お問い合わせはコチラから

サイトをSSL化する場合にダウンタイムを無くす安全な手順

サイト運営

SSL化されたサイトの移転はいつも悩ましいです。というのもSSL化されたサイトの移転はダウンタイムが発生するのが普通だからです。

移転先のサーバーをSSL化するときに発生するダウンタイムを無くすにはどうしたらよいでしょうか?

この記事では移転先のサーバーをSSL化するときになるべくダウンタイムを無くす3つの方法についてまとめています。

移転の前は非SSL⇒移転後はSSL化する

この組み合わせは簡単です。移転があっても無くてもダウンタイムは無くSSL化まで進められます。

なぜダウンタイムがないのか?
  • ドメインをSSL中もhttpサイトはそのまま表示できる。
  • ドメインをSSLすれば、サイトのSSL化を行わなくても、httpsでサイトが表示できる。

この方法の手順
  1. ドメインをSSL化する
  2. WordPressのsiteurl homeurlをhttpsに変更
  3. サイトのソースのhttpをhttpsに置き換える(置換/All in One Migration)
  4. httpアクセスをhttpsにリダイレクト(.htaccess)
  5. SSL化が完了する。

ネームサーバーを切り替えずにSSL化する

SSL証明書をネームサーバーを切り替える前に取得できる場合は、ダウンタイムなくSSL化ができます。

しかし、事前認証ができるのはXserverぐらいしかありません。

なぜダウンタイムがないのか?
  • ネームサーバー切り替える前にSSL化できる
  • PCのhostsファイルを編集すればネームサーバー切り替えずにSSLのままサイト移転が可能

この方法の手順
  1. ドメインをSSL化する(ネームサーバー切り替え無し)
  2. 移転先のWordpressをインストール
  3. ローカルのhostsファイルでドメインとIPアドレスを対応づける
  4. 移転先のWordpressのsiteurl homeurlをhttpsに変更
  5. 移転元⇒移転先データをインポート
  6. httpアクセスをhttpsにリダイレクト(.htaccess)
  7. SSL化が完了する。

一瞬ネームサーバーを切り替えてSSL化する

Xserverを含めて、SSLの事前認証が出来ないケースは、こちらの方法を試してみることをおすすめします。

Xserverはこの方法が使えますが、すべてのサーバーで使えるわけではありません。

ダウンタイムは0になりませんが、真面目にネームサーバーを切り替えてSSL化するよりもダウンタイムは短くなると思います。

なぜダウンタイムが短くできるのか?
  • SSL化の処理が始まるまでの期間だけネームサーバー切り替えればよい。
  • すぐにネームサーバーを戻すことができる。

この方法の手順
  1. ネームサーバーを切り替える
  2. ドメインをSSL化する
  3. SSL化の処理が始まったら、ネームサーバーを戻す
  4. 移転先のWordpressをインストール
  5. ローカルのhostsファイルでドメインとIPアドレスを対応づける
  6. 移転先のWordpressのsiteurl homeurlをhttpsに変更
  7. 移転元⇒移転先データをインポート
  8. httpアクセスをhttpsにリダイレクト(.htaccess)
  9. SSL化が完了する。

まとめ

SSL化のサイトの移転はダウンタイムとの戦いです。XserverのSSL事前認証というのはものすごいアドバンテージだと思います。

もし、Xserver以外の移転でダウンタイムを減らしたい場合は、ネームサーバーを切り替えてSSL化処理が始まったら、すぐに戻すというのをやってみるといいかもしれません。

タイトルとURLをコピーしました