お問い合わせはコチラから

WordPress5.5でjQuery Migrateが廃止!エラーは回避できる

サイト運営

WordPress5.5で念願のjQery Migrateが廃止されました。これは結構インパクトありましてWordrpess5.5にアップデートして世界中で阿鼻叫喚している原因でもあります。

この記事では、Wordpress5.5にアップデートしてエラーが出る場合の対処方法についてまとめておきます。

WordPress5.5にアップデートしていいのか?

アップデートして大丈夫です。

ただし、enable-jquery-migrate-helperというプラグインは必須です。

このプラグインを追加することで、jQuery Migrate廃止の影響はなくなるので、Wordpress5.4.2と同じように使うことができます。

プラグインやテーマのアップデートを待つ間は、enable-jquery-migrate-helperを入れておけば問題は起きません。

enable-jquery-migrate-helperで指摘された部分を修正

enable-jquery-migrate-helperをインストールして有効化すると、ブラウザの検証ツールのコンソールにjQuery Migrateの警告が表示されるようになります。

例えば、こんな感じで出ます。

Console Warning: JQMIGRATE: jQuery.fn.load() is deprecated

もう使えなくなった記述があるという指摘ですね。

以下のように、load(function()){を使っている部分がダメで、on(‘load’,function(){を使わないといけません。

jquery migrateが必要な記述

load(function()){を使っている部分がダメ

jQuery(window).load(function () {
    xlwuev_verification_page();
    email_template_tab();
});

jquery migrateが不要な記述

代わりに、on(‘load’,function(){を使う。

jQuery(window).on('load',function () {
    xlwuev_verification_page();
    email_template_tab();
});

enable-jquery-migrate-helperはコンソールでエラーが無ければ外してよい

enable-jquery-migrate-helperを入れたままにしておくのは、Wordpress5.5の開発思想に反しますので、警告が出なくなった時点で、停止しておくのが良いと思います。

まとめ

WordPress5.5のインパクトはかなり大きく、テーマとプラグインのアップデートが毎日のように来ます。ですので、それらが対応するのは時間の問題だと思います。

自分で書いたjavascriptに警告が出ている場合には、頑張って直して早めにenable-jquery-migrate-helperを外すようにした方が良いと思います。

タイトルとURLをコピーしました