2018 現地から見る オランダ起業・移住サポートの実態や評判のまとめ

9月 24, 2018移住手続き, 移住前に知りたかったコト

この記事は約 5 分で読めます。

オランダで日本人の起業ビザ取得が簡単になったので、オランダに移住する日本人が増えてきています。移住する日本人はオランダ移住の手続き全般、全て自力でやりますという人ばかりではありません。

結局、普通に考えればすぐにビジネスを始めた方がいいわけなので、移住サポートを利用して時間と労力を節約するというのもうなづけます。

また、オランダという新たな移住先での生活に不安を抱え、移住先の情報が少なければ、お金を払ってでも誰かに助けてもらいたい、相談したいと考える人も多いと思います。

移住サポートをメインとした移住先のサポート業者は、移住希望者から見ればそれなりに需要がある存在なわけです。でも、先ほども申しましたように、移住希望者でサポートを探しているような人はオランダの状況を詳しく知らないのですから、簡単にダマせる存在といえます。それを狙った悪質で低品質なサービスを提供するオランダ移住サポート業者もいるのです。しかも、その人達もオランダへの移住者だったりするわけです。

『オランダ移住サポート』でGoogle検索すれば、それっぽいサイトがいろいろ出てきます。

  • オランダ移住サポートを利用する方がいいのか?
  • オランダ移住サポートを利用したらどうなるのか?
  • どこのオランダ移住サポート業者が良いのか?

みなさんいろいろ考えたり調査したりすると思います。

しかし、日本からは見えない実態・リアルがあります。

こちらに来る日本人が多いので、色々と評判を聞きますが、悪い評判も結構聞きます。

それぞれのWebサイトにはいろいろと感謝の言葉が並んでいるのに、そういう話は全く聞かないのです。

悪質なオランダ移住サポートも増えていますので、現地の評判についてまとめておこうと思います。

オランダ移住サポートの評判・実態

移住サポートの実体は素人の個人である

経歴を見ればオランダ移住ブームとともに始めた感じで、それ以前は何やってたんだこの人という怪しい人が多いです。ネットで過去を検索すれば怪しげな過去もわかるわけです。

そもそもそういう人達がZZPつまり個人事業主なので、自分たちとそう違いはないわけです。オランダに来て半年もたてば大抵のことは自分でできるようになります。そう感じたときに自分も経験があり、手軽に始められるのが移住サポートというわけです。

冷静になって、なぜ移住者が移住サポートを始めようと思うのかよく考えてみてください。

自分が移住サポート業者にボッたくられたからですよ。この程度でいいなら、自分でもできると思ったからじゃないでしょうか。専門性の高い業種であればそれは無理なのですから。移住サポート業者なんて、所詮その程度だということです。

顧客から見ると対価に見合わない非常に粗悪なサービスを展開

そもそも移住サポートとは何をしてくれるのかという話が不明確なまま契約を結び、顧客と移住サポート業者の間での認識の不一致がある。そういう進め方をする移住サポート業者も素人なので仕方ないのだが、裁判沙汰になっているケースもある。

顧客を抱えすぎて、飽和状態

日本人のオランダ移住特需で、素人の個人が顧客を抱えすぎて、一人ひとりの顧客を満足に見切れない状態になっている。どの顧客がいまどのような状態であるかという認識も間違っていることが多いし、最悪の場合、放置される。

システム的にその状態を積極的に改善していく気概もなく、力技で解決しようとして顧客にそのまま迷惑をかけている。

秘密主義である

知ってしまえばお金を払わないで自分でできることが多いが、いちいち代行して料金を取るのが彼らのスタイルです。やり方は決して教えないし、やってる内容も公開しない。作業内容がトレースできない不透明な状態が殆どである。

そして、ネットで調べるとオンラインで一瞬で終わる作業だったりするので、後から知った人は悪いイメージしか持たない。

仲介手数料、紹介料で稼いでいる

いい所を無料で紹介すると言うケースが多々見られるが、その実態は、紹介先から紹介料をもらうようなアフィリエイトのシステムが多い
・良い会計士を紹介します⇒ 毎月 最大20%の紹介料が紹介者へ入る
・良い物件を紹介します ⇒ 不動産会社から紹介料が紹介者へ入る。そもそも、物件を探してもらう時にも顧客からお金を徴収。

彼らには交渉力は無い

不人気の割高物件ばかりを日本人移住者に紹介している住宅探しサポートがいるとも聞く。結局そういうところしか、紹介できないということはオランダの不動産業者にカモられているだけともいえる。オランダ語を操り、オランダ人ネットワークに深く入り込んでいる人でなければ、オランダでは交渉力やネットワークもないと見た方がよい。

あくまでも移住サポートであり、ビジネスの面倒はみないし、見れません

移住者が良く勘違いするのは、移住サポートにビジネスプランの作成なども含まれているので、ビジネス面でもサポートしてもらえるのではないかと思っていることです。

実際の移住サポートはビザが下りて、住居、電気ガス水道、インターネットなどの生活基盤を整える所までです。

もともと、移住サポート業者自体が、おいしい仕事があれば自分がやりたいと常に思っている人達なので、人に仕事を紹介したりとか、マッチングをしたりとか自分にお金が入る場合は別ですが、人の仕事にために間を取り持つような人達ではありません。

そもそも、そういうビジネスコンサル的な経歴もない人が殆どです。同じレベルの人に過度な期待はやめましょう。

まとめ

もし、オランダ移住サポート業者を利用するならば、悪質なオランダ移住サポート業者かどうか見極めないと、余計な仕事が増えるだけである。ネットなどで評判を調べるのもいいが、あまり出てこないのも事実、オランダ ガチ勢が多いtwitterなどで情報収集するのがいいだろう。

移住サポートでオランダに来る日本人が増えれば増えるほど、トロイの木馬状態になっている移住サポート業者達であるが、そのうち、オランダ移住に関する情報が日本語でオランダにいる日本人から発信され始めれば、公然の秘密となり存在意義も薄れてきて自然淘汰されるだろうと期待している。