お問い合わせはコチラから

特定のIPアドレスだけWAFを除外する方法

サイト運営

ロリポップやさくらインターネットはWAFが有効になっています。その影響で、phpなどのファイルを管理画面から変更した後に保存できない現象が起きやすいです。

WAFなんていらねーよ、と思いつつ、すべてOFFにしてしまうのはマズイということで、Site Guardなどで除外ルールを適用する訳です。

Site Guardはさくらインターネットやロリポップで標準インストールされているプラグインですが、控えめに言ってもマストアイテムだと思います。

逐一除外ルールを設定するのは結構面倒なので、自分のIPアドレスだけWAFを除外する方法が無いのか調べました。

SiteGuardで特定のIPアドレスだけWAFを除外する方法

.htaccessに以下の記述を追加すればOKです。IPアドレスは自分のIPアドレスに変更します。

<IfModule mod_siteguard.c>
  SiteGuard_User_ExcludeSig ip(111.111.111.111)
</IfModule>

IPアドレスの調べ方

以下のサイトにアクセスすると自分のIPアドレスが表示されます。

まとめ

さくらインターネットとロリポップを使っていると必ず悩まされるWAFを特定のIPアドレスだけ無効にする設定方法をご紹介しました。

海外だとISP経由のIPアドレスが固定の様なので、この方法でも全く問題なく使えました。

この記事が気に入ったら フォローしよう
最新情報をお届けします。
この記事を書いた人
ブーン

はるばる日本よりオランダ王国へやってまいりました。
自分の経験が少しでも参考になれば嬉しいです。
お問い合わせは、『こちら』からお願い致します。

\ブーンをフォロー/
スポンサーリンク
サイト運営
\シェアお願いします!/
\ブーンをフォロー/

失敗しないレンタルサーバーランキング

mixhost

不正アクセスに強くて使いやすいおススメサーバー
\本サイトで利用中/
メリット①:自動ウィルス駆除対応
メリット②:サイトの表示速度が速い!
メリット③:転送量の上限が多い!
メリット④:自由にプラン変更ができ、アクセス増にも対応できる!
メリット⑤:バックアップデータが無料で復元できる!
メリット⑥:Wordpressが簡単にインストールできる!
メリット⑦:どのプランでも初期費用が無料!
メリット⑧:10日間の無料お試し期間と30日の返金保証!

Conoha Wing

国内Wordpress最速の最強サーバー
メリット①:圧倒的な表示速度
メリット②:レンタルサーバーと独自ドメインがセットでお得◎
メリット③:プラン変更はすべてのプランで自由自在
メリット④:一か月の利用転送量の制限が緩い(9TB~)
メリット⑤:WordPresサイトの移行が簡単

エックスサーバー

国内シェアNo1の安定性と実績が魅力。ALL SSDで死角なしの万能サーバー。
メリット①:サイトの表示速度が安定して速い!
メリット②:アクセス負荷に強くて安定性が高い!
メリット③:24時間365日の充実サポートで安心!電話サポートもあり!
メリット④:転送量が多い!
メリット⑤:自動バックアップ機能付き!
メリット⑥:WordPressが簡単にインストールできる!
メリット⑦:10日の無料お試し期間がある!

オランダで生きていく
タイトルとURLをコピーしました