WordPressで404 Not foundになったときの解決方法

サイト運営

この記事では、Wordpressの設定画面をいじっていたら、404 Not foundになってしまったときの対処方法についてまとめています。

WordPressでカスタム投稿タイプを使って、Wordpress管理画面でパーマリンクの設定やTOPページの設定などをいじっていたら、突然投稿記事で404 Not foundが表示される時があります。

こんな状態、実際になるとスゲー焦ります。

それでは、対処方法についてご紹介いたします。

何をしたらWordpress 404 Not foundが発生したか?

TCDテンプレートを使用しているケースで、Wordpress管理画面の設定で、投稿の表示の設定で『最新の投稿』が選ばれていたのを、ホームページとブログページを個別に指定するように変更。

また、ホームページとブログページように固定ページ(HomeとBlog)を作成しました。

その後、すべての記事が404 Not foundになりました。

HTTP 404、またはエラーメッセージ Not Found(「未検出」「見つかりません」の意)は、HTTPステータスコードの一つ。 クライアントがサーバに接続できたものの、クライアントの要求に該当するもの (ウェブページ等) をサーバが見つけられなかったことを示すもの。

WordPress 404 Not foundの解決方法

突然、404 Not foundになったとしても、解決法補がありますのでご安心ください。

404 Not found 解決方法その1

WordPress 404 Not foundを直すのは簡単で、変更した設定値を戻せば復活すると思います。

ですので、焦らずに一度設定を元に戻して落ち着きましょう。

しかし、この方法では本来行いたいことができないのと同じです。

【本命】404 Not found 解決方法その2

解決方法1では困るという方、他の解決策はないでしょうか?

他の方法をご紹介します。

WordPress の404 Not foundは、次のように行うことで問題が解決される可能性が高いです。

  • キャッシュの削除
  • パーマリンクの設定を変更せずに『更新』する

キャッシュの削除

キャッシュの削除は、以下の記事に詳しいと思います。

特にChromeの方はスーパーリロードでもダメな場合には、『キャッシュの消去とハード再読み込み』を試してみてください。

Google Chromeで素早くキャッシュをクリアしてページを正しく表示させる
ブラウザでWebページが正しく表示されない原因の一つに、ブラウザのキャッシュが悪影響を及ぼしていることが挙げられます。そのキャッシュを素早く消去しつつページを再読み込みしてトラブルを解消する方法を紹介します。

パーマリンクの設定を変更せずに『更新』する

WordPressの管理画面で、設定⇒パーマリンクの設定とすすみ、何も変更せずに、更新ボタンをクリックしてください。URL周りの設定変更をした場合に404 Not foundとなる場合の対処法として有名な方法です。

まとめ

WordPressのようなCMSを使っていると404 Not foundというのはあまり見かけなくなるので、突然出るようになると絶望的な気分になりますが、落ち着いて対処すれば大丈夫です。

今回のケースは、パーマリンクの設定を明示的に変更していない状況で、Wordpress管理画面の設定で、投稿の表示の設定で『最新の投稿』が選ばれていたのを、ホームページとブログページを個別に指定するように変更した影響でURL周りの設定が変わったのかもしれません。

 

 

 

タイトルとURLをコピーしました