WordPressでPHPファイルが管理画面から更新できなくなった時の対処方法

いつのことからだろうか?

「致命的なエラーをチェックするためにサイトと通信できないため、PHP の変更は取り消されました。SFTP を使うなど、他の手段で PHP ファイルの変更をアップロードする必要があります。」

と言うメッセージでWordpressの管理画面からfunction.phpをはじめとして拡張子が.phpのファイルが更新できなくなった。

このメッセージはなぜ出るの?

このメッセージを検索すると原因ははっきりしていて、Wordpress4.9から追加された機能がメッセージを出すそうだ。

私が管理しているサイトにも、最近この忌々しいメッセージが表示されるようになった。しかし、表示されるようになったのはWordpress5.1あたりからで4.9の頃にはメッセージは出なかった。

例の「致命的なエラーをチェックするためにサイトと通信できないため、PHP の変更は取り消されました。SFTP を使うなど、他の手段で PHP ファイルの変更をアップロードする必要があります。」が出る要因としてネットでよく書かれているのは、WAFの影響を疑えというのが主流です。

しかし、私のサーバーはWAFの機能はありませんのでWAF影響説は関係なし、さらにWordpress4.9の時には問題のメッセージは出ていなかったので、なんか後天的に作り込んでいるという可能性が高い。

別のメッセージのパタンもある

実は、function.phpが保存できないもう一つのサーバーがあり、そのサーバーには今回とは別のメッセージが表示されていた。

「何かうまくいかなかったようです。変更が保存されていないかもしれません。手動で修正し、FTP 経由でファイルをアップロードすることもできます。」

この問題は、プラグインが原因でメッセージが表示されていたということを以下の記事でまとめている。

今回も、もしやプラグインが悪さしている?

と思って、ひとつづつ停止にしていくと、なんと普通に更新⇒保存できるようになりました。

じゃぁ、どれが原因のプラグインなの?と思って、今度はひとつづつ有効化していく。

全て有効化しても正常に保存できる状態でした。

なんで??

と思いましたが、おそらくプラグインが何らかの悪さをしていたのだと思います。結局、どのプラグインが悪かったのかは特定できず。

また同じ現象が起きたら、同じようにプラグインをひとつづつ停止して有効化するという方法で解決できそうだという見込みは立ったので良しとしたいと思います。

WordPress4.9からメッセージが表示されて消えない人は?

まじめに、Wordpress4.9から「致命的なエラーをチェックするためにサイトと通信できないため、PHP の変更は取り消されました。SFTP を使うなど、他の手段で PHP ファイルの変更をアップロードする必要があります。」と言うメッセージに悩まされている人は、以下の記事を参考に修正されたらよろしいかと思います。コア本体の修正なのであまりお勧めは出来ませんが。

致命的なエラーをチェックするためにサイトと通信できないため、PHPの変更は取り消されました。 | WordPress | GAROP.NET

まとめ

WordPressのテーマ編集機能は、使えなくなるとその偉大さに気が付くわけです。ご丁寧に表示されるメッセージを見て、いちいちFTPなんてしてられるかよ、というのが皆さんの意見だと思います。

すくなくともWordpress4.9以降にメッセージが急に表示された場合は、プラグインの影響を疑った方が良いでしょう。とりあえず片っ端から停止していけば問題が解決する可能性は高いと思います。もし、とてもメジャーなプラグインしか導入していなくても一度試してみるとスッキリさわやかな感じになると思います。

 

タイトルとURLをコピーしました