お問い合わせはコチラから

【完全版】WordPressの投稿を他のサーバーへ移転する方法

サイト運営

この記事は、Wordpressの過去記事を他のWordpressに移したい、それも画像やアイキャッチを含めて移転したいという人に向けた内容になっています。通常のエクスポートインポートで画像が多すぎてエラーが出る場合、アイキャッチ画像が外れるなどの問題も今回の方法で対処可能です。

私が実際に行った手順をそのまま書いていますので、多くの方が実施可能だと思います。

 

やりたいこと:2つのWordpressを移転先では1つのWordpressにしたい

先日、あるサイトをさくらインターネットからXserverに移す話になりました。その話を聞いたときに、All-in-One WP Migrationプラグイン使えば簡単に移転できるよね、と思っていたのです。

しかし、よくよく聞いてみるとそのサイトは『ブログ』と『それ以外』の2つにWordpressに分けており、移転先ではそれらを1個にまとめたいという要望もありました。

具体的には、URLはこんな感じになっていました。

WordPress1個目:hoge.com

WordPress2個目:hoge.com/blog

1個目のブログ以外のサイトは、従来通りプラグインで丸ごと移転、2個目のブログ部分は従来通り記事だけ移転する必要があるな、と思いました。

つまり、All in One Migrationだけでは引越しが終わらないケースということです。

まず、サイトを丸ごと移転する方法

WordPressサイトを丸ごと移転するのであれば、以下のプラグインが便利です。

以下の記事をお読みになることをおススメします。

驚くほど簡単に移転できます。

【超簡単】All-in-One WP Migrationならバックアップもサイト移転も手間いらず【512MB制限のその先へ】
Wordpressサイトのバックアップやサイト移転は、『All-in-One WP Migration』を使うのがもはや定番です。このプラグインを使うと本当に簡単にバックアップとリストアができる上に、他のサーバーへ...

ブログ記事を別サイトに移転すると失敗するケース

まず、一般的なはブログ記事は、移転元から記事をエクスポートしてWordpress移転先でWordPress インポートツールを使用して、インポートすれば、画像を含めてインポートできます。

しかし、この方法はいくつか問題があります。

  • アイキャッチ画像がなくなる
  • 画像が多いとサーバーがエラー(タイムアウト)になる

サーバーエラーに関しては、分割してエクスポートする方法もありますが、面倒すぎてやってられません。

正しいWordpress過去記事の移転方法

では、過去記事の移転方法について説明しています。

Step0:サーバーのメモリ制限を増やす

Xserverの場合、php.iniの設定を見ると初期状態ではメモリ上限は200MBのようです。この数値だと記事やメディアが多いと、たまにエラーになるので自分はこの時だけ500MBに増やしました。

Step1:プラグインのインストール

プラグインを複数使うのでまとめておきます。

過去記事+メディアファイルを移転

Step2:過去記事をエクスポート

移転元のWordpressのダッシュボードにログインします。

ツール⇒エクスポートをクリックします

投稿を選びます

エクスポートの範囲は『すべて』にしておきます。

XMLファイルがダウンロード出来たら完了です。

Step3:過去記事のメディアをエクスポート

移転元のWordpressのダッシュボードにログインします。

ツール⇒エクスポートをクリックします

メディアを選びます

エクスポートの範囲は『すべて』にしておきます。

XMLファイルがダウンロード出来たら完了です。

Step4:過去記事の投稿をインポート

移転先のWordpressのダッシュボードにログインします。

ツール⇒インポートをクリックします

Step2で投稿をエクスポートしたXMLファイルを指定します。

「添付ファイルをダウンロードしてインポートする」はチェックしません(OFF)。

なぜなら、Step5でメディアをインポートするので不要だからです。

XMLファイルをインポートします。

Step5:メディアをインポート

移転先のWordpressのダッシュボードにログインします。

Media from FTPのインポートを起動します。

Step3でメディアをエクスポートしたXMLファイルを指定します。

XMLファイルをインポートします。

この処理は、画像ファイルが多いとかなり時間がかかります。他のプラグインだと応答が返ってきませんとか、メモリが足りませんとか出て途中でエラーになったりします。

Media from FTPはエラーが出ずに終わるので、ないので放置しておけば終わります。

Step6:URLを検索・置換

移転前と移転先でURLが変わる場合は、Search Regexを使ってURLを置換します。

例えば以下のような移転前と移転先のURLだとします。

移転前:hogehoge.com/

移転後:hoge.com/

XMLファイルの時点で置換してもよいのかもしれませんが、テキストエディタでやると再現性がなくなるので、自分はプラグインを使って一番最後にやることにしました。

まず、Searchで、移転前のURLを検索します。検索して見つかれば、一括置換してしまいます。

まとめ

ブログ記事を他のサイトに移転するのは簡単なように思えます。実際検索すると色々と説明したサイトは存在します。しかし、画像が大量にある場合はうまくいかないのです。今回ご紹介した方法でしたら、画像が大量にある場合でも、移転は簡単に終わります。

 

 

この記事が気に入ったら フォローしよう
最新情報をお届けします。
この記事を書いた人
ブーン

はるばる日本よりオランダ王国へやってまいりました。
自分の経験が少しでも参考になれば嬉しいです。
お問い合わせは、『こちら』からお願い致します。

\ブーンをフォロー/
スポンサーリンク
サイト運営
\シェアお願いします!/
\ブーンをフォロー/

失敗しないレンタルサーバーランキング

mixhost

不正アクセスに強くて使いやすいおススメサーバー
\本サイトで利用中/
メリット①:自動ウィルス駆除対応
メリット②:サイトの表示速度が速い!
メリット③:転送量の上限が多い!
メリット④:自由にプラン変更ができ、アクセス増にも対応できる!
メリット⑤:バックアップデータが無料で復元できる!
メリット⑥:Wordpressが簡単にインストールできる!
メリット⑦:どのプランでも初期費用が無料!
メリット⑧:10日間の無料お試し期間と30日の返金保証!

Conoha Wing

国内Wordpress最速の最強サーバー
メリット①:圧倒的な表示速度
メリット②:レンタルサーバーと独自ドメインがセットでお得◎
メリット③:プラン変更はすべてのプランで自由自在
メリット④:一か月の利用転送量の制限が緩い(9TB~)
メリット⑤:WordPresサイトの移行が簡単

エックスサーバー

国内シェアNo1の安定性と実績が魅力。ALL SSDで死角なしの万能サーバー。
メリット①:サイトの表示速度が安定して速い!
メリット②:アクセス負荷に強くて安定性が高い!
メリット③:24時間365日の充実サポートで安心!電話サポートもあり!
メリット④:転送量が多い!
メリット⑤:自動バックアップ機能付き!
メリット⑥:WordPressが簡単にインストールできる!
メリット⑦:10日の無料お試し期間がある!

オランダで生きていく
タイトルとURLをコピーしました