お問い合わせはコチラから

Contact form 7の『入力内容に問題があります。確認して再度お試しください』はコメントが原因かも

サイト運営

Contact form 7で以下のようなメッセージが出て、送信できなくなりました。

入力内容に問題があります。確認して再度お試しください。

One or more fields have an error. Please check and try again.

すべての必須項目を入力しているのに、なぜか送信できないので本来なら小一時間悩むところでしたが、以前同じような現象に出会っていたので対処方法がすぐにわかりました。

Contact form 7はコメント<!– –>が効かない

結論から申し上げますと、コンタクトフォーム内にHTMLコメント(<!– –>)でコメントアウトしたフィールドがあると、そこが悪さすることがあります。

Contact form 7はHTMLコメント内のフォームタグを処理してしまうためです。

フォーム上は存在していないのですが、送信処理の時にはコメント内のフォームタグが見えているようなのです。

コメント内のフォームタグに必須項目があると、そこが送信前のチェックで引っかかってしまい送信できなくなります。

画面上に存在していないフォーム項目が必須だったら、ユーザーは入力できないのですから必ず引っかかります。

対策:コメントにした部分はキレイに削除する

<!– –>でコメントアウトした部分にフォームタグが含まれている場合は、丸ごと削除しましょう。

そうすることで、ほとんどの場合は問題が解決すると思います。

まとめ

Contact form 7のフォーム内コメントでトラブルになったのは2回目だったので、原因がすぐにわかり対処することができましたが、はじめての場合は結構ハマってしまうと思います。

コンタクトフォームのフォームタグを<!– –>でコメントアウトすると知らず知らずのうちにトラブルの温床となりますので、絶対にやめた方がよいです。

Contact form 7は利用者が多いのですが、サポートがアレなのでトラブって検索しても情報が出てこないと絶望的な気持ちになるプラグインの1つです。

この記事を書いた人
ブーン

はるばる日本よりオランダ王国へやってまいりました。
自分の経験が少しでも参考になれば嬉しいです。
お問い合わせは、『こちら』からお願い致します。

\ブーンをフォロー/
スポンサーリンク
サイト運営
\シェアお願いします!/
\ブーンをフォロー/
こんな記事も読まれています

失敗しないレンタルサーバーランキング

mixhost

不正アクセスに強くて使いやすいおススメサーバー
\本サイトで利用中/
メリット①:自動ウィルス駆除対応
メリット②:サイトの表示速度が速い!
メリット③:転送量の上限が多い!
メリット④:自由にプラン変更ができ、アクセス増にも対応できる!
メリット⑤:バックアップデータが無料で復元できる!
メリット⑥:Wordpressが簡単にインストールできる!
メリット⑦:どのプランでも初期費用が無料!
メリット⑧:10日間の無料お試し期間と30日の返金保証!

Conoha Wing

国内Wordpress最速の最強サーバー
メリット①:圧倒的な表示速度
メリット②:レンタルサーバーと独自ドメインがセットでお得◎
メリット③:プラン変更はすべてのプランで自由自在
メリット④:一か月の利用転送量の制限が緩い(9TB~)
メリット⑤:WordPresサイトの移行が簡単

エックスサーバー

国内シェアNo1の安定性と実績が魅力。ALL SSDで死角なしの万能サーバー。
メリット①:サイトの表示速度が安定して速い!
メリット②:アクセス負荷に強くて安定性が高い!
メリット③:24時間365日の充実サポートで安心!電話サポートもあり!
メリット④:転送量が多い!
メリット⑤:自動バックアップ機能付き!
メリット⑥:WordPressが簡単にインストールできる!
メリット⑦:10日の無料お試し期間がある!

オランダで生きていく
タイトルとURLをコピーしました