お問い合わせはコチラから

WP-Optimizeのページキャッシュはおススメなのか?

サイト運営

WordPressを使っているとサイトのモッサリ感との闘いになります。

キャッシュプラグインを使えば高速化できるのですが、無料の場合はPCとモバイルでキャッシュを分けることが出来ないのが普通です。

Cache enablerは軽量なキャッシュプラグインと言われているのですが、サーバーとの相性もあるのか、体感速度はあまり早くなりません。

Cache enablerは読み込み速度は速いのですが、表示されるまでの体感速度が遅く感じます。純粋なHTMLサイトのように一瞬で表示されず、引っかかる感じです。

そういうこともあって、キャッシュプラグインを変更しようかな?と思っていたところ、無料で軽いページキャッシュプラグインがあったので、この記事でご紹介します。

有料のキャッシュプラグインノおすすめは?

有料で最強なのはWP-Rocketプラグイン

サイトの高速化という意味で最強なプラグインはWP-Rocketだと思います。

お金に余裕がある人は迷わず使ったらいいと思います。

ただ、年間サブスクリプションの有料プラグインなので余程のことが無いと手を出しにくいプラグインです。

WP Fastest cacheプラグインもおススメ

WP Fastest cacheプラグインは無料版もあります。

無料版はPCとモバイルのキャッシュを分けられません。

有料版を使うとすべて解決します。

買い切りタイプのライセンスなので、WP-Rocketよりも手を出しやすいプラグインだと思います。

ただ、このプラグインはキャッシュファイルのサイズが大きいのが難点です。

WP-Optimizeのキャッシュ機能は優秀

無料で簡単に使えるキャッシュプラグインはそれほど多くないです。多機能なキャッシュプラグインを入れることで遅くなってしまうジレンマがあります。

Cache enablerは軽くてお奨めでしたが、プリロード機能もなく、それほど速くなる感じがしません。

最近、無料なのにPCとスマホでキャッシュを分けられて、プリロード機能もある有料級の機能をもつプラグインがあることに気が付きました。

それはWP-Optimizeです。

もともと、DBの最適化をメインとしたプラグインでしたが、最近は最適化関連の機能がゴリゴリ増えてきてその一環でキャッシュ機能も追加されたようです。

キャッシュの性能は他のプラグインと比べても優れています。この結果を信じるならWP-Rocketを買う理由がなくなります。

WP-Optimizeキャッシュ機能の説明

キャッシングでは、動的データを一時ストレージ領域に保持して、瞬時に取得できるようにします。キャッシングは、Webページが超高速でロードされることを保証する確実な方法です。

実際には、強力でありながらシンプルなキャッシュ機能により、ユーザーがサイトにアクセスしたり、サイトに投稿したりしたときにキャッシュが生成されます。WordPressは動的phpファイルを処理してそのページを生成し、それをキャッシュフォルダー内の静的htmlファイルに保存します。これにより、次のユーザーがアクセスしたときにページがキャッシュされ、処理する必要がなくなります。このキャッシュにより、読み込み時間が大幅に短縮され、サーバーにわずかな中断が生じます。したがって、キャッシュはサーバーのリソースの使用を減らしながら、速度とパフォーマンスを向上させます。

最小限の構成で、WP-Optimizeを使用してサイトをキャッシュすることは、次のような便利な機能の負荷のおかげで簡単に実行できます。

  • キャッシュが常に準備ができてロードされるようにするためのキャッシュのプリロード
  • HTML、JavaScript、CSSのGzip圧縮により、サイトの読み込み時間を短縮します。
  • 最適化されたページバージョンが常に提供されるようにするためのデバイス固有のキャッシュ
  • 高度なキャッシュ除外ルール。ログインしたユーザー、特定のURL、またはCookieを除外することで、ほとんどすべてをキャッシュできます。
  • 前回のリクエスト以降に変更が加えられていない場合に、キャッシュされたリソース(HTML、CSS、JS、画像)を再利用するようにクライアントブラウザーに指示するブラウザーキャッシュ

設定画面

ページキャッシュ

PCとモバイルでキャッシュを分けられます。

先読み(プリロード)

プリロードは結構重要な機能です。

詳細設定

除外設定も一通りあります。

WP-Optimizeのキャッシュの問題点

WP-Optimizeのキャッシュはメモリを大量に消費する

WP-Optimizeのキャッシュを有効にしてからサーバーのリソースを確認したらメモリ使用量が急激に増えていました。

メモリを大量に使って高速化しているのかもしれませんが、これはちょっと問題あるレベルなので、使うのはやめることにしました。

定期的に下がっているところを見ると、おそらくプリロードの負荷が高いのだと思います。プリロードを切れば良いのかもしれませんが、それだとCache enablerと違いが無いので使うのはやめようと思います。

WP-OptimizeはPolylangと相性が良くない

完璧に思われたWP-Optimizeですが、多言語化プラグインpolylangと相性が良くないです。

Cache enablerもそうなのですが、多言語化したサイトのTOPページ(メイン言語)がキャッシュされません。

Light Speed Cacheは、Polylangと同時に使ってもすべてのページがキャッシュされます。

Polylangを使っていて、サーバーがLightSpeedの場合はLight Speed Cacheの方がいいですね。

まとめ

WP-Optimzeのキャッシュ機能は意外と知られていないので、すでにWP-Optimzeプラグインを導入している人はキャッシュ機能を使ってみると結構早くなると思います。

Cache enablerより読み込み速度は遅くなっているようですが、表示速度はかなり早くなったように感じます。

キャッシュプラグインの選択方法
  • 1サイトしか運用していないサーバーの場合はWP-Optimizeのキャッシュがおススメ
  • 複数サイトを運用している場合は、メモリ使用量を見て使えるか判断した方が良い。危険ゾーンになっている場合は、Cache enablerの方が低負荷。
  • Polylangを使っていて、サーバーが対応している場合は、Light Speed Cacheがおススメ
タイトルとURLをコピーしました