お問い合わせはコチラから

WordPress6.0ブロックエディタのスタイル読み込みの遅さが解消

サイト運営

スタイルパネルの見た目がテキスト主体に変更

WordPress6.0になって個人的に一番うれしいのは、ブロックエディタの右側のブロックパネルを開いた時のスタイルの読み込みが速くなったことです。

スタイルの読み込みが速くなったというより、読み込まなくなったという方が正しいです。従来CSSなどを読み込んで分かりやすくビジュアルにスタイルを表示していましたが、wrodpress6.0からテキストだけに変更になりました。

表示が若干さみしい感じもしますが、従来が豪華すぎたとも言えます。(だから遅かった)

しかし、テキストをマウスでホーバーするとスタイルがプレビューされるので、無駄がありません。

そのため、右側のブロックパネルを表示していてもブロックエディタがモッサリすることが無くなりました。

CocoonやSnowMonkeyもWP6.0で自動的に高速化

以前、Snowmonkeyエディタが遅くてまともに記事が書けないという記事を書きましたが、その問題もWordpress6.0から解消されています。

モッサリ気味だったCocoonやSnowmonkeyはWP6.0で体感速度がかなり早くなりました。逆にSWELLは他のテーマが速くなった分、体感的にはモッサリ感が増したように思います。

まとめ

ブロックエディタが多機能になっていくにつれて、見た目の豪華さとスピードのトレードオフのバランスが難しくなっていくだろうとは思っていました。

classicエディタとブロックエディタの関係は、テキストエディタとマイクロソフトのWordとの関係を思い出します。Wordは多機能だけどビジュアルモード?だと文章を書くのには向いてないので、文章が長くなった時には、なるべく装飾が無いモードで編集することになります。

結局テキストエディタで文章を書いている人が多かったです。

ブロックエディタはクラシックエディタを完全に置き換えることは出来ないような気がします。ブログ記事を書く場合は、ブロックを配置するよりもショートコードを置く方が作業効率が良いし、テーマ変更時のことを考えると管理も楽だからです。

この記事が気に入ったら フォローしよう
最新情報をお届けします。
この記事を書いた人
ブーン

はるばる日本よりオランダ王国へやってまいりました。
自分の経験が少しでも参考になれば嬉しいです。
お問い合わせは、『こちら』からお願い致します。

\ブーンをフォロー/
スポンサーリンク
サイト運営
\シェアお願いします!/
\ブーンをフォロー/

失敗しないレンタルサーバーランキング

mixhost

不正アクセスに強くて使いやすいおススメサーバー
\本サイトで利用中/
メリット①:自動ウィルス駆除対応
メリット②:サイトの表示速度が速い!
メリット③:転送量の上限が多い!
メリット④:自由にプラン変更ができ、アクセス増にも対応できる!
メリット⑤:バックアップデータが無料で復元できる!
メリット⑥:Wordpressが簡単にインストールできる!
メリット⑦:どのプランでも初期費用が無料!
メリット⑧:10日間の無料お試し期間と30日の返金保証!

Conoha Wing

国内Wordpress最速の最強サーバー
メリット①:圧倒的な表示速度
メリット②:レンタルサーバーと独自ドメインがセットでお得◎
メリット③:プラン変更はすべてのプランで自由自在
メリット④:一か月の利用転送量の制限が緩い(9TB~)
メリット⑤:WordPresサイトの移行が簡単

エックスサーバー

国内シェアNo1の安定性と実績が魅力。ALL SSDで死角なしの万能サーバー。
メリット①:サイトの表示速度が安定して速い!
メリット②:アクセス負荷に強くて安定性が高い!
メリット③:24時間365日の充実サポートで安心!電話サポートもあり!
メリット④:転送量が多い!
メリット⑤:自動バックアップ機能付き!
メリット⑥:WordPressが簡単にインストールできる!
メリット⑦:10日の無料お試し期間がある!

オランダで生きていく
タイトルとURLをコピーしました