お問い合わせはコチラから

QuickTabs chromeのタブを開きすぎの人は超絶便利だぞ

最近、Chromeのタブを開きすぎ病が再発しております。Webで調べごとをすると気が付けばタブだらけになっていてる人なので、必要なタブが見つけられず迷子になって困ります。

いつもタブの一覧を見れたら良いのに!、さらに検索出来たらもっと良いのに!と思っていました。普通に検索したらChromeの拡張機能でとても良いプラグインがありました。

それは、QuickTabsというプラグインです。

この記事ではChromeでタブを開きすぎて前に開いたタブが見つけられなくなってしまうような人に便利なQuick Tabsをご紹介したいと思います。

QuickTabsのインストール

こちらから、拡張機能をインストールすればよいです。

Quick Tabs
A keyboard centric most recently used (MRU) ordered tab list plugin with search and switch functionality inspired by IntelliJ IDEA

githubでソースが公開されています

babyman/quick-tabs-chrome-extension
A quick tab list and switch plugin inspired by the intelliJ IDEA java IDE - babyman/quick-tabs-chrome-extension

QuickTabsについて

Quick Tabsは、Jetbrainsの優れたIntelliJ IDEAに組み込まれている「Recent Files」クイックセレクターに基づいた、Google Chrome Webブラウザーのタブ管理ブラウザー拡張機能です。

クイックタブを使用すると、開いているタブが多数ある場合でも、最小限のキーストロークで、マウスを使用せずに最近使用したタブ間をすばやく移動し、必要に応じてタブを見つけて切り替えることができます。

 主な特徴

  • 開いているすべてのウィンドウでChromeで開いているすべてのタブを一覧表示します
  • タブは最近使用した(MRU)順にリストされ、現在のタブは除外されます(タブを切り替えているため)
  • ブックマークのファジー検索:
    • いくつかのタブのみが検索文字列に一致する場合、ブックマークは自動的に検索されます
    • 検索文字列の最初または最後にスペースを追加して、タブとともにブックマークを検索します
    • ブックマークのみを検索するには、検索文字列の先頭または末尾に2つのスペースを追加します
  • ブラウザー履歴のファジー検索:
    • 検索文字列の先頭または末尾に3つのスペースを追加して、ブラウザーの履歴を検索します
    •  ‘<))’を検索してノイズの多いタブを見つけます(次に、shift + ctrl + dですべて閉じます;-))
  •  Chromeキーボードショートカット(Chrome拡張機能ページの下部にあるキーボードショートカットダイアログを使用して設定):
    • ほとんどのタブからポップアップウィンドウを起動するショートカットキー(デフォルトではctrl + e、Macではcmd + e、Linuxではctrl + q)。
    • ポップアップウィンドウを読み込まずに前のタブを選択します(デフォルトではマップされていません)
    • ポップアップウィンドウを読み込まずに次のタブを選択します(デフォルトではマップされていません)
    • 重要「次のタブ」ショートカットは、現在のタブがMRUリストの一番上に移動する前に1秒程度(バッジテキストがオレンジ色の場合)のみ使用可能です。
  • タブリストポップアップショートカットキー:
    • 前のタブを選択(Chromeキーボードショートカットまたは上矢印と同じ)
    • 次のタブを選択(Chromeキーボードショートカットまたは下矢印と同じ)
    • 選択したアイテムに切り替える(入力)
    • 選択したタブを閉じるには(デフォルトではctrl + d、拡張オプションを参照)
    • タブリストに表示されているすべてのタブを閉じるには、検索フィルタリングを優先します(デフォルトのshift + ctrl + d、拡張オプションを参照)
  • すべてのChromeウィンドウで現在開いているタブの数を表示します
  • ページタイトルまたはURLに文字を入力して、タブをすばやく検索して選択します
  • 最近閉じたタブを追跡し、検索および復元できるようにする
  •  CSSを使用したポップアップのカスタマイズ

 

QuickTabsの便利なところ

開いているタブをキーワードで検索できる

検索できるだけではなく、あいまい検索に対応しています。

さらに、検索結果からタブにジャンプすることができるのが秀逸です。

別ウィンドウのChromeも対象に検索できます。

開いているタブの数を簡単に確認できる

Chromeの拡張機能のアイコンに、今開いているタブの数が表示されている(別ウィンドウも含めて)ので開きすぎかどうか簡単にわかります。

確かに便利なのだけどちょっと文字が小さい

とても便利なのですが、初期状態だと文字がとても小さくて見えません。

諦めるしかないのかと思ったら、なんとCSSで見た目は変更できるのです。

初期状態のCSSについては以下のファイルに記載があります。

babyman/quick-tabs-chrome-extension
A quick tab list and switch plugin inspired by the intelliJ IDEA java IDE - babyman/quick-tabs-chrome-extension

上記を踏まえて、ちょっと雑ですが、以下の様なCSSをオプション画面で追加するとフォントサイズを変更できます。

body{font-size:16px;}
div.url {
font-size: 12px;
}
.item {
padding-top: 2px;
padding-bottom: 2px;
height: 40px;
}

 

タイトルとURLをコピーしました