お問い合わせはコチラから

【コロナ対策】オンサイト学習の制限は廃止、他の対策を拡張する

生活
No restrictions for on-site learning but other measures against COVID-19 extended
This week saw the 22 millionth dose of vaccine administered. The Netherlands now has high vaccination coverage and the figure is continuing to rise on a daily b...

今週は2200万回目のワクチン投与が行われました。オランダは現在、予防接種率が高く、その数は日々増加し続けています。それにもかかわらず、さらに大きな増加が必要です。ワクチン接種または感染のいずれかによって免疫を構築していない推定180万人がまだいます。幸いなことに、感染の第4波で潮流は急速に変わり、病院とICUへの入院数はこれ以上増えるとは予想されていません。これは、予防接種がいかに重要であるかを示しています。しかし、現在の好ましい見通しは、秋と冬の低い感染率を保証するものではありません。

したがって、政府は、1.5メートルのルールを解除するために慎重で段階的なアプローチを取ることを決定しました。8月30日以降、中等専門学校(MBO)、高等専門教育機関(HBO)、および大学では社会的距離が必要なくなります。現在実施されている他のすべての措置は、9月19日まで延長されます。9月17日、政府は次のステップに進むことが可能かどうかを評価します。

8月30日:MBOおよび高等教育環境で1.5メートルのルールが解除される

新しい学年では、学生はMBO、HBO、大学でのオンサイト教育に参加できます。1.5メートルのルールはここでは適用されなくなります。ただし、責任ある方法でオンサイト学習を確実に実施できるようにするために、いくつかの追加条件が用意されます。これには、最大75人のグループサイズと、レッスンや講義以外でのフェイスマスクの使用が含まれます。予防的なセルフテストは依然として強くお勧めします。
現場で教えることは生徒の最善の利益になります。1.5メートルのルールを解除すると、新しい学年度が可能な限り最高のスタートを切ることができます。

その他の措置の延長

他のすべての措置は、9月19日まで延長されます。レストラン、バー、カフェでは、ゲストは座席を割り当てられている必要があり、これらの施設は深夜に閉店する必要があります。ライブおよび上映されたエンターテイメントは許可されていません。ナイトクラブおよび同様の会場は閉鎖されたままになります。イベントの対策も延長されます。したがって、イベントの信用保証スキームおよびイベントの補足補償スキームは、9月19日まで延長されます。可能な限り自宅で仕事をし、ピーク時の旅行を避けるようにというアドバイスは引き続き有効です。 

海外旅行者向けの無料テストは、 9月30日まで延長されます。Testenvoorjereis.nl(英語を選択)から予約できます。 

9月20日からの予定:1.5メートルのルールがどこでも解除される

政府は、9月20日から社会全体で1.5メートルの規則を解除することを計画しています。他のほとんどの制限も同時に解除されます。ただし、ナイトクラブや同様の会場は、この段階では引き続き閉鎖されます。

9月20日から、コロナウイルスエントリーパスシステムは、レストラン、カフェ、バー、イベント(観客とのフェスティバルやスポーツイベントなど)、および75人以上が参加する文化施設(映画館や劇場など)で使用する必要があります。これは、ゲストに座席が割り当てられているかどうかに関係なく、屋内と屋外の両方に適用されます。人々は、完全にワクチン接種されているか、回復の有効な証拠を持っているか、問題の会場に入る前に24時間以内に行われたテストで陰性のテスト結果を持っている場合、コロナウイルスエントリーパスを生成できます。エントリーパスを作成するために否定的なテスト結果が必要な人は、現在無料でテストを受けることができます。まだ決定されていない日付から、彼らは彼らのテストの費用に貢献する必要があります。

MBO、HBO、大学の設定で1.5メートルのルールを解除する決定を下す前に、政府は発生管理チームに勧告的意見を出すように依頼しました。9月に次のステップに進むかどうかを決定する前に、同じことを行います。予防接種の適用範囲と感染率は、この点で決定的になります。

政府は、オランダ国内でのコロナウイルスエントリーパスシステムの使用を停止し、11月1日をもって残りの制限を解除することが可能になることを望んでいます。

予約なしでワクチン接種を受ける

政府は、コロナウイルスのワクチン接種をできるだけ簡単にするため最善を尽くしています。多くの市営医療サービス(GGD)ワクチン接種センターでは、予約なしで初回接種を受けることが可能になりました。これらのウォークインワクチン接種センター概要は、Prikkenzonderafspraak.nlで入手できます。 

基本的なルールは引き続き適用されます

 たとえワクチン接種を受けたとしても、 基本的な規則に従うことは相変わらず重要です。これは、他の人から1.5メートル離れて(このルールが解除されるまで)、手を洗い、咳をして肘にくしゃみをし、家にいて、症状があるかどうかをテストし、室内に新鮮な空気が十分に流れるようにすることを意味します。

高いワクチン接種率は、コロナウイルスがなくなったことを意味するものではありません。それはオランダや他の場所で循環し続け、新しい変種が開発される可能性があります。そのため、すでにワクチン接種を受けていても、症状のある人は全員検査を受けることが重要です。これにより、ウイルスを追跡し、感染率の突然の増加に注意を払うことができます。

所感

オランダでも コロナウイルスエントリーパスシステムが導入されるのは驚きです。

イタリア、フランス、ドイツも同じような流れで強制的にワクチンを打たせる流れです。

その根拠は、『ワクチンは感染は防がないけど、重症化リスクを下げる結果は出ている』というものです。

確かに、感染者の増加と重症化数の増加の関係は依然の様な連動は見られなくなっています。従来と同じウィルスであればワクチンの効果だと、そう言うこともできると思います。

しかし、同じ種類のウィルスではない場合、単純にそう言うことは出来ません。

ウィルスの感染力が強まってくる⇒弱毒化という流れですので、すでにデルタ株では弱毒化しているだけじゃないでしょうか?

ワクチン自体にコロナ感染を防ぐ効果はないことが分かっています。ワクチン接種者だけが通常の生活を許可されるというのはウィルスをまき散らすだけの施策にしかなっていません。

コロナ変異株は怖いのか 「弱毒だから広がる」という指摘も
 イギリス型にブラジル型、南アフリカ型と世界各地で新型コロナウイルスの変異株が見つかっている。この変異株はどのようなもので、どう対処すればいいのだろか。 小林よしのり氏(漫画家)…

動物実験の結果からmRNAワクチンは危険だという話は前からあります。本当に危険かどうかは時間が経たないとわからないわけですので、世界中で人体実験している途中だとおもいます。

『mRNAワクチンは、血液脳関門を通過しないの?』
COVID-19ワクチンのことは、もうテレビや新聞は、見ても意味が無いと思います。 どこも金太郎アメのように、内容もデーターもコメンテーターも同じ!同じ!同じ…

興味深いのはmRNAワクチンの性質から副反応が出る理由がある程度説明がつくことです。

コロナ感染を防がない以上、ワクチンを打つ意味は自身の重症化を防ぐ目的(と言われている)しかなく、一方でワクチンを打って副反応で死亡する可能性が報告されている現状と合わせると、何のためにワクチンを打つのか全く意味が分からなくなります。

ウィルスの弱毒化が始まっているとみるならば、ウィルスに効果が無いワクチンを打つ意味はなくなって、むしろ悪影響しかないような感じに思います。

タイトルとURLをコピーしました