お問い合わせはコチラから

ロリポップでWordPressの簡単インストールに失敗、解決方法は?

サイト運営

ロリポップは複数サイトが運営できる安いレンタルサーバーとして初心者には人気があります。

2018 日本 Webホスティング シェア TOP3
オランダではロリポップ!を使っている人を良く見かけますが、さくらインターネットがシェア一位です。 オランダ国内のWebホスティングシェアについては別記事をご覧ください。 Ranking Technology...

ロリポップは1つ目のWordpressの簡単インストールまでは上手くいっても2つ目のWordpress簡単インストールに失敗するという有名な問題が起きたりします。

この記事では、ロリポップに2つ目のWordpressを簡単インストールできない時の解決策をまとめておきます。

ロリポップのWordpress簡単インストールが2個目に失敗する理由

1つ目のWordpressをルートディレクトリにインストールしている

1つ目のWordpressをルートディレクトリにインストールしていると、必然的に2個目のWordpressをインストールする場合、サブディレクトリにインストールすることになります。

この状態で簡単インストールを行うと大抵失敗します。

理由は、1つ目のWordpressが生成する.htaccessが邪魔をしているからです。それがあると1つ目のWordpress直下にあるサブディレクトリへのWordpress簡単インストールするときに、インストーラーが書き込みできなくなりエラーになります。

ロリポップのWordpress簡単インストールが2個目に失敗への対策

方法は2つあります。

  1. WordPressをルート直下にインストールしない
  2. 1つ目のWordpressの.htaccessを一時的にリネームする

このどちらかでWordpressの簡単インストールでつまづくことは無くなります。

①Wordpressをルート直下にインストールしない

こちらの方法は、根本対策になりますが、すでに運用しているWordpressの場合、サブディレクトリに移転することになります。後述の手順に従えば簡単ですが、できない人も多いのではないかと思います。

というのも、Wordpressの移転作業と同じなので有料プラグインを使えば簡単に行えますが、持っていない場合はハードルが高くなるためです。

WordPressをサブディレクトリに移す簡単な手順(All in One Migration使用)

無料プラグインのAll in One Migration使用します。

【超簡単】All-in-One WP Migrationならバックアップもサイト移転も手間いらず【512MB制限のその先へ】
Wordpressサイトのバックアップやサイト移転は、『All-in-One WP Migration』を使うのがもはや定番です。このプラグインを使うと本当に簡単にバックアップとリストアができる上に、他のサーバーへ...

おそらく有料アドオンを購入しないとサイズ制限に引っ掛かると思いますが、以下の手順で簡単にできます。

  1. 現状のWordpressをAll in One Migrationでエクスポート
  2. ルートディレクトリのWordpressを削除
  3. サブディレクトリにドメイン割り当てを変更
  4. サブディレクトリにWordpressをインストール
  5. インストールしたWordpressでAll in One Migrationのデータをインポート

ただし、移転が必ず成功するわけではないので、失敗した時にWordpressを削除してしまっているので元に戻せません。

ロリポップはサーバーのバックアップが有料なので、バックアップがない状況でこの方法は結構リスキーだと思います。

それを避けたいのであれば、エクスポートデータが正常であることを確認してからWordpressを削除する必要があります。そのためには、他のサーバーに正常にインポートできることを確認する必要があり、結構手間がかかります。

②1つ目のWordpressの.htaccessを一時的にリネームする

テンポラリの対応としては、ルートディレクトリの.htaccessがWordpress簡単インストーラーをブロックしているので、ルートディレクトリにある.htaccessを一時的に別の名前にリネームすることです。

ファイルのリネームは、FTPソフトを使わなければなりませんが、ソフトをインストールしなくてもロリポップFTPを使えば簡単にできます。

2つ目以降のWordpressインストールが終わったら、リネームした.htaccessは元の名前に戻しておくのを忘れないように。

まとめ

ロリポップでWordpressを運用する時は、独自ドメインが一つの場合でもサブディレクトリにインストールする方が後で後悔しません。最悪、ルートディレクトリにWordpressをインストールしてしまったときには落ち着いて、ルートディレクトリの.htaccessをリネームするという応急対策でインストールすることができます。

サブディレクトリのサブディレクトリと言う運用の場合も上位ディレクトリに.htaccessがあれば今回と同じ問題が起きると思います。

 

 

この記事が気に入ったら フォローしよう
最新情報をお届けします。
この記事を書いた人
ブーン

はるばる日本よりオランダ王国へやってまいりました。
自分の経験が少しでも参考になれば嬉しいです。
お問い合わせは、『こちら』からお願い致します。

\ブーンをフォロー/
スポンサーリンク
サイト運営
\シェアお願いします!/
\ブーンをフォロー/

失敗しないレンタルサーバーランキング

mixhost

不正アクセスに強くて使いやすいおススメサーバー
\本サイトで利用中/
メリット①:自動ウィルス駆除対応
メリット②:サイトの表示速度が速い!
メリット③:転送量の上限が多い!
メリット④:自由にプラン変更ができ、アクセス増にも対応できる!
メリット⑤:バックアップデータが無料で復元できる!
メリット⑥:Wordpressが簡単にインストールできる!
メリット⑦:どのプランでも初期費用が無料!
メリット⑧:10日間の無料お試し期間と30日の返金保証!

Conoha Wing

国内Wordpress最速の最強サーバー
メリット①:圧倒的な表示速度
メリット②:レンタルサーバーと独自ドメインがセットでお得◎
メリット③:プラン変更はすべてのプランで自由自在
メリット④:一か月の利用転送量の制限が緩い(9TB~)
メリット⑤:WordPresサイトの移行が簡単

エックスサーバー

国内シェアNo1の安定性と実績が魅力。ALL SSDで死角なしの万能サーバー。
メリット①:サイトの表示速度が安定して速い!
メリット②:アクセス負荷に強くて安定性が高い!
メリット③:24時間365日の充実サポートで安心!電話サポートもあり!
メリット④:転送量が多い!
メリット⑤:自動バックアップ機能付き!
メリット⑥:WordPressが簡単にインストールできる!
メリット⑦:10日の無料お試し期間がある!

オランダで生きていく
タイトルとURLをコピーしました