お問い合わせはコチラから

KUSANAGI Conohaメモ

サイト運営

KUSANAGI+Conoha VPSをいじる機会がありました。

SSHやFTPなど、他人から引き継ぐ時に戸惑ったのでメモしておきます。

なんで普通の人が KUSANAGI使ってるのかとても謎です。

KUSANAGI管理画面へのログイン

Conohaの管理画面からログインする。

必用なのは、メールアドレス、パスワード

SSH

アカウントは、root

パスワードもrootパスワード

秘密鍵は、セキュリティ⇒SSH Keyから作成

IPアドレスは、サーバー⇒ネットワーク情報

ポートは22

ログインすると、rootのHOMEに移動するので、Document rootに自分で移動

/home/kusanagi/xxxx/DocumentRoot

FTP

FTPはSFTPのみ

IPアドレスは、サーバー⇒ネットワーク情報

アカウントは、root

パスワードもrootパスワード

ログインすると、rootのHOMEに移動するので、Document rootに自分で移動

/home/kusanagi/xxxx/DocumentRoot

WordPress

ファイル編集

WordPress上からファイル操作はかなり制限がある。WP filemanagerなどでファイルは見えるが編集は出来ない。

.htaccessなどはSSHかFTPで変更する方が簡単

ページキャッシュ

Kusanagi設定からページキャッシュの設定ができるが、こいつが曲者。

Woocommerceでカートが正常に動かない。

URL除外の設定をしてもダメなので、Kusanagiの管理画面⇒サーバー⇒KUSANAGI管理とすすんで、ページキャッシュともう一つのFastCGI系のキャッシュを2つともOFFにする必要があった。

まとめ

世界最速という謳い文句で普通の人が普通のWordpressのサイトをKUSANAGI ConoHa VPSを使っているケースがあります。

料金的に、共有サーバーと大差ないので契約してしまうのでしょうが、管理コストを考えるとどう考えても共有サーバーを選ぶ方が賢明だと思います。

タイトルとURLをコピーしました