お問い合わせはコチラから

ムームーDNSで外部DNS認証する方法

サイト運営

先日、ロリポップ⇒Xserverへのサーバー移転を実施する際に、ネームサーバーを切り替えずにSSL化を実施する必要がありました。

Xserverで事前認証する手順は公式ページにあります。

無料独自SSL設定 | レンタルサーバーならエックスサーバー
レンタルサーバー「エックスサーバー」のご利用マニュアル|無料・無制限に利用可能な独自SSL「無料独自SSL」の設定手順に関するご案内です。

ネームサーバーを切り替えずにSSL化するためには、下記2つのどちらかで行うことになります。

  • 外部サーバーでのWeb認証
  • 外部ネームサーバーでのDNS認証

外部サーバーでのWeb認証というのは移転元のサーバーにファイルを設置して認証するタイプなのですが、ほとんどうまくいかないです。

なので、通常は外部ネームサーバーでのDNS認証で対応します。

ネームサーバーを切り替えずにSSL化するほかの方法については以下の記事が参考になります。

ムームーDNSで外部DNS認証する方法

ムームDNSのDNSレコードにTXTレコードを2つ追加すればいいはずです。

ただ、GMOのサービス(ロリポップなど)を使っていると、ムームーDNSのDNSレコードが見えないのでどこを編集していいのかわかりませんでした。

ムームードメインでムームーDNSのDNSレコードの編集方法

公式の情報を見ても、レコードを追加する方法はわかりますが、そのまま追加してもとのDNSレコードが削除されないのかどうか確信が持てませんでした。

カスタム設定のセットアップ方法
カスタム設定のセットアップ方法についてご説明いたします。 カスタム設定は、ムームーDNSをより詳細に設定できるサービスです。 弊社サービス以外に、当サービスで管理しているドメインを割り当てたい、ホームページとメールを別々のサービスで使いたい、という時に利用します。 1. コントロールパネルにログインする まずは 【 コ...

設定2:外部ネームサーバーでのDNS認証用にTXTレコードを2つ追加する

カスタム設定の設定2を使います。

Xserverで表示された2つのTXTレコードを追加します。

サブドメイン列には、

_acme-challenge

_acme-challenge.www

だけを入力して、

内容列には

所定の内容を入力します。

入力例

設定2でDNSレコードを追加しても設定1への影響はない

設定1でロリポップを選択している場合、そのためのDNSレコードがあるはずですが、直接編集できません。

設定2でDNSレコードを追加できるのですが、設定1への追加であれば設定2が影響することはありません。

まとめ

この記事では、ムームーDNS使用サイト(ロリポップ)からXserverへサーバーにサーバー変更時に、ネームサーバーを切り替えずにSSL化を実施する手順をご紹介しました。

サイト移転は失敗が許されないこともありますので、参考にしてみてください。

タイトルとURLをコピーしました