お問い合わせはコチラから

WordPressユーザーが使って感じたWixが残念なところ

サイト運営

最近、海外でも日本でもよく見かけるWixですが、無料だし、豊富なテンプレートを使えば、特別な知識なしに綺麗なWebがつくれるので海外では特に人気があります。

一般的に、WordpressユーザーはWixを嫌います。私も最初はそうでした。しかし、使ってみるとその魅力に取りつかれたのです。

WordPressに慣れた人から見れば、Wixはデザインの微調整も簡単で最終イメージ通りに作れるので一昔前なら有料でもいいぐらいの優れた開発環境だと思います。

WordPressいらなくね?

そう思ったものですが、Wixを使い込んでいくといろいろ問題があることがわかりました。

Wixが嫌になった瞬間

  • Wix editorでベタベタ作りこんでページが長くなってくると、編集時の操作感が極端に悪くなります。最悪ブラウザが固まったり、PCが遅くなり、作業が進まなくなり、何をやってるのかわからなくなります。一カ所直すだけでも一苦労。
  • WixのメリットであるWix Appを追加すると更に遅くなる。
  • NotePCの狭い画面ではWYSIWYGのwixは画像などがそのまま張り付いてしまうので全体が見えなくなって作業効率が悪い。
  • テキストがメインのサイトでSEOを意識してヘッダタグをつけようとすると、いちいちテキストボックスの中で処理するのでかなりメンドイ。

Wix向きのサイト

『Wixが嫌になる瞬間』が起きないサイトは向いてると思います。

例えば、

  • 1画面に収まるような会社情報を載せるだけの名刺代わりの簡単なサイト
  • 画像を並べるだけのポートフォリオサイト
  • 殆ど文字が無いサイト

Wix不向きなサイト

  • 頻繁に更新するサイト(重くてWix editorが開かない、開いても編集箇所まで行くのが大変)
  • ブログ(とても使いにくい)

Wixの更新を楽にするには?

ズバリ、更新しないサイトを作ることです。

更新が多いサイトでWixを使うなら、更新箇所を集約することです。

更新はブログのみにして、更新情報の抜粋は自動で表示されるようにしておくなど、ブログだけの更新で済むようなサイト構成にしておくことをお勧めします。

そうしないとWix editorを開くたびにPCが固まるようになります。

実はWixの奥は浅かった

Wixで何かわからないことがあった時に、Google検索してもWixの本体サイトのヘルプしか出てこない事が多いです。少なくとも日本語ではそうです。

Google検索して出てきたWixのヘルプなどをくまなく読めば大抵の疑問は解決しますが、こんなことはできないのか?という疑問があったときに、Wixでは出来ません、機能追加の要望を出してください、必ずしも追加されるとは限りません、という文言にぶち当たります。

それ以上どうすることもできません。

いろいろ使ってるうちにあれもこれも出来ないというWixの制限ばかりが目につくようになります。そのうち、同じようなサイトしか作れないことに気が付くので、サイトの作成が苦痛になります。

Wix codeはどうなの?

最近 Wix codeというのがベータリリースされています。Javascriptやデータベースも使えるので、これはこれでWixの制限を超えて何でもできるようになる半面、コーディングが必要になります。

こちらのページにWix codeはコーディング不要と書かれていますが、コーディングしなければ大したことはできません。

導入のハードルが低いのが魅力だったWixユーザーにとってWix codeは受け入れられないような感じがします。やってることはほぼWordpressに近いので、そこまでするならWordpressでいいよねと思います。

Wix codeのリスト・グリッドのデータベース接続(Repeater)がメチャ遅かった
WixにWix codeがリリースされてから結構時間が経ちました。Wix codeで利用できる便利な機能にリピーターというのがあります。リピーターはWixエディタではリスト&グリッドとよばれるパーツになります。 Wix Codeとリピータ...

まだ、Wixで消耗してるの?

Wixはとりあえずのサイト作成の時には便利です。しかし、頻繁に更新するような本格的なサイト運営には向いていません。

Wixのような高機能で、かつ、更新が苦にならない軽快な環境はWordpressと高級テーマの組み合わせで実現できます。

こちらの記事でWordPressの高機能なテーマについてまとめています。

海外製の有名有料テーマならほとんどVisual editorがついてますので、それを使えば、複雑な構造のページでもサクサク作っていけますし、重くならないので、作業効率は断然良いと思います。テーマを購入する必要があるのですが、必要経費だと思います。

ただ、今どきのレスポンシブデザインの知識が無いと厳しいかもしれません。

まとめ

WordPressいらなくね?と思いながら始まった私のWixライフは、やっぱりWordpressないと困るよねという結論に達したのであります。

しかし、私はWordpressユーザーにこそWixの使用を薦めたいと思います。そうすることで、WixのテンプレートをWordpressで実現するにはどうしたらよいだろうか、とか、いろんな発想がWixサイドから得られるからです。

ま、最終的にはWixの限界を感じてしまいましたが、Wixをいじって得るものは大きかったと思います。

 

この記事が気に入ったら フォローしよう
最新情報をお届けします。
この記事を書いた人
ブーン

はるばる日本よりオランダ王国へやってまいりました。
自分の経験が少しでも参考になれば嬉しいです。
お問い合わせは、『こちら』からお願い致します。

\ブーンをフォロー/
スポンサーリンク
サイト運営
\シェアお願いします!/
\ブーンをフォロー/

失敗しないレンタルサーバーランキング

mixhost

不正アクセスに強くて使いやすいおススメサーバー
\本サイトで利用中/
メリット①:自動ウィルス駆除対応
メリット②:サイトの表示速度が速い!
メリット③:転送量の上限が多い!
メリット④:自由にプラン変更ができ、アクセス増にも対応できる!
メリット⑤:バックアップデータが無料で復元できる!
メリット⑥:Wordpressが簡単にインストールできる!
メリット⑦:どのプランでも初期費用が無料!
メリット⑧:10日間の無料お試し期間と30日の返金保証!

Conoha Wing

国内Wordpress最速の最強サーバー
メリット①:圧倒的な表示速度
メリット②:レンタルサーバーと独自ドメインがセットでお得◎
メリット③:プラン変更はすべてのプランで自由自在
メリット④:一か月の利用転送量の制限が緩い(9TB~)
メリット⑤:WordPresサイトの移行が簡単

エックスサーバー

国内シェアNo1の安定性と実績が魅力。ALL SSDで死角なしの万能サーバー。
メリット①:サイトの表示速度が安定して速い!
メリット②:アクセス負荷に強くて安定性が高い!
メリット③:24時間365日の充実サポートで安心!電話サポートもあり!
メリット④:転送量が多い!
メリット⑤:自動バックアップ機能付き!
メリット⑥:WordPressが簡単にインストールできる!
メリット⑦:10日の無料お試し期間がある!

オランダで生きていく
タイトルとURLをコピーしました