お問い合わせはコチラから

2021年【日本のサイトを見放題】優良で安価なVPNサービス

IT・ガジェット

海外在住だと困ることがあります。

それは、日本にあるサイトが海外から利用できないことが多いことです。

特に動画関係のサービスは日本国外からのアクセスでは視聴できないのが殆どです。

海外居住していると日本のサイトで『お住まいの地域ではご視聴できません』とか『お住まいの地域では著作権上の問題で権利所有者によりブロックされています。』という文言を見たことがあると思います。

例えば、以下の様な動画サイトは海外からアクセスしても視聴できません。

海外から視聴できないサービス
  • Abema TV
  • radiko
  • TVer
  • GYAO
  • 日本のamazonプライムビデオ
  • 日本のHulu
  • 日本のNetflix

そういう時は日本にサーバーがあるVPNを利用すれば解決します。

この記事では、VPNがなぜ必要なのか?、VPNを使うと何が便利なのか?を説明します。また、私が契約したおススメのVPNサービスについてもご紹介しています。

VPNはなぜ必要?

VPNは最近では一般的に利用されています。有料VPNの広告をよく見かけるようになりました。

VPNを利用すべき理由はシンプルです。

VPNを利用すべき理由
  • セキュリティが無い無料Wifiでもセキュリティの心配不要
  • 海外から日本のサイトに日本のIPアドレスでアクセスできる
  • 日本から海外のIPアドレスでアクセスできる

無料Wifiはセキュリティが不安

コロナの影響でテレワークを行う人も多いと思います。VPNを介して接続するとこで無料Wifiのセキュリティの問題は無くなります。テレワークの場所を選ばずセキュリティが確保できるというメリットがあります。

無料で使えるVPNサービスとしては、筑波大学がやっているVPN Gate(無料VPN)が話題でした。しかし、接続ソフトの使いにくさや、最近では有料VPNサービスが出てきている背景もあり、あまり話題に上らなくなってきました。

そもそも、無料VPNはセキュリティの観点から使わない方が良いのです。

無料VPNはボランティアではありません。無料でサービスを継続するためには必ず収益源が必要になります。

無料VPNの収益源は、利用者の個人情報を第三者に売り渡すことです。

無料VPNでは情報漏洩は当たり前

無料VPNでは個人情報が洩れますので、利用しないようにしましょう

  • アプリ内購入
  • 端末とアプリの履歴
  • ID(アカウントとプロファイルデータ)
  • 画像/メディア/ファイル
  • Wi-Fi接続情報
  • 端末IDと通話情報(電話番号や通話相手の電話番号)
  • データの送受信

海外から日本のサイトに日本のIPアドレスでアクセスできる

日本の銀行などのオンラインサービスにアクセスするときにも。海外IPだといろいろ問題が起きる可能性があるので、日本のIPアドレスは便利です。

海外から視聴できないサービス

日本から海外のIPアドレスでアクセスできる

日本から海外IPを利用できると、色々便利なことがあります。

日本からはアクセスできないようなサービスも日本から利用できるようになります。

日本で見れたら便利なサービスにBBCのiplayerがあります。

イギリスのIPアドレスがあれば、視聴できるようになります。

有料VPNを選ぶポイント

VPNを比べるポイントは、料金だけじゃありません。長く常時使うものですので、一番大事なのは評判と全体のバランスだと思います。

検索して出てくる有名VPNは良いことばかり書かれていますが、果たして信用できる結果なのでしょうか?

検索して出てくるレビューは、アフィリエイト目的の記事ですので、長期間使用しているユーザーのレビューではありません。

VPNで注目すべき項目は?

VPNを比べるうえで確認したいのは、以下の項目です。

VPNで注目すべき項目
  • 評判
  • 料金
  • App
  • スピード
  • ストリーミング

評判

評判は一番大事です。実際の利用者がすべての項目を利用した結果だからです。

実は、評判が良いVPNは多くありません。

評判が良いVPNは、WeVPNPrivateVPNです。

このどちらかを選べば間違いありません。

料金

料金は安いに越したことはありません。

相場としては、2年契約で$5/月以下だったらかなり安い方です。

安いものでは、$2/月を切るものもあります。

WeVPNPrivateVPN
$3.00/month
13か月契約(1ヵ月無料)
5.0
$1.98/month
24か月契約
5.0

App

Appというのは、OSで使用する接続ソフトのことです。

ほとんどのVPNは、Windows/MacOS/iOS/Androidに対応したAppがあります。違いは、接続ソフトの安定性や特殊なセキュリティ機能の違いになります。

特殊なセキュリティの機能はそもそも使わなかったり、使うと通信速度が遅くなりますので必要な人は限られると思います。

スピード

VPNのスピードは、接続先で変わります。距離が離れれば離れるほど遅くなります。

VPNを介すことでVPNを使わない場合よりも、何%遅くなったという指標になりますので、もともとのインターネットの速度が速ければ、殆ど気にならない項目でもあります。

近くのサーバーを使っていれば、VPNの影響は殆どありませんが、EUから日本に接続する場合はそこそこ遠いので、速度の劣化は避けられません。

私が使っている感じでは、レスポンスが少し遅くなるかな?という程度で気にならないレベルです。

日本のサイトに接続して、動画の再生が止まることはありませんでした。

ストリーミング

ストリーミングとは、Amazonプライムビデオ、BBC iPlayer、Netflixなどストリーミングを利用する場合に、バッファリングされて動画が止まることはないか?ということです。

結論:Private VPNを選びました

私は、Private VPNを選んで契約しました。

決め手は、以下の2点です。

  • 支払いがPaypalに対応
  • 1か月$2を切る価格

24か月一括払いでも$47.52です。

paypal残高で支払えたのと、この料金で2年間使い放題と考えれば安いというのが理由です。

Private VPNの登録は簡単

料金プランを選ぶ

料金プランは、3通りありますが、24か月契約の$2/monthを選択します。

メールアドレスとパスワードを入力して支払い方法を選ぶ

入力する個人情報は、メールアドレスだけです。あとは好きなパスワードを入力して、支払い方法を選んで支払うと、すぐにログインできます。

OS用のAppをダウンロードして接続先を選ぶだけで利用できる

Appをダウンロードして、インストールします。

立ち上げるとログイン画面が出ますので、登録したメールアドレスとパスワードでログインします。

接続先を選ぶ画面がありますので、Dedicated IPを選んで国を選ぶと接続できます。

Timeoutとなっている場合でも問題なく接続できました。

接続速度

接続速度ですが、私のネット環境は光ファイバーなのでVPNを使わない通常は1GBps~500Mbpsぐらいの速度です。

今回は時間帯的なこともあったと思いますが、480MbpsがVPN無しの速度でした。

日本への接続でも79Mbps出ており、通常の使用では全く問題がありませんでした。

日本(東京)

イギリス(ロンドン)

アメリカ(NY)

ブラジル(サンパウロ)

オーストラリア(シドニー)

VPNなし

まとめ

一昔前だとVPNのソフトを入れるとPCが固まるようなイメージがあって、VPNの導入は敬遠していたのですが、今どきのソフトは優秀です。PCも重くなりませんし、接続先を変えるのもとても簡単。

VPNは無料のものをリスクを取って使うよりも、安価で優良なVPNがあります。そちらを契約する方が効率が良いと思います。

VPNを実際使ってみると、いろんな国のIPアドレスを使えるというのは便利ですし、接続速度の低下もストレスにならないレベルです。

私が契約して使用しているPrivateVPNはおススメです。

タイトルとURLをコピーしました