お問い合わせはコチラから

WordPressサイトのサーバー移転時に500エラーとなった意外な原因とは

サイト運営

WordPressサイトをhetmlからロリポップにサーバー移転したときに、500エラーが出て小一時間悩みました。

500エラーはPHPのエラーに起因して発生します。

この記事では、Wordpressの500エラーの解析方法と、サーバー変更時に500エラーとなった原因について説明しています。

500エラーが出た時は、wp-config.phpのdebugをONにする

define( 'WP_DEBUG', true );

500エラーの意外な原因とは?

デバッグモードを有効にすると、エラーが表示されるようになりました。

Parse error: syntax error, unexpected end of file in the line

ファイルの最後で、エラーが出ました。

エラーの原因は、if文の{}が閉じられていないためですが、{}はありました。

{}が認識されない原因は、テーマファイル内でPHPのショートタグを使っていたためでした。

移転前のサーバーでは、ショートタグを有効化していたのでしょうけど、移転後のサーバーでは有効化していなかったのでPHPのエラーになりました。

PHPのショートタグとは?

<?php ?>と書くのが普通ですが、ショートタグを有効化すると、

<? ?>と書くことができるようになるというものです。

php.iniの設定項目「short_open_tag」でショートタグを有効化する

short_open_tag = On

.htaccessでショートタグを有効化する

php_flag short_open_tag Off

まとめ

500エラーが出たら、wp-config.phpでdebugを有効にする。

Parse error: syntax error, unexpected end of file in the line

ソースコードを変更していないのに上記のエラーになった場合には、ショートタグを疑ってみる。

この記事を書いた人
ブーン

はるばる日本よりオランダ王国へやってまいりました。
自分の経験が少しでも参考になれば嬉しいです。
お問い合わせは、『こちら』からお願い致します。

\ブーンをフォロー/
スポンサーリンク
サイト運営
\シェアお願いします!/
\ブーンをフォロー/
こんな記事も読まれています

失敗しないレンタルサーバーランキング

mixhost

不正アクセスに強くて使いやすいおススメサーバー
\本サイトで利用中/
メリット①:自動ウィルス駆除対応
メリット②:サイトの表示速度が速い!
メリット③:転送量の上限が多い!
メリット④:自由にプラン変更ができ、アクセス増にも対応できる!
メリット⑤:バックアップデータが無料で復元できる!
メリット⑥:Wordpressが簡単にインストールできる!
メリット⑦:どのプランでも初期費用が無料!
メリット⑧:10日間の無料お試し期間と30日の返金保証!

Conoha Wing

国内Wordpress最速の最強サーバー
メリット①:圧倒的な表示速度
メリット②:レンタルサーバーと独自ドメインがセットでお得◎
メリット③:プラン変更はすべてのプランで自由自在
メリット④:一か月の利用転送量の制限が緩い(9TB~)
メリット⑤:WordPresサイトの移行が簡単

エックスサーバー

国内シェアNo1の安定性と実績が魅力。ALL SSDで死角なしの万能サーバー。
メリット①:サイトの表示速度が安定して速い!
メリット②:アクセス負荷に強くて安定性が高い!
メリット③:24時間365日の充実サポートで安心!電話サポートもあり!
メリット④:転送量が多い!
メリット⑤:自動バックアップ機能付き!
メリット⑥:WordPressが簡単にインストールできる!
メリット⑦:10日の無料お試し期間がある!

オランダで生きていく
タイトルとURLをコピーしました