お問い合わせはコチラから

メールサーバーのみXserverを利用する際のDNS設定とは

サイト運営

レンタルカートで利用している独自メインで、独自メインメールを使う際にメールサーバーをXserverにしたいということがありました。

レンタルカートに独自メインを利用していたので、DNSレコードのAレコードだけ変更してMXレコードは特に変更しませんでした。

Aレコードを変更しただけでは、メールが届きませんでした。

この記事では、独自メインをレンタルカートなどに適用している際に、メールサーバーを別サーバーに割り当てるときのDNS設定についてまとめておきます。

レンタルカートに独自メインを割り当てるには?

前提条件

  • レンタルカートに独自メインwww.domain.comを割り当てる
  • 独自メインはお名前.comなどレンタルカートとは別管理
  • レンタルサーバーはXserverで、独自メイン(domain.com)を割り当てる
  • DNSゾーンはXserver上で管理

DNSゾーン設定方法

独自ドメインをレンタルカートに割り当てる場合、一般的には、DNSレコードのAレコードをレンタルカートのIPアドレスに設定します。

また、wwwも同じようにIPアドレスを設定することになると思います。

これだけで、レンタルカートに独自ドメインを割り当てることができます。

メールサーバーだけ別サーバーに割り当てるには?

Xserverの場合は、MXレコードは独自ドメインが設定されています。そのため、Aレコードを書き換えてしまうとXserverにメールが届かなくなります。

DNSレコードのMXレコードを修正

Aレコードを変更した独自ドメインは使えないので、MXレコードをメールサーバーのホスト名に変更する必要があります。

Xserverですと、svXXXX.jpとかいうやつですね。

それだけで、独自ドメインメールの送受信が行えるようになります。

メールソフトの設定 | レンタルサーバーならエックスサーバー
レンタルサーバー「エックスサーバー」のご利用マニュアル|サーバーパネルで作成したメールアドレスを各メールソフトで使用する際の設定内容について記載しています。

まとめ

今回の事象は、レンタルカート経由ですべて行うと、通常の料金よりもぼったくられるのを避けたいということから、レンタルカートのサービスを使わず自前で頑張ろうとしたときに発生しました。

そのような人は結構多いと思いますので、今回のケースは参考になるかもしれません。

タイトルとURLをコピーしました