オランダの医師 体外受精に無断で自分の精子 49人出産

ニュース

『オランダ人医師のヤン・カルバートが体外受精に無断で自分の精子を使用し49人出産』というニュースが日本でも流れています。

時系列で言うと、

  • カルバート氏とドナーの子供の顔があまりにも似ているとの疑惑あり
  • 問題を起こしたカルバート氏は2017年4月、89歳で亡くなった
  • 死後約1カ月後、カルバート氏の治療で出産した22人と、その親11人がDNA型鑑定を求めて裁判所に訴えた
  • カルバート氏の遺族の代理人と務める弁護士が「故人と遺族のプライバシーの尊厳が守られるべき」と鑑定に激しく反発
  • 裁判所も当初、「(疑惑を裏付ける)十分な証拠がない」として鑑定を認めなかったが、カルバート氏のDNAを収集することは認め、歯ブラシなど計27の私物から採取された。
  • DNA検査の結果が出て疑惑が事実になった
  • ヤン・カルバートは、少なくとも82人の子供の生物学的父親

というニュースです。

既婚者の不妊治療ですから患者にはパートナーがいるわけで、本来ならパートナーの精子を使うはずだし、使って欲しかったはずです。カルバート氏が勝手にパートナーの精子の代わりに自分の精子を治療に使用したということになります。

簡単に言うと鬼畜医師ですね。

ヤン・カルバートとは?

ヤン・カルバート

Jan Karbaat(Rijswijk、1927年9月18日 – Barendrecht、2017年4月11日)は、ドナーシードによる人工授精を専門とするオランダの医師(KID)です。彼は自分の精子を規則に反して定期的に寄付することで最もよく知られるようになり、71人のドナーの子供を含む少なくとも82人の子供の生物学的父親になりました。

人生の流れ

Karbaatはレイスウェイクの農家で生まれました。彼は6人の子供の中で最も年上でした。カルバートは医者として訓練されました。彼が彼の最初の妻と息子と一緒にスリナムに引っ越したとき、彼は彼が軍事医療サービスのディレクターになったときに不妊治療に興味を持つようになりました。5年後、彼はオランダに戻った。1964年に彼はスリナムとその家族の部隊の職員に関する社会医学的反省に関する博士号を取得した。 1965年Karbaatは、中医官としての仕事を見つけ南病院でロッテルダム。彼は自分の精子クリニックを経営した。IVF当時は存在していなかったので、生物学的経路を超えて女性が妊娠する唯一の方法は精子の授精でした。1973年に、彼はカントリーハウスBijdorpを買いました。Zuiderziekenhuisから出発した後、彼はそこにMedical Center Bijdorpをオープンしました。Bijdorpはオランダ最大の精子クリニックに成長しました。1984年に彼はHoensbroekに De Dem Medical Centerをオープンしました。

Karbaatは、ドナーの種をオランダや海外のさまざまな診療所に配布しました。何人の子供が生まれたのかはわかりません。彼自身が6000人の女性と1万人から4万人のドナーの子供たちについて話しました。 2004年まで、精子提供者は匿名のままでいられていた。その後、子供の権利は、彼または彼女の生物学的親が誰であるかを知るための中心となりました。

ドナーの子供たち

健康の視察団は、彼らがための要件を満たしていなかったため、2009年1月1日につきクリニックKarbaatを閉じWVKLの -recognitionを。その後の数年で、ますますクリニックでの虐待について知られるようになりました。例えば、Karbaatが母親に同じドナーの種を2回授精したと言っていたにもかかわらず、完全な兄弟姉妹ではないことがわかった同じ母親の子供たちがいました。ドナーパスポートのデータも不正確であることが判明した。例えば、ドナーが白人の子孫であると両親に言われたにもかかわらず、200人の子供が、Asperger症候群のあるスリナム人の子孫の精子で妊娠していました。さらに、寄付者は6人以下の子供を持つべきではないと規定した指令は無視されました。

Karbaatは2011年にドナーの子供に女性を授精するために彼自身の精子を使ったと言ったと言われています。しかし、彼はDNA研究への協力を拒んだ。次の年に、Karbaatの(可能な)子孫を持つグループは急速に成長しました。Karbaatとの強い外見上の類似性が時々気づかれ、Karbaatの子供たちが互いに関連しているかどうかをテストすることが可能でした。

2017年6月、ロッテルダム裁判所は、23人のドナーの子供たちが当時死んだKarbaatの27人の所持品をDNA検査に使用することを認められたと判決しました。このように、彼らは彼らの疑いは、彼らが実際にKarbaatが降りているかどうかを確認すること見ることができました。試用期間中、正当な息子がFiom DNAデータベースに報告したことが発表されました。彼は、ドナーの子供たちが彼らの出身者を知る権利を持っていると考えました。彼の遺伝物質はJan Karbaatの死後にしか使用できなかった。その研究は、確かさに接する可能性がある少なくとも19人のドナーの子供たちがカーバートから降りたことを示しました。

カーバートの死後、彼のDNAを持つカルバートからの個人的な物の多くが押収されました。裁判官は彼のDNA資料が疑われるドナーの子供たちのものと比較されることを許可した。2019年4月には、すでに知られている22人のドナーの子供たちのほかに、さらに49人がカルバートから降りたことが発表されました。

裁判所がDNA型鑑定の実施を命じる

不妊治療医が自分の精子を提供者のものとすり替え? オランダで疑惑浮上。200人の子ども生まれた可能性も
裁判所がDNA型鑑定の実施を命じる

DNA検査:精子医師のKarbaatがこっそり49人の子供を妊娠させた

DNA-onderzoek: spermadokter Karbaat verwekte heimelijk 49 kinderen
Vruchtbaarheidsarts Jan Karbaat heeft inderdaad zijn eigen sperma gebruikt bij tientallen cliënten. Dat blijkt uit DNA-onderzoek. Het is nu bewezen dat hij de b...

2名のドナーの子供とカルバートの写真を並べたもの

精子医師カルバートのドナー子供のジョーイのインタビュー:「不確実性の一部はなくなった」

自分の精子使った不妊治療医は「49人の父親」 オランダ

自分の精子使った不妊治療医は「49人の父親」 オランダ
【4月13日 AFP】オランダにあった不妊治療クリニックの院長が自分の精子を治療に使用していた問題で、少なくとも49人が院長の血縁上の子どもであることが分かった。

【4月13日 AFP】オランダにあった不妊治療クリニックの院長が自分の精子を治療に使用していた問題で、少なくとも49人が院長の血縁上の子どもであることが分かった。このクリニックで生まれた子どもとその親を代表する団体「ディフェンス・フォー・チルドレン(Defence for Children)」が12日、DNA鑑定の結果として発表した。

クリニックの院長だったヤン・カールバート(Jan Karbaat)氏は2017年に89歳で死亡。また、クリニックは不正が報じられた後、2009年に閉鎖されている。

同団体は、カールバート氏は女性らがロッテルダム(Rotterdam)にあった同氏の不妊治療クリニックを訪れた後に生まれた子ども49人の父親だと説明。この結果により、同氏がクリニックでの体外受精で、選ばれた提供者の精子ではなく自分の精子を使っていたことが確認されたと指摘した。

オランダの裁判所は今年2月の判決で、カールバート氏との血縁が疑われる子どもと母親らが独自に比較鑑定を行えるよう、同氏のDNA鑑定結果を子どもらに開示することを命じた。

カールバート氏は生前、クリニックの院長だった時代に約60人の子どもをもうけたことを認めていたとされる。

日刊紙NRCハンデルスブラット(NRC)によると、ほかにもカールバート氏は、さまざまな提供者の精子に自分の精子を混ぜたことや、提供者に関する書類不正を行ったことを認めていた。

「カールバート・チルドレン」と疑われる子どもらはカールバート氏の遺族を提訴。金庫にしまい込まれていたカールバート氏のDNA情報を開示するよう求めていた。(c)AFP

オランダの医師 体外受精に無断で自分の精子 49人出産

オランダの医師 体外受精に無断で自分の精子 49人出産 | NHKニュース
オランダで不妊治療のクリニックの院長だった男性医師が、治療を受けた女性に無断で体外受精に自分の精子を使い、49人の子ども…

オランダで不妊治療のクリニックの院長だった男性医師が、治療を受けた女性に無断で体外受精に自分の精子を使い、49人の子どもを産ませていたことがわかりました。男性医師はほかにも子どもを産ませていた可能性があり調査が進められています。

この男性医師はオランダのロッテルダム近郊にあった不妊治療のクリニックの院長で、2年前に89歳で死亡しました。

AFP通信などによりますとこのクリニックで不妊治療を受け体外受精で産まれた子ども本人やその両親が子どもたちと医師の容姿が似ていることに気付き、医師の遺族を相手に裁判を起こして関係性を明らかにするよう求めていました。

その結果、医師のDNAの提供を受けて鑑定を進めたところ、49人の子どもについて親子関係が認められたということです。

このクリニックは1980年代から90年代にかけて地域最大の精子バンクとして知られていたということで、この頃に産まれた子どもたちはすでに20代から30代になっています。

子どもやその両親を支援するNGOでは医師が治療を受けた女性に無断で自分の精子を体外受精に使っていたとしていて、医師がほかにも子どもを産ませていた可能性があることから、クリニックを利用した人たちに検査を呼びかけるなど調査が進められています。

タイトルとURLをコピーしました