お問い合わせはコチラから

海外で有名な胃腸薬はiberogast(イベロガスト)

生活

オランダでは医者に行って薬を処方されると、えらい高くつきます。日本の場合は医者に行く方が安いイメージがありますが、逆です。

有名な薬は海外でも薬局やドラッグストアで手に入りますので、医者も患者が自分で薬を買うことを進めています。

胃腸の不調の場合、日本だとガスター10などの薬が有名です。以前は医者に行かないと処方されなかった薬ですので、飲めばすぐに治ったりするので、いい時代になったともいます。

海外で胃腸の調子が悪くなった時は?

海外で生活していると食習慣の違いやストレスなどがありますので、胃腸の調子が悪くなることがあります。

そんな時には、ドイツ発祥のiberogast(イベロガスト)という自然から作られた薬品がおススメです。

iberogast(イベロガスト)

Iberogast®は効果的に機能し、こむら返り、吐き気、胃の痛みなどの消化器系疾患の組み合わせで科学的に証明されています。また、満腹感を減らすのにも役立ちます。したがって、それは腹痛関連の愁訴に対する効果的な治療法です。

私たちのパッケージには、イベロガストが胃の痛み、胃のけいれん、腸のけいれん、満腹感、吐き気、胸やけの治療薬であることも記載されています。それはまた、過敏な胃と過敏な腸の効果的な治療法です。

Iberogast®は医薬品として登録されており、30か国以上で販売されています。科学的研究は、Iberogast®登録の基礎を形成しています。Iberogast®がパッケージのリーフレットに従って使用された場合、副作用がほとんどないことも知っておくと便利です。

機能性消化管障害(機能性ディスペプシア)

みぞおちの痛みや、食後の膨満感などの症状で、内視鏡検査などの検査をしても異常が見当たらない場合を機能性消化管障害と言います。

治療に関しては、まず問診を通じて患者さんの社会的・心理的背景を把握し、次に症状に関連するような生活習慣の指導を行います。必要に応じて制酸剤や粘膜保護剤、消化管の運動機能を改善する薬や漢方薬を使用します。

引用元http://fujiwara-ichi.jp/gastro/

対象となる方

胃がはる、食べると胃が苦しい、ちょっと食べると胃が苦しい、食べられない、体重がへってしまった、気持ち悪い、むかむかする、吐き気がする、胃が動かない、胃がもたれる、胃が硬くなっている、胃が痛い、きりきり胃が痛む、背中が痛い など

引用元https://www.si-clinic.jp/gastro/gastro.html

過敏性腸症候群(IBS)

過敏性腸症候群も機能性消化管障害のひとつですが、機能性ディスペプシアは胃と十二指腸の機能障害であるのに対し、過敏性腸症候群は主に大腸の機能障害が原因で起こります。

主にストレスにより、腸が慢性的な機能異常を起こしている状態で、炎症や潰瘍などの器質的な病変を伴わない疾患です。

下痢や便秘、腹痛、お腹の張りなどの症状が起こります。

原因は、不安、緊張、ストレス、疲労、暴飲暴食、アルコールの過剰摂取、不規則な生活習慣などです。

治療は、食事療法や運動療法をはじめとする生活改善から行いますが、それでも十分な効果の得られない場合は、薬や漢方薬による治療が行われます。

引用元http://fujiwara-ichi.jp/gastro/

対象となる方

おなかが痛い、おなかがはる、ガスがたまる、ガスがたくさんでる、音がきになる、臭いがきになる、ガス(におい)がもれる、急な腹痛・下痢、トイレにかけこむ、緊張する場面(会議・テスト・静かな教室、周囲を人にかこまれた座席、電車の中など)でおなかが痛くなり、トイレにいきたくなる 頑固な便秘 など

引用元https://www.si-clinic.jp/gastro/gastro.html

まとめ

海外で原因不明の胃腸の不調に悩まされている方は、Iberogast®を試してみたらいいかもしれません。日本では個人輸入でしか手に入らないようです。

タイトルとURLをコピーしました