お問い合わせはコチラから

FTPアカウントだけでWordPressログイン情報を調べる方法

サイト運営

あるWordpressサイトの管理者が何らかの理由でいなくなり、Wordpressの管理者アカウントを誰も知らないまま放置されているサイトというのは結構あります。それで、FTPアカウントだけ分かっているのでどうにかならないか?という状況を見かけます。

基本、WordpressのDBにアクセスできないとログイン情報をいじることは出来ないと思っていたのでFTPアカウントだけではパスワード変更は無理だと思っていました。

そうではないようですので、備忘録として残しておきたいと思います。

phpMyadminなどでDBにアクセスできる場合は以下の記事を参考にしてください。

FTPアカウントだけでWordpress管理者パスワードを変更

方法1:functions.php経由でパスワードリセットする方法

functions.phpに以下の記述を追加することで、パスワードを初期化できます。

ユーザーIDは指定できますが、ユーザー名は変更できません。

wp_set_password( 'password', 1 );
wp_set_password
void wp_set_password( string $password, int $user_id ) ログインパスワードを設定する。

問題点:

  • ユーザーIDを知らないとログインできない
  • 現在使用しているテーマを知らないとfunctions.phpの場所がわからない

方法2:緊急パスワードリセットスクリプトを使用してWordPressパスワードをリセットする方法

緊急パスワードリセットスクリプト

User:MichaelH/Orphaned Plugins needing Adoption/Emergency « WordPress Codex
使用方法 
  1. 以下のスクリプトをemergency.phpというファイルとしてWordPressインストールのルート(wp-config.phpと同じディレクトリ)に保存します。
  2. ブラウザで、http://example.com/emergency.phpを開きます
  3. 指示に従って、管理者のユーザー名(通常はadmin)と新しいパスワードを入力し、[更新オプション]をクリックします。パスワードが変更されたことを示すメッセージが表示されます。変更されたパスワード情報が記載されたメールがブログ管理者に送信されます。
  4. 完了したら、サーバーからemergency.phpを削除します。他の誰かがあなたのパスワードを変更するためにそれを使用する可能性があるので、あなたのサーバーにそれを残さないでください。
<?php
/*
	This program is free software; you can redistribute it and/or modify
    	it under the terms of the GNU General Public License as published by
    	the Free Software Foundation; either version 2 of the License, or
    	(at your option) any later version.

	This program is distributed in the hope that it will be useful,
    	but WITHOUT ANY WARRANTY; without even the implied warranty of
    	MERCHANTABILITY or FITNESS FOR A PARTICULAR PURPOSE.  See the
    	GNU General Public License for more details.

	You should have received a copy of the GNU General Public License
    	along with this program; if not, write to the Free Software
    	Foundation, Inc., 59 Temple Place, Suite 330, Boston, MA  02111-1307  USA
*/

require './wp-blog-header.php';

function meh() {
	global $wpdb;

	if ( isset( $_POST['update'] ) ) {
		$user_login = ( empty( $_POST['e-name'] ) ? '' : sanitize_user( $_POST['e-name'] ) );
		$user_pass  = ( empty( $_POST[ 'e-pass' ] ) ? '' : $_POST['e-pass'] );
		$answer = ( empty( $user_login ) ? '<div id="message" class="updated fade"><p><strong>The user name field is empty.</strong></p></div>' : '' );
		$answer .= ( empty( $user_pass ) ? '<div id="message" class="updated fade"><p><strong>The password field is empty.</strong></p></div>' : '' );
		if ( $user_login != $wpdb->get_var( "SELECT user_login FROM $wpdb->users WHERE ID = '1' LIMIT 1" ) ) {
			$answer .="<div id='message' class='updated fade'><p><strong>That is not the correct administrator username.</strong></p></div>";
		}
		if ( empty( $answer ) ) {
			$wpdb->query( "UPDATE $wpdb->users SET user_pass = MD5('$user_pass'), user_activation_key = '' WHERE user_login = '$user_login'" );
			$plaintext_pass = $user_pass;
			$message = __( 'Someone, hopefully you, has reset the Administrator password for your WordPress blog. Details follow:' ). "\r\n";
			$message  .= sprintf( __( 'Username: %s' ), $user_login ) . "\r\n";
			$message .= sprintf( __( 'Password: %s' ), $plaintext_pass ) . "\r\n";
			@wp_mail( get_option( 'admin_email' ), sprintf( __( '[%s] Your WordPress administrator password has been changed!' ), get_option( 'blogname' ) ), $message );
			$answer="<div id='message' class='updated fade'><p><strong>Your password has been successfully changed</strong></p><p><strong>An e-mail with this information has been dispatched to the WordPress blog administrator</strong></p><p><strong>You should now delete this file off your server. DO NOT LEAVE IT UP FOR SOMEONE ELSE TO FIND!</strong></p></div>";
		}
	}

	return empty( $answer ) ? false : $answer;
}

$answer = meh();
?>
<!DOCTYPE html PUBLIC "-//W3C//DTD XHTML 1.0 Transitional//EN" "http://www.w3.org/TR/xhtml1/DTD/xhtml1-transitional.dtd">
<html xmlns="http://www.w3.org/1999/xhtml">
<head>
	<title>WordPress Emergency PassWord Reset</title>
	<meta http-equiv="Content-Type" content="<?php bloginfo( 'html_type' ); ?>; charset=<?php bloginfo( 'charset' ); ?>" />
	<link rel="stylesheet" href="<?php bloginfo( 'wpurl' ); ?>/wp-admin/wp-admin.css?version=<?php bloginfo( 'version' ); ?>" type="text/css" />
</head>
<body>
	<div class="wrap">
		<form method="post" action="">
			<h2>WordPress Emergency PassWord Reset</h2>
			<p><strong>Your use of this script is at your sole risk. All code is provided "as -is", without any warranty, whether express or implied, of its accuracy, completeness. Further, I shall not be liable for any damages you may sustain by using this script, whether direct, indirect, special, incidental or consequential.</strong></p>
			<p>This script is intended to be used as <strong>a last resort</strong> by WordPress administrators that are unable to access the database.
				Usage of this script requires that you know the Administrator's user name for the WordPress install. (For most installs, that is going to be "admin" without the quotes.)</p>
			<?php
			echo $answer;
			?>
			<p class="submit"><input type="submit" name="update" value="Update Options" /></p>

			<fieldset class="options">
				<legend>WordPress Administrator</legend>
				<label><?php _e( 'Enter Username:' ) ?><br />
					<input type="text" name="e-name" id="e-name" class="input" value="<?php echo attribute_escape( stripslashes( $_POST['e-name'] ) ); ?>" size="20" tabindex="10" /></label>
				</fieldset>
				<fieldset class="options">
					<legend>Password</legend>
					<label><?php _e( 'Enter New Password:' ) ?><br />
					<input type="text" name="e-pass" id="e-pass" class="input" value="<?php echo attribute_escape( stripslashes( $_POST['e-pass'] ) ); ?>" size="25" tabindex="20" /></label>
				</fieldset>

				<p class="submit"><input type="submit" name="update" value="Update Options" /></p>
			</form>
		</div>
	</body>
</html>
<?php exit; ?>

問題点:

  • ユーザーIDを知らないとログインできない

ユーザーIDを調べる方法

WordPressでは簡単な手順でユーザーIDを変更することが出来ません。ですので、既存のアカウントのユーザーIDを知らない場合はどうにかして調べる必要があります。

投稿者アーカイブからユーザー名が分かる

WordPressのユーザー名は丸見え!?
知っていますか?WordPressのログインユーザー名はだだ漏れだという事実を...ダッシュボード乗っ取り防止のためのセ...

WordPressでは投稿者ごとのアーカイブ(Author Archive)というページが自動作成されます。
この投稿者アーカイブはユーザー名がadminならば、example.com/author/adminでアクセスできます。
投稿者アーカイブへのリンクを作らなければ、閲覧者に知られることはないのではと思われますが、実はサイトURLに?author=ユーザーIDというパラメータを付けることでユーザー名の投稿者アーカイブにリダイレクトされます。

つまり・・・
example.com/?author=1でアクセスすれば
example.com/author/adminにリダイレクトされるということです。

?author=1の数字はユーザーIDになるわけですが、一番はじめに作られるユーザーが1となり、アカウントがひとりの場合、通常は1です。
2つ目以降のユーザーはauthor=2となっていきますので、1から順番にアクセスしてみればよいのです。

この記事が気に入ったら フォローしよう
最新情報をお届けします。
この記事を書いた人
ブーン

はるばる日本よりオランダ王国へやってまいりました。
自分の経験が少しでも参考になれば嬉しいです。
お問い合わせは、『こちら』からお願い致します。

\ブーンをフォロー/
スポンサーリンク
サイト運営
\シェアお願いします!/
\ブーンをフォロー/

失敗しないレンタルサーバーランキング

mixhost

不正アクセスに強くて使いやすいおススメサーバー
\本サイトで利用中/
メリット①:自動ウィルス駆除対応
メリット②:サイトの表示速度が速い!
メリット③:転送量の上限が多い!
メリット④:自由にプラン変更ができ、アクセス増にも対応できる!
メリット⑤:バックアップデータが無料で復元できる!
メリット⑥:Wordpressが簡単にインストールできる!
メリット⑦:どのプランでも初期費用が無料!
メリット⑧:10日間の無料お試し期間と30日の返金保証!

Conoha Wing

国内Wordpress最速の最強サーバー
メリット①:圧倒的な表示速度
メリット②:レンタルサーバーと独自ドメインがセットでお得◎
メリット③:プラン変更はすべてのプランで自由自在
メリット④:一か月の利用転送量の制限が緩い(9TB~)
メリット⑤:WordPresサイトの移行が簡単

エックスサーバー

国内シェアNo1の安定性と実績が魅力。ALL SSDで死角なしの万能サーバー。
メリット①:サイトの表示速度が安定して速い!
メリット②:アクセス負荷に強くて安定性が高い!
メリット③:24時間365日の充実サポートで安心!電話サポートもあり!
メリット④:転送量が多い!
メリット⑤:自動バックアップ機能付き!
メリット⑥:WordPressが簡単にインストールできる!
メリット⑦:10日の無料お試し期間がある!

オランダで生きていく
タイトルとURLをコピーしました