お問い合わせはコチラから

【2021年】Youtubeの広告を安全かつ簡単にブロックする方法【ストレスフリー】

IT

ほとんどのYoutube動画には広告がついています。ある程度の広告は仕方ないと思いますが、なかには、広告だらけという動画もあります。

広告だらけの動画を視聴するのはとてもストレスです

Youtubeプレミアムに登録すれば広告は無くなるようですが、出来れば登録せずに広告をカットできれば一番いいです。

この記事では、Youtube広告をカットしてストレスなく安全に視聴する方法をまとめています。

PCのYoutubeはブラウザで広告ブロックできる

ほとんどのPCユーザーはブラウザとしてchromeを使っていると思います。

chromeは様々な拡張機能をストアからインストールできます。

ストアの拡張機能のなかには、広告をブロックする拡張機能もあって、それを使うとYoutubeの広告や、広告だらけのサイトで広告をブロックしてくれるようになります。

uBlock Origin

一番おススメな広告ブロック拡張機能は、uBlock Originです。

以下のリンクから、chromeにインストールできます。

広告ブロッカーにはマルウェアもあるので注意

Chromeの機能拡張にはマルウェアも含まれています。今まで大丈夫だったのに急にマルウェアになってしまうケースもあり、過去の記事を見ているとマルウェアをつかまされることもあります。

uBlock Originはオープンソースでソースコードが公開されていますので安心して使えます。

インストール後の設定

chromeの拡張機能としてuBlock Originが有効になっていれば、UOというアイコンがあるはずです。

Youtubeの広告ブロックに関しては特に設定は必要ないです。

uBlock Originのブロックで正常にサイト表示できない場合は?

uBlock Originを導入することで、サイトが正常に動かないケースもあるかもしれません。

そういう時は、UOアイコンを右クリックすると『オプション』という項目がありますので、そちらからオプション画面を表示します。

次に、『信頼済みサイト』にドメイン名を追加すれば、uBlock Originの機能はOFFになります。

uBlock Originを入れると快適に閲覧できるサイト

Youtubeだけでなく動画系のサイトでは、広告をブロックすることで通常のサイトのように閲覧できるようになります。

スマホで広告をブロックする

スマホで広告をブロックする場合、アプリは大きく2通りあります。

スマホで広告をブロックするアプリの分類
  • ブラウザ広告だけを対象にするタイプ
  • VPNを使うタイプ

VPNを使うタイプは、アプリ内広告もブロックできるので魅力的ですが、VPNはそもそも無料で使えないのが当たり前なので導入しにくいです。

PCのchromeの拡張機能のようにブラウザで表示される広告をブロックしてくれるアプリの方が手軽でおススメです。しかし、ブラウザのみの広告をブロックするアプリはSafariしか対応していないので、Chromeでブロックしたい場合にはVPNタイプのアプリが必要です。

280blocker : コンテンツブロッカー280

日本人が作成している有料appです。

500円ですが、買い切りなので良心的だと思います。

AdFilter – 広告ブロック

日本人が作成している有料appです。

こちらは無料で使えるので試しやすいです。

Youtube広告をブロックするとYoutubeが有料化する?

Youtubeは広告収入で運用されていますので、利用者全員が広告をブロックしたらYoutubeが完全に有料化するのではないか?という話をちらほら見かけます。

私の個人的な意見では、Youtubeの完全有料化はあり得ないと思います。

もしあるとすれば、広告をブロックしている人は動画を閲覧できないという処理をしてくるだけだと思います。

まとめ

サイトにアクセスした時に広告だらけでまともに閲覧できないサイトでも、uBlock Originは広告を根こそぎブロックしてくれるので、一度使い始めると元には戻れません。

Youtubeの広告は綺麗にカットしてくれるので、とても便利です。スマホアプリのYoutubeでは今回の方法は使えませんが、PCでyoutubeを閲覧している時だけでも広告をブロックするとQOLは改善します。

タイトルとURLをコピーしました