お問い合わせはコチラから

AMP化の正しいやめ方、301/302 リダイレクトをまとめて設定する方法

サイト運営

このサイトが使用しているWordpressテーマでAMP対応をするかしないかちょっと迷っています。AMP化で少なからずエラーも出ますから、エラー修正しきれない間にGoogle様にインデックスされてしまうと、崩れたサイトに飛んでしまいます。

AMP対応は大変だから、やっぱりAMPやめる!となった時に結構なページが既にインデックスされていて、AMPを切ると、404エラーになってしまいます。

AMPの正しいやめ方、つまり、404エラーが出ない方法はどうしたらよいのか調べました。

AMPって何?それ美味しいの?という方にはこの記事は関係ありません。

AMPをやめるには?

AMPのやめ方はGoogleにドキュメントが用意されています。

私のようなパンピーにはムズいので、優秀な方がこの内容を日本語で書いてくれています。

【方法1】Google 検索から AMP ページを削除

この方法を使うと、検索ユーザーにエラーを発生させることなく AMP ページが検索結果に表示されるのを止めることができます。

  1. 正規ページ (rel="canonical" で指定しているページ) の HTML コードから、rel="amphtml" を削除する
  2. AMP ページの URL を、対応する正規ページの URL に 301 リダイレクトまたは 302 リダイレクトする
  3. AMP ページがなくなったことを次のようにして確かめる
    • Google 検索して AMP ページが検索結果に表示されなくなっていることを確認する
    • Search Console の AMP レポートで AMP ページが減っていることを確認する

AMP を削除することを決めた場合には、この方法を使うことを Google は推奨しています。

AMP をもうやめる場合は、rel="amphtml" を単に取り除いただけでは、AMP ページの URL にアクセスすると 404 になってしまいます。
したがって、リダイレクトを忘れずに設定しましょう。

AMP ページは残しておいてもいいし、削除しても構いません。
リダイレクトしているので関係ありません。

引用元:https://www.suzukikenichi.com/blog/how-to-remove-amp-content-from-google-search/

まだ、難しいですね。。。。英語以前の問題でした。

AMPをやめる手順

正規ページ (rel="canonical" で指定しているページ) の HTML コードから、rel="amphtml" を削除する

テンプレート(テーマ)またはプラグインでAMP機能を有効にしてあれば、ampページアドレスは通常ページのメタ情報として内に記載されています。

<link <span class="html-attribute-name">rel</span>=”<span class="html-attribute-value">amphtml</span>” <span class="html-attribute-name">href</span>=”https://ページURL/amp”>

ということなので、meta情報を出力しないようにするには、テーマ側でAMP有効化をOFFにすればよいということになります。

自分でONにしたのだから、OFFの仕方もわかるだろうという話です。

AMP ページの URL を、対応する正規ページの URL に 301 リダイレクトまたは 302 リダイレクトする

この正規ページってのが、結局、”/amp”つきのURLになりますので、それを”/amp”なしに飛ばしてやればよいと。

そのためには、.htaccessでそうなるように、リダイレクトすれば良さそうです。

その例としては、次のようにすると上手く行きました。

Note:/ampだけじゃなく、/amp/でindexされているケースもあるようなので、RewriteRuleを修正しました。

RewriteEngine On
RewriteBase /
RewriteRule ^(.*)/amp/?$ $1 [R=301,L]

302にすると、AMPのインデックスがGoogle上残ってしまうそうです。301にするといずれampのインデックスは削除される。

どちらがよいかで、切り替えればよいと思いますが、amp移行中であれば302、ampもうやめたなら301でよいのではないでしょうか。

ampをやめるのであれば、リダイレクトはそのまま残しておいても問題ないと思いますが、Googleサーチコンソールでampページのindex状況を確認しながら、index数が0になったら外したらいいんじゃないでしょうか。

amp化の途中であれば、ampエラーが出ない状況で、自分が満足する状況になったのならばリダイレクトを外していけばよいのかと思います。

まとめ

AMPのやり方の記事はよく見かけるのですが、それに乗せられてAMP化しようと思ったけどなんかGoogleがインデックスしちゃって困ったなーという時の方法でした。

この記事が気に入ったら フォローしよう
最新情報をお届けします。
この記事を書いた人
ブーン

はるばる日本よりオランダ王国へやってまいりました。
自分の経験が少しでも参考になれば嬉しいです。
お問い合わせは、『こちら』からお願い致します。

\ブーンをフォロー/
スポンサーリンク
サイト運営
\シェアお願いします!/
\ブーンをフォロー/

失敗しないレンタルサーバーランキング

mixhost

不正アクセスに強くて使いやすいおススメサーバー
\本サイトで利用中/
メリット①:自動ウィルス駆除対応
メリット②:サイトの表示速度が速い!
メリット③:転送量の上限が多い!
メリット④:自由にプラン変更ができ、アクセス増にも対応できる!
メリット⑤:バックアップデータが無料で復元できる!
メリット⑥:Wordpressが簡単にインストールできる!
メリット⑦:どのプランでも初期費用が無料!
メリット⑧:10日間の無料お試し期間と30日の返金保証!

Conoha Wing

国内Wordpress最速の最強サーバー
メリット①:圧倒的な表示速度
メリット②:レンタルサーバーと独自ドメインがセットでお得◎
メリット③:プラン変更はすべてのプランで自由自在
メリット④:一か月の利用転送量の制限が緩い(9TB~)
メリット⑤:WordPresサイトの移行が簡単

エックスサーバー

国内シェアNo1の安定性と実績が魅力。ALL SSDで死角なしの万能サーバー。
メリット①:サイトの表示速度が安定して速い!
メリット②:アクセス負荷に強くて安定性が高い!
メリット③:24時間365日の充実サポートで安心!電話サポートもあり!
メリット④:転送量が多い!
メリット⑤:自動バックアップ機能付き!
メリット⑥:WordPressが簡単にインストールできる!
メリット⑦:10日の無料お試し期間がある!

オランダで生きていく
タイトルとURLをコピーしました