お問い合わせはコチラから

これは便利!サイト内のテキストファイルから文字列を検索するプラグイン

サイト運営

自作テーマなどでテンプレート直書きの部分を修正する際に、Wordpressの管理画面からテーマファイルなどから特定の文字列を検索したい!とずっと思っていました。

UNIXのgrepコマンドのように文字列を検索したかったのです。

多分できないんだろうな!と諦めていたのですが、そのものずばりのプラグインがあったので、メモしておきたいと思います。

String Locatorプラグイン

String Locatorプラグインを使うと、ファイルを一括検索して文字列を含むファイルと文字列の場所を一覧で表示してくれます。

UNIXのgrepコマンドと同じように使えます。

テーマやプラグインを使っているときに、ファイルに直接コーディングされているように見えるテキストに気付くことがよくあります。それらを変更する必要があっても、どのテーマやプラグインに含まれているかは分からなかったり、どのファイルを調べればよいかも分からなかったりします。

このプラグインを使えば、テーマ、プラグイン、WordPress コアファイル内を簡単に検索でき、ファイル一覧、一致したテキスト、検索に一致下ファイルの行が表示されます。
検索結果のリンクをクリックすれば、ブラウザー上で直接編集を行うことができます。

String locator
テーマやプラグイン内のコードや文字列を検索・編集します。

検索結果から直接ファイルを開いて編集し、保存することもできますので、とても捗ります。

テーマのフックを探す時にも便利だと思います。

String Locatorプラグインの使い道

テーマやプラグインのフックを調べる

add_filter()やadd_action()でフックをかけますが、ソースコードではapply_filters、do_actionが定義個所になります。

String Locatorプラグインからapply_filters、do_actionを検索すれば、プラグインやテーマのフックの定義を調べることができます。

テーマファイルの特定文字列を検索する

ドメイン名が直書きされてるテーマファイルがあるかもしれません。ドメイン変更などがあると、テーマファイル内のドメイン名を書き換えるなければいけません。

その時に、String Locatorプラグインを使うと簡単に問題の箇所を探し出すことができます。

この記事が気に入ったら フォローしよう
最新情報をお届けします。
この記事を書いた人
ブーン

はるばる日本よりオランダ王国へやってまいりました。
自分の経験が少しでも参考になれば嬉しいです。
お問い合わせは、『こちら』からお願い致します。

\ブーンをフォロー/
スポンサーリンク
サイト運営
\シェアお願いします!/
\ブーンをフォロー/

失敗しないレンタルサーバーランキング

mixhost

不正アクセスに強くて使いやすいおススメサーバー
\本サイトで利用中/
メリット①:自動ウィルス駆除対応
メリット②:サイトの表示速度が速い!
メリット③:転送量の上限が多い!
メリット④:自由にプラン変更ができ、アクセス増にも対応できる!
メリット⑤:バックアップデータが無料で復元できる!
メリット⑥:Wordpressが簡単にインストールできる!
メリット⑦:どのプランでも初期費用が無料!
メリット⑧:10日間の無料お試し期間と30日の返金保証!

Conoha Wing

国内Wordpress最速の最強サーバー
メリット①:圧倒的な表示速度
メリット②:レンタルサーバーと独自ドメインがセットでお得◎
メリット③:プラン変更はすべてのプランで自由自在
メリット④:一か月の利用転送量の制限が緩い(9TB~)
メリット⑤:WordPresサイトの移行が簡単

エックスサーバー

国内シェアNo1の安定性と実績が魅力。ALL SSDで死角なしの万能サーバー。
メリット①:サイトの表示速度が安定して速い!
メリット②:アクセス負荷に強くて安定性が高い!
メリット③:24時間365日の充実サポートで安心!電話サポートもあり!
メリット④:転送量が多い!
メリット⑤:自動バックアップ機能付き!
メリット⑥:WordPressが簡単にインストールできる!
メリット⑦:10日の無料お試し期間がある!

オランダで生きていく
タイトルとURLをコピーしました