お問い合わせはコチラから

なぜブロックエディタには下線(アンダーライン)の装飾が無い?

サイト運営

最近ほとんど使わないのですがテキストに昔ながらのアンダーラインを引きたいと思ったときがありました。Classic editorの時代はメニューにあったのですが、ブロックエディタだとどこを探しても見つからない。

しかし、どこかで見た記憶がある。。。。

この記事では、今どきの蛍光アンダーラインではなく、通常のアンダーラインをブロックエディタで使いたい時にどうすればよいかをまとめています。

標準ではブロックエディタにアンダーラインの装飾はない

ブロックエディタ アンダーライン

等で検索すると、それっぽい記事が出てきます。

サイドバーの整形の部分にアンダーラインがあるよ、と書いていある記事がありますが、標準では出てきません。

実はそれはプラグインで追加される機能なのでした。

TinyMCE Advancedプラグインを追加すると使えるようになる

Classic editorを愛用している人ならおなじみのTinyMCE Advancedをインストールするとブロックエディタで使用できる機能が増えます。

設定に行くと、アンダーラインの機能が外れているのが見えます。Unused buttonのところです。

これをFormatiingのところにつかんで持っていけば使えるようになります。

まとめ

正直、ブロックエディタに移行してTinyMCE Advancedを軽視しておりました。ブロックエディタ側で使えるテキスト装飾が何か足りない!と思ったときにはTinyMCE Advancedを使ってみてください。

この記事が気に入ったら フォローしよう
最新情報をお届けします。
この記事を書いた人
ブーン

はるばる日本よりオランダ王国へやってまいりました。
自分の経験が少しでも参考になれば嬉しいです。
お問い合わせは、『こちら』からお願い致します。

\ブーンをフォロー/
スポンサーリンク
サイト運営
\シェアお願いします!/
\ブーンをフォロー/

失敗しないレンタルサーバーランキング

mixhost

不正アクセスに強くて使いやすいおススメサーバー
\本サイトで利用中/
メリット①:自動ウィルス駆除対応
メリット②:サイトの表示速度が速い!
メリット③:転送量の上限が多い!
メリット④:自由にプラン変更ができ、アクセス増にも対応できる!
メリット⑤:バックアップデータが無料で復元できる!
メリット⑥:Wordpressが簡単にインストールできる!
メリット⑦:どのプランでも初期費用が無料!
メリット⑧:10日間の無料お試し期間と30日の返金保証!

Conoha Wing

国内Wordpress最速の最強サーバー
メリット①:圧倒的な表示速度
メリット②:レンタルサーバーと独自ドメインがセットでお得◎
メリット③:プラン変更はすべてのプランで自由自在
メリット④:一か月の利用転送量の制限が緩い(9TB~)
メリット⑤:WordPresサイトの移行が簡単

エックスサーバー

国内シェアNo1の安定性と実績が魅力。ALL SSDで死角なしの万能サーバー。
メリット①:サイトの表示速度が安定して速い!
メリット②:アクセス負荷に強くて安定性が高い!
メリット③:24時間365日の充実サポートで安心!電話サポートもあり!
メリット④:転送量が多い!
メリット⑤:自動バックアップ機能付き!
メリット⑥:WordPressが簡単にインストールできる!
メリット⑦:10日の無料お試し期間がある!

オランダで生きていく
タイトルとURLをコピーしました