お問い合わせはコチラから

Snow monkeyのカスタマイザーが死ぬほど遅い時の対処方法

サイト運営

最近、Snow monkeyでサイト制作する機会が多いです。

テーマ自体は、Snow monkeyじゃなくてもSwellでもLightningでもいいのですが、デザイン的にはSnow monkeyが一番癖が無い気はしています。

Snow monkeyは常に最新版のWordpressじゃないと動かないので、wordpressとテーマを更新がペアになっています。テーマを更新すると自前で当てているCSS部分は、デザインが崩れることも多く、Snow mokeyはサイトをメンテするのがメッサ大変なテーマだと思います。

あるサイトをSnow monkeyで制作しているときに追加CSSをいじろうと思ってカスタマイザーを開くと3分ぐらい待たされる状況になりました。

我慢の限界を超えているので、調べたら対処方法がわかったので、自分のためにメモしておきます。

カテゴリやタグなどが大量のサイトだとカスタマイザーを開くのが遅くなる

カスタマイザーは設定パネル・セクションを予め読み込んでおかなければいけないのですが、Snow Monkey はカテゴリーページやタグページにページ減っだ画像を設定する機能があるので、カテゴリーやタグが多いとそれらの設定セクションの読み込みにめちゃ時間がかかってしまいます。

たしかに、今回問題が起きたサイトはカテゴリーやカスタムタクソノミー、タグなどが大量に登録されているサイトでした。

解決のためのコードその1

add_filter(
	'snow_monkey_get_template_part_args',
	function( $args ) {
		$inactive = array(
			'app/customizer/design/sections/category/section',
			'app/customizer/design/sections/custom-taxonomy/section',
			'app/customizer/design/sections/custom-post-archive/section',
			'app/customizer/design/sections/post-tag/section',
		);
		if ( in_array( $args['slug'], $inactive ) ) {
			$args['slug'] = null;
		}
		return $args;
	}
);

解決のためのコードその2

フックでカスタマイザーの読み込みを無効化する方法もあるようです。なかなかよく考えられた仕組みだと思います。

無効化するphpファイルは以下のものです。

snow-monkey/app/customizer/design/sections at master · inc2734/snow-monkey
Premium WordPress Theme. This theme is published here for users and developers. Please buy themes when using themes on l...
add_action( 'snow_monkey_get_template_part_app/customizer/design/sections/category/section', '__return_false' );
add_action( 'snow_monkey_get_template_part_app/customizer/design/sections/custom-taxonomy/section', '__return_false' );
...

https://github.com/inc2734/snow-monkey/wiki/Action-hooks#snow_monkey_get_template_part_slugを見ると非推奨になっているので、action hookではなく、filter hookの方を使う方がいいようです。

add_filter( 'snow_monkey_get_template_part_render_app/customizer/design/sections/category/section', '__return_false' );
add_filter( 'snow_monkey_get_template_part_render_app/customizer/design/sections/custom-taxonomy/section', '__return_false' );
...
Filter hooks
Premium WordPress Theme. This theme is published here for users and developers. Please buy themes when using themes on l...

テーマカスタマイザの起動が非常に遅い場合がある
このトピックには3件の返信、2人の参加者があり、最後にキタジマ タカシにより3年、 2ヶ月前に更新されました。…

まとめ

この問題が発生するのは、特殊ケースなので情報が見つけにくいのですが、フォーラムに答えがあってよかったです。

設定が必要な時以外は、不要な機能はOFFにしておくことで開発スピードが上がると思います。

この記事を書いた人
ブーン

はるばる日本よりオランダ王国へやってまいりました。
自分の経験が少しでも参考になれば嬉しいです。
お問い合わせは、『こちら』からお願い致します。

\ブーンをフォロー/
スポンサーリンク
サイト運営
\シェアお願いします!/
\ブーンをフォロー/
こんな記事も読まれています

失敗しないレンタルサーバーランキング

mixhost

不正アクセスに強くて使いやすいおススメサーバー
\本サイトで利用中/
メリット①:自動ウィルス駆除対応
メリット②:サイトの表示速度が速い!
メリット③:転送量の上限が多い!
メリット④:自由にプラン変更ができ、アクセス増にも対応できる!
メリット⑤:バックアップデータが無料で復元できる!
メリット⑥:Wordpressが簡単にインストールできる!
メリット⑦:どのプランでも初期費用が無料!
メリット⑧:10日間の無料お試し期間と30日の返金保証!

Conoha Wing

国内Wordpress最速の最強サーバー
メリット①:圧倒的な表示速度
メリット②:レンタルサーバーと独自ドメインがセットでお得◎
メリット③:プラン変更はすべてのプランで自由自在
メリット④:一か月の利用転送量の制限が緩い(9TB~)
メリット⑤:WordPresサイトの移行が簡単

エックスサーバー

国内シェアNo1の安定性と実績が魅力。ALL SSDで死角なしの万能サーバー。
メリット①:サイトの表示速度が安定して速い!
メリット②:アクセス負荷に強くて安定性が高い!
メリット③:24時間365日の充実サポートで安心!電話サポートもあり!
メリット④:転送量が多い!
メリット⑤:自動バックアップ機能付き!
メリット⑥:WordPressが簡単にインストールできる!
メリット⑦:10日の無料お試し期間がある!

タイトルとURLをコピーしました