オランダ電気・ガス料金が高すぎた話

5月 20, 2018移住手続き, 電気・ガス・水道

この記事は約 4 分で読めます。

オランダで生活すると毎月、電気ガス水道の公共料金を支払うことになります。

オランダの電気、ガス料金は1年間 固定料金で、1年間経った時に差額を支払ったり、返金を受けたりするシステムになっています。

毎月の請求額を見て、今月は節約したとか今月は使いすぎたとか判断してきた日本人からすると、毎月の使用料がそのまま料金に影響しないシステムは日本人からするとかなり不思議な感じがします。

電気・ガス料金でオランダ移住したら知っておきたいことをまとめておきます。

オランダ電気ガス料金が高いと思ったら確認すべきこと

我が家が契約しているのはNUONという会社です。

我が家の場合は、なんと月額350ユーロの設定になっていました。

あまりにも高いので内訳を確認したところ、ガス代の見積額が異常に高いことがわかりました。

オランダ移住した当初は、その物件にそれまで住んでいた人の過去の履歴をベースに固定料金が設定されてしまいますので、その影響だと思います。

NUONの場合、毎月の電気ガス使用量がWebで確認できます。同じ情報が郵便でも送られてきますがWebで見た方がGoogle翻訳できるので簡単だとおもいます。

電気とガスで月額120ユーロぐらいが相場なので、固定料金がそれからかけ離れている場合は早めに会社に言って変更してもらいましょう。一年間その固定料金のまま支払い続けても、一年後には差額が返ってきますので、損することはありません。また、二年目から固定料金も修正されるので、無駄に多く支払う可能性があるのは一年目だけです。

オランダ電気ガス料金支払額を変更する

固定料金の設定を変更する場合、電話かWebから行うことになると思います。

電話に自信が無ければ、Webからの方が楽だと思います。

NUONの場合、NUONのWebサイトでMyNUONのアカウントを作り、ログイン後、変更できますが、変更額が大きすぎるとWebから変更できない仕様になっています。その場合はオンラインチャットから頼めば限度額以上に変更できます。

オランダ電気料金には割引きがある

オランダ電気料金の割引サービス1

電気料金は日本と同じく、深夜と週末は割引きされるサービスがありますので、充電は深夜、週末に洗濯など行うと気休め程度ですが、電気代が安くなります。

電気代が安くなるのは以下の時間帯です。

  • 平日:23:00~6:00
  • 土日:終日

週末、つまり金曜日の23:00~月曜日の6:00まではずっと割引です。

洗濯機などタイマー付であれば夜中に動くようにセットしておけば良さそうです。

オランダ電気料金の割引サービス2

同じ電力会社と契約していると1年目から5%、2年目に10%と、毎年5%づつ割引率が増加し、最大25%まで割引率が設定されます。

1年目から5%の割引が適用されるようですが、毎月の引き落とし額には反映されません。

電力会社を変更しないための縛りのサービスだと思いますが、最大25%というのは年間通しててみれば無視できない金額になります。

電気ガス契約一年後の差額精算について

一年たって、差額精算した時の記事がこちらです。

まとめ

オランダ移住して1年目は、電気・ガス料金が勝手に決められてしまいますので、早めに変更しましょう。電気代が高い洗濯機や食洗機などは週末や、夜中に動かすようにすると節約になります。