お問い合わせはコチラから

Code Snippetsでエラー出てサイトが表示されない時の対処方法

サイト運営

Code Snippetsはfunction.phpを直接編集せずとも、カスタマイズできるとても便利なプラグインです。

このプラグインは、コードにエラーがあっても画面が真っ白になることを避けることができるというのが売りの一つです。

しかし、完璧じゃないのでやはり、エラーが出てサイトが表示されなくなることはあります。

Code SnippetsのスニペットはDBに保存されているので、function.phpのようにFTPでファイルを編集して修正というわけにもいかないので、エラーが出てサイトが表示されなくなると猛烈に焦るわけです。

でも、ご安心ください。エラーが出てサイトが表示されなくなった時の対処方法はしっかり用意されています。

この記事ではCode Snippetsでエラーが出てサイトが表示されなくなった時の対処方法と失敗しやすいポイントについて説明しています。

この記事を読むことで、Code Snippetsを使用してサイトが表示されなくなった時に焦らずに対処することができるでしょう。

Code Snippets の使い方

Code Snippetsで保存できたのに、サイトを表示したらエラーが出た時の対処方法

エラーのあるコードはCode Snippetsでは保存できないはずですが、保存できてしまって結果的にサイトが表示できなくなることが結構あります。

そんな時は、公式サイトに対処方法が書かれていますので、それに従って対処しましょう。

To activate safe mode, add the following line to your wp-config.php file, somewhere before the line that reads “/* That’s all, stop editing! Happy blogging. */“:

define('CODE_SNIPPETS_SAFE_MODE', true);

After enabling safe mode, you should be able to log in to your WordPress dashboard and deactivate or fix the snippet that was causing the issue.

Once this is done, you can to turn safe mode off by either commenting out this line or deleting it.

A more convenient way to enable sage mode on a per-page basis is by appending

?snippets-safe-mode=true

 to the URL of the current page.

FTPが必要な修正手順

FTPが必要な手順
  1. wp-config.php をFTPで開く
  2. 最後の方のコメント/* That’s all, stop editing! Happy blogging. */ を見つける
  3. その直後に、 define(‘CODE_SNIPPETS_SAFE_MODE’, true); を張り付ける
  4. サイトが表示されたら、Code Snippetsを開いて、問題のあるコードを修正する
  5. wp-config.phpをFTPで開いて、追加した記述を削除する

wp-config.phpの一番最後に貼り付けるという記事をよく見かけるが、コメントの直後に貼り付けないとセーフモードが有効にならないので注意

FTPが不要な修正手順

こちらの方が簡単なのでおススメです。

FTP不要な手順
  1. URLの最後に、?snippets-safe-mode=trueをつけて管理画面を開く
  2. サイトが表示されたら、Code Snippetsを開いて、問題のあるコードを修正する

Code snippetsを使用したサイトがあったら、URLの後ろに ?snippets-safe-mode=true をつけて表示してみてください。Code snippetsが無効になっているのが確認できると思います。

クエリの文字列がついたURLで重大なエラーが出る場合は、?を&に置き換えないとエラーが出ます。

例:クエリ付きのURLの場合

https://aaaa.com?ccc=ddd

https://aaaa.com?snippets-safe-mode=true&ccc=ddd

まとめ

Code snippetsは、子テーマを作らずともfunction.phpによるカスタマイズと同等のことができるので他人のサイトをカスタマイズするときには必須のプラグインです。

反面、エラーが出てしまったときの対処方法をしっかり理解しておかないと、サイトが表示されない時間との戦いになりますので、とても焦ることになります。

今回ご紹介した方法をしっかり理解しておけば、Code snippetsでエラーが出ても困ることは無くなるでしょう。

この記事が気に入ったら フォローしよう
最新情報をお届けします。
この記事を書いた人
ブーン

はるばる日本よりオランダ王国へやってまいりました。
自分の経験が少しでも参考になれば嬉しいです。
お問い合わせは、『こちら』からお願い致します。

\ブーンをフォロー/
スポンサーリンク
サイト運営
\シェアお願いします!/
\ブーンをフォロー/

失敗しないレンタルサーバーランキング

mixhost

不正アクセスに強くて使いやすいおススメサーバー
\本サイトで利用中/
メリット①:自動ウィルス駆除対応
メリット②:サイトの表示速度が速い!
メリット③:転送量の上限が多い!
メリット④:自由にプラン変更ができ、アクセス増にも対応できる!
メリット⑤:バックアップデータが無料で復元できる!
メリット⑥:Wordpressが簡単にインストールできる!
メリット⑦:どのプランでも初期費用が無料!
メリット⑧:10日間の無料お試し期間と30日の返金保証!

Conoha Wing

国内Wordpress最速の最強サーバー
メリット①:圧倒的な表示速度
メリット②:レンタルサーバーと独自ドメインがセットでお得◎
メリット③:プラン変更はすべてのプランで自由自在
メリット④:一か月の利用転送量の制限が緩い(9TB~)
メリット⑤:WordPresサイトの移行が簡単

エックスサーバー

国内シェアNo1の安定性と実績が魅力。ALL SSDで死角なしの万能サーバー。
メリット①:サイトの表示速度が安定して速い!
メリット②:アクセス負荷に強くて安定性が高い!
メリット③:24時間365日の充実サポートで安心!電話サポートもあり!
メリット④:転送量が多い!
メリット⑤:自動バックアップ機能付き!
メリット⑥:WordPressが簡単にインストールできる!
メリット⑦:10日の無料お試し期間がある!

オランダで生きていく
タイトルとURLをコピーしました