お問い合わせはコチラから

WordPressのショートコードの中でショートコードは呼べる?⇒呼べます

サイト運営

WordPressのショートコードの中で別のショートコードを呼ぶことをできるのだろうか?

そう思った切っ掛けは、

広告などのショートコードを条件によって呼び分けたい、例えばカテゴリやタグなどを条件として呼び出すショートコードを切り替えられたら便利じゃないか

と思いました。

なぜなら、Cocoonには便利なショートコードが複数用意されていて、例えば、広告やランキングなどは管理画面で設定すればショートコードとして呼び出すことができるからです。

この記事では、Wordpressのショートコードの中で別のショートコードを呼ぶのは本当にできるのか?という疑問に答えたいと思います。

結論から言います。

WordPressのショートコードの中で別のショートコードを呼ぶのは出来ます。

ショーコードの中でショートコードを呼ぶ記述

PHPでショートコードを呼ぶときは、do_shortcodeで呼べばいいのは少し調べればすぐにわかります。

WordPressのショートコード内部では、echoをつけてdo_shortcodeすれば大丈夫です。

ただし、ob_start()とob_get_clean()が必要です。

大事なところなので繰り返します。

ショートコードをショートコード内で呼び出すポイント
  • echo do_shortcode(‘[ショートコード1]’)
  • ob_start()で出力をバッファ
  • ob_get_clean()でバッファ出力&バッファクリア
add_shortcode( 'hogehoge', function () {
ob_start(); // バッファを有効に
if (条件判定){
echo do_shortcode('[ショートコード1]');
}else{
echo do_shortcode('[ショートコード2]');
}
return ob_get_clean();
} );

まとめ

WordPressのショートコード内でショートコードを呼び出すことができるようになると、ウィジェットエリアにショートコードを配置しておいて、記事のカテゴリやタグなどの条件で呼び出すショートコードを切り替えるといった使いかたも出来ます。

そうすると、ウィジェットエリアが一つでもショートコードを切り替えることができるのでとても捗ります。

この記事を書いた人
ブーン

はるばる日本よりオランダ王国へやってまいりました。
自分の経験が少しでも参考になれば嬉しいです。
お問い合わせは、『こちら』からお願い致します。

\ブーンをフォロー/
スポンサーリンク
サイト運営
\シェアお願いします!/
\ブーンをフォロー/
こんな記事も読まれています

失敗しないレンタルサーバーランキング

mixhost

不正アクセスに強くて使いやすいおススメサーバー
\本サイトで利用中/
メリット①:自動ウィルス駆除対応
メリット②:サイトの表示速度が速い!
メリット③:転送量の上限が多い!
メリット④:自由にプラン変更ができ、アクセス増にも対応できる!
メリット⑤:バックアップデータが無料で復元できる!
メリット⑥:Wordpressが簡単にインストールできる!
メリット⑦:どのプランでも初期費用が無料!
メリット⑧:10日間の無料お試し期間と30日の返金保証!

Conoha Wing

国内Wordpress最速の最強サーバー
メリット①:圧倒的な表示速度
メリット②:レンタルサーバーと独自ドメインがセットでお得◎
メリット③:プラン変更はすべてのプランで自由自在
メリット④:一か月の利用転送量の制限が緩い(9TB~)
メリット⑤:WordPresサイトの移行が簡単

エックスサーバー

国内シェアNo1の安定性と実績が魅力。ALL SSDで死角なしの万能サーバー。
メリット①:サイトの表示速度が安定して速い!
メリット②:アクセス負荷に強くて安定性が高い!
メリット③:24時間365日の充実サポートで安心!電話サポートもあり!
メリット④:転送量が多い!
メリット⑤:自動バックアップ機能付き!
メリット⑥:WordPressが簡単にインストールできる!
メリット⑦:10日の無料お試し期間がある!

オランダで生きていく
タイトルとURLをコピーしました