管理下で併合されました。

リライト後(DeepL)

十八世紀
もともと現在のベネルクス地方は神聖ローマ帝国の領土の一部であり、毛織物産業や海上貿易で栄えましたが、15世紀末からはスペインを本拠地とするハプスブルク家の領土(家族領)となりました。15世紀末からはスペインを本拠地とするハプスブルク家の領土(家族領)となりました。宗主国スペインによる重税政策への反対とともに、現在のオランダ北部を中心とした北部の宗教は、利益を求めるカルヴァン派が支配していたため、1568年には宗主国スペインとの間でカトリック教を強要した。オランダ独立戦争が勃発した。しかし、戦争が長引いたため、カトリック教徒が多かった南方10州(現在のベルギー、ルクセンブルク)は独立戦争から脱落した。この80年戦争の結果、1648年のウェストファリア条約で独立が承認されました。

17世紀初頭以降、オランダ共和国は東インド諸島を侵略し、ポルトガルから香辛料貿易を奪い、オランダ帝国を築いて黄金時代を迎えました。その後、アングロ・オランダ戦争を経てオランダに侵略戦争が起こり、オランダ本土に災害をもたらした。しかし、総督ウィレム3世の時代に、ルイ14世が発布したフォンテーヌブローの勅令により、中年のユグノーたちは共和国に追放されました。彼らの力は、独立戦争からすでに傑出していた繊維・染色産業をさらに発展させました。また、デルフトの陶器やアムステルダムのダイヤモンド加工も世界に知られるようになった。ウィリアム3世は栄光の革命で渡英。

フランス革命が勃発すると、革命軍が侵攻し、バタビア共和国が成立した。バタビアは、ナポレオンの弟ルイ・ボナパルトを王として、1806年にオランダ王国に改称されました。1810年には、フランスの直轄下に併合された。

まとめ

無料で使えるリライトツールとして、Google翻訳を使った超簡単リライト方法をご紹介しました。

結果を見ると、元の文章がわからないぐらいリライトできているとは言えず、細かい言い回しが変わっているだけです。結果をそのまま使うことは無理そうですが、そこから人間がリライトすれば真面目にリライトするより速くなるのは間違いありません。

Google翻訳のみを使った場合と比べて、DeepLを使った方がリライトされている量が多い気がします。また、文章も読みやすいです。

この方法は一度に使えるのが5000文字までという制限がありますが、5000文字を超えることは稀でしょう。超えてしまう場合は分けて実行すればいいだけです。

タイトルとURLをコピーしました