お問い合わせはコチラから

CONOHA WingでNot Found The requested URL was not found on this server.となった時の対処方法

サイト運営

最近サーバー移転先のトレンドは、XserverかCONOHA Wingの2択です。最近、XserverがKusanagiを導入すると発表がありましたので、Xserver⇒CONOHA Wingへのサーバー移転する人も減るかもしれません。

サーバー移転時に、Xserverでトラブルにあったことはほぼ無いです。一方でCONOHA Wingはトラブルが多いイメージがあります。

先日はDiviを使ったサイトをCONOHA Wingに移転した際に、同一ドメインにあるfontが読み込めないトラブルがありました。

別の機会でCONOHA Wingにサーバー移転した際に別のトラブルに会いました。

移転後に記事をクリックすると、

Not Found The requested URL was not found on this server.

となって表示されません。

全ての記事が表示できないのです。

『パーマリンクを変更せずに更新をクリック』すれば直るよね、という定番の対処方法を行いましたが、それでは直りませんでした。

この時点で、またConoha wing特有のトラブルか?と思って心が折れそうになりました。

この記事では、 パーマリンクを変更せずに更新しても記事が表示できない時の対処方法をメモしておきます。

まず、パーマリンク設定を変更してみて状況を確認

パーマリンク設定を変更して状況を確認しました。

設定⇒パーマリンク設定⇒共通設定で基本では表示できるようでしたが、基本以外はすべてNGでした。

ひとまず、記事が表示できることは分かったのでサイトは正常に移転できていることが確認できました。

サイトではなく、サーバー側に問題があるという問題の切り分けは出来ました。

記事の編集は可能

ダッシュボードから投稿一覧を確認すると、当然ながら記事はすべてありました。

記事の編集も通常通りおこなうことができました。

おそらく、編集時に使用されるURLがパーマリンク設定の影響がない、基本と同じになっているからだと思います。

.htaccessを確認

次に怪しいのが.htaccessです。

.htaccessをみると、Wordpressインストール時に自動的に追加されるいつもの記述がありませんでした。

中身が空っぽでした。

いつもあるはずのこんなやつがありません。

# BEGIN WordPress
<IfModule mod_rewrite.c>
RewriteEngine On
RewriteBase /
RewriteRule ^index\.php$ - [L]
RewriteCond %{REQUEST_FILENAME} !-f
RewriteCond %{REQUEST_FILENAME} !-d
RewriteRule . /index.php [L]
</IfModule>
# END WordPress

Conoha Wingでは、上記の記述がないと投稿が表示できなくなるようです。

.htaccessに追加したら、投稿が正常に表示されるようになりました。

【WordPress】パーマリンク設定後のNotFoundの直し方【初心者向け】
WordPressで『パーマリンク設定』を行なった後でまれに起こる『Not Found』表示を5分で解消する方法を紹介します。ConoHa WINGもしくはXserverをご利用の方は特に簡単にできます。

まとめ

XserverになれているとConoha wingはかなりクセが強いサーバーだなと思います。XserverもKusanagiに切り替わるので同じように使いにくいサーバーにならないことを祈っています。

タイトルとURLをコピーしました